サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

2020年年間ランキング  ~3/31

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2004.4
  • 出版社: 慶応義塾大学出版会
  • サイズ:20cm/312p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-7664-1062-9

紙の本

練習は不可能を可能にす

著者 小泉 信三 (著),山内 慶太 (編),神吉 創二 (編)

果敢なる闘士たれ、潔よき敗者たれ。経済学者・社会思想家であり、慶応義塾長であった小泉信三が遺した、スポーツにまつわる随想集。【「TRC MARC」の商品解説】

もっと見る

練習は不可能を可能にす

税込 2,640 24pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

著者紹介

小泉 信三

略歴
〈小泉〉1888〜1966年。慶応義塾に学び、体育会庭球部選手として活躍。慶応義塾長、東宮教育参与を務める。76年野球殿堂入り。著書に「読書論」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

雨に濡れても

2006/05/04 13:06

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:松井高志 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 今年は小泉信三没後40年にあたる。この本は、一昨年にまとめられた、小泉信三のスポーツに関する随想集である。テニスプレーヤーであり、また多くのスポーツ、とりわけ野球を愛好した著者の「教育・人生とスポーツとの関わり」についての数々のエッセイ(講演録を含む)がまとめられたものである。
 表紙のタイトル(これ自体が著者の名言である)の上に、いわば英題として、「Be a hard fighter、 and a good loser」(帯の日本語訳は「果敢なる闘士たれ、潔き敗者たれ」)とあるが、これも著者の口癖であった。元プレイヤーであるだけに、あくまで勝敗にはこだわり、しかも公正に勝つことにこだわり、また、いくつになっても勝負に熱くなる。悟ったようなふりはしない。それでいいのだ、と著者は教える。
 私はスポーツ選手ではなく、今はただの野球観戦者でしかないから、小泉博士のこの本から得た教訓は2つ。ひとつは、リードされたからといって試合途中で席を立たないこと(208ページ「信なきものは去る」ほか参照)、もうひとつは雨が降ったぐらいでじたばたして傘などさしたり逃げ出したりしない」(270ページ「衣食と礼節」参照)ことである。「雨に濡れる濡れ方一つにも、国民の教養と礼節とが窺われる」といい、「小人は窮すれば乱す」という。
 章間コラムは著者ゆかりの人々が語る「わが小泉信三」といった趣。「先生は勝ちたがり屋であった」という、始球式の想い出などを語った前田祐吉元慶大野球部監督のコラムが良い味わいである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/10/24 15:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。