サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

honto7周年&会員500万人突破記念!hontoポイント最大7倍キャンペーン(~6/30)

本の通販ストア OP 3%OFFクーポンページ(~6/28)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

鳥類学者のファンタジア(集英社文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.1 28件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2004.4
  • 出版社: 集英社
  • レーベル: 集英社文庫
  • サイズ:16cm/755p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-08-747688-X
文庫

紙の本

鳥類学者のファンタジア (集英社文庫)

著者 奥泉 光 (著)

鳥類学者のファンタジア (集英社文庫)

税込 1,337 12pt

鳥類学者のファンタジア

税込 1,026 9pt

鳥類学者のファンタジア

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 6.8MB 無制限
Android EPUB 6.8MB 無制限
Win EPUB 6.8MB 無制限
Mac EPUB 6.8MB 無制限

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

著者/著名人のレビュー

1955年3月12日...

ジュンク堂

1955年3月12日はモダン・ジャズの父、チャーリー・パーカーの命日です。
「バード」の愛称で親しまれた巨匠をしのび、ご紹介するのは
ジャズピアニストが主人公の長編SF。

言葉と言葉の間から、音楽が、ジャズが流れ出す。
そして、奇跡のような出会いが――

【折々のHON 2011年3月12日の1冊】

みんなのレビュー28件

みんなの評価4.1

評価内訳

  • 星 5 (8件)
  • 星 4 (10件)
  • 星 3 (7件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

波乱万丈の音楽SF。大傑作。

2007/10/29 19:41

6人中、6人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:GG - この投稿者のレビュー一覧を見る

ジャズ・ナチス第三帝国・SF、という三題話である。私はその仕掛けを知らず、その前に読んだ『モーダルな事象』が圧倒的に面白かったので、そちらからさかのぼる形で手にとった。こちらも『モーダル』に負けず劣らずの痛快作であった。長編ミステリの世界に浸る楽しみを満喫した。

メインとなる舞台は、1944年崩壊間近のナチス第三帝国の首都ベルリン。神霊音楽協会所有の城館で、ナチスドイツ帝国の存亡に関わる秘密の音楽会が催されようとしている。この音楽会にはただならぬ秘密が隠されている。この音楽会に巻き込まれていく、日本人女性ジャズピアニストの主人公の運命は…。

というような物語が、著者独得の寄り道の多い饒舌な文体で物語られていく。開巻、現代のジャズ喫茶(東京都国立市)でのセッションから始まった物語が、ナチス第三帝国へ舞台を移すタイム・トラベルの展開は、SFやミステリをある程度読みなれた者なら大丈夫。しかし、この物語を楽しめるか否かは、読者のSFリテラシーにはない。この小説の関門は、ジャズをある程度聞き込んでいるかどうかにある。プレイヤーの名前や歴史・理論などを聞きかじったことがあるかどうかが大きい。奥泉氏得意のオカルト理論も登場し、ロンギヌスの石だの、オルフェウス音階だのが出てきても、こちらはミステリーを読みなれていれば、小説の彩りとして味わうことができる。しかし、ジャズにまつわる部分は著者の筆がいささか「本気」なので、読者もちょっと心得がある方がよいと感じた。

簡単なチェックテストは、タイトルの鳥類学者である。これを英語に直して、オーニソロジーと読みおろして、「なるほど」とピンとくる人たちに向けてこの小説は書かれている。うかつなことに私自身は、末尾のサービス・トラックの部分まで来て、漸くタイトルに合点がいきました(遅すぎ)。

主人公の女性ジャズ・ピアニストの造詣も秀逸。池永希梨子、おんなバッパー「フォギー」なんて、カッコいいではないですか。本当は話が逆ですが、『バナールな事象』の主人公の一人、ジャズ・ヴォーカリストの北川アキのカメオ出演を楽しむこともできます。

あのジャズ理論講義の金字塔、菊地成孔『東京大学のアルバート・アイラー』(メディア総合研究所)と並べて読むという濃い読書がオススメです。両者をつなぐ鍵人物として、ピアニスト山下洋輔が解説の筆を取っています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

魅力的な小説世界に作者自身の書き手としての迷いが微妙に映し出された秀作

2004/08/05 01:00

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:花月 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 この作品について語るとすると、特段、テーマ探しなどをしなくても、ユニークかつ魅力溢れる主人公や登場人物、そして、物語の上で重要な役割を担っている愛らしい猫たちが、第二次大戦末期のドイツという一つの大きな時代の転換点で繰り広げるハラハラドキドキ、抱腹絶倒のドラマを素直に味わえばそれで十分であるとも言える。
 しかし、それだけではやはり面白くないので、あえて作品のテーマを考察してみることとする。

 主人公と同じような、既に若者ではないが、かといって中年の自覚もない30代半ばという年齢の人間が、少なからず心に抱くであろう疑問。それは、いままでの自分の生きた方への疑問、焦燥感、これからの人生に対する漠然とした不安感などであろう。
 そして、そういったものと上手く折り合いをつけ、これからの自分の人生に臨むにあたって自己を肯定的に再確認しようとする一連の通過儀礼を、この作品はコミカルなストーリーの中に織り込ませているとも言えるのではないだろうか。
 そのように考えると、主人公フォギーは、その性格や行動パターンから推し量られる通り、この物語の中で、いわばトリックスターとしての役割を与えられていることに気づかされる。
 このことから、霧子とフォギーは、設定上、時空を超えて同年代同士で生きる孫と祖母として描かれているが、実際には同一人物の表と裏(光と影)を表しているものと考えられる。霧子という影の人格の求める真理=至高の音楽は、まさに現代のフォギー=キリコが毎日の生活の中で確信が持てなくなった音楽への想いであり、演奏することつまりは生きることの意味である。
 トリックスターとしてのフォギーによって、霧子は自分の追い求める音楽=人生の意味を再確認するのであるが、霧子の旅は、自己の救済の旅でもあったようだ。
その旅の終わりに待っていたものは、結局、青い鳥だったのだろうか。

 哲学的な真理の追求の中ではなく、他者との関係性の中に存在意義があるというフォギーによって見出された一つの解答は、作者自身の創作スタンスへの迷いとそれに対する一つの答を示しているように思える。
 芥川賞受賞作「石の来歴」を始めとしたいわゆる純文学を志向していた作者が、まさに純粋な文学を志向することで作者の内面への探求と哲学の構築という実存主義的な方向から、エンターテインメントという読者との関係性を重視する表現形式に転換する。そうすることで、読者との対話の中に作品の存在価値を求めようとする創作スタンスの根本的な転換の是非を作者自身がこの作品を通して自問し、一つの解答を得たのかも知れない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2005/02/19 17:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/06/08 21:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/04/20 21:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/03/17 21:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/11/26 12:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/02/21 19:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/02/07 20:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/07/23 07:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/03/03 22:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/04/24 09:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/01/17 10:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/07/25 08:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/09/19 16:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。