サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

7/1【HB】hontoポイントおかわりキャンペーン(~7/31)

【HB】丸善日本橋店×hontoブックツリー ものがたりを楽しもう~作家と編集者がお薦めする この夏読みたい、ものがたり~ ポイント5倍キャンペーン(~8/14)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

天才ネコモーリスとその仲間たち
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 7件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:小学生 中学生
  • 発行年月:2004.4
  • 出版社: あすなろ書房
  • サイズ:22cm/351p
  • 利用対象:小学生 中学生
  • ISBN:4-7515-2351-1
  • 国内送料無料

紙の本

天才ネコモーリスとその仲間たち

著者 テリー・プラチェット (著),富永 星 (訳)

突然かしこい頭脳を手に入れたネコとネズミの大冒険。イギリス屈指のストーリーテラーがおくる、痛快な冒険ファンタジー。2002年度カーネギー賞受賞作。【「TRC MARC」の...

もっと見る

天才ネコモーリスとその仲間たち

1,836(税込)

ポイント :17pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

紙の本
セット商品

海外傑作読み物セレクション 6巻セット

  • 税込価格:10,26095pt
  • 発送可能日:購入できません

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

突然かしこい頭脳を手に入れたネコとネズミの大冒険。イギリス屈指のストーリーテラーがおくる、痛快な冒険ファンタジー。2002年度カーネギー賞受賞作。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

テリー・プラチェット

略歴
〈プラチェット〉1948年イングランド生まれ。「天才ネコモーリスとその仲間たち」で2002年度カーネギー賞を受賞。著書に「ディスクワールド」シリーズなど。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー7件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (6件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

笛吹きが訪れたのはネズミの居ない町だった!

2004/05/01 22:35

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Leon - この投稿者のレビュー一覧を見る

魔法使いの大学から出されたゴミを食べたネズミ達の頭脳が突然賢くなった!

同じ頃に、やはり賢くなった野良ネコのモーリスは、楽士ギルドの見習い少年ケイスが笛を吹いているのを見て、一つのアイデアを思いつく。

モーリスに入れ知恵された賢いネズミ達が、台所をはじめとした場所に顔を出し、町がパニックになったのを見計らって、これまたモーリスに指示されたケイスが笛を持って登場する。

楽士の笛がネズミを操るのは周知の事実なので、町の人々は喜んでケイスに報酬を払ってネズミの駆除を依頼するという段取りだ。

町から町へ、荒稼ぎを続けてきたモーリス達だが、小さいながらも賢いネズミ達の頭脳は、やがて自分達の行いが「倫理的に問題がある」と考え始めるようになった。

既に充分な稼ぎを得ていることもあり、この奇妙な詐欺師団は最後の仕事場所としてとある町を選んだのだが、そこは既にネズミによって甚大な被害を被っていた。

しかし、賢いネズミ達が町の地下に潜り込んで調べてみると、実際には一匹のネズミも見当たらなかったのだ…

「ハーメルンの笛吹き男」などのグリム童話をベースに、奇想天外でユーモラスな冒険が繰り広げられる。

主役であるモーリスは巧みな悪知恵を発揮するのだが、義侠心とも言うべき高潔さも持ち合わせており、妙に「人間味」を感じさせるキャラクターだ。

ネズミ達の主だった面々も個性的で面白いのだが、特筆すべきはタップダンスの名手サーディン(*)だろう。

若きリーダーであるダークタンも、ずば抜けて明晰な頭脳を持つデンジャラス・ビーンも、恐怖や挫折に足元を救われそうになるのだが、いつもはおどけた様子しか見せないサーディンだけが如何なる境遇にあっても強い意志を見せ、その深い二面性が彼を魅力的にしている。

キャラクター達の魅力だけではなく、ネズミ不在の不思議な町を探るうちに、次第に強大な敵の姿が見えてくる謎解き風の構成も物語に引き込まれる要素だ。

最後の最後になってその姿を明らかにする“ネズミ王”は、童話「くるみ割り人形」にも登場するが、こちらの方がよりリアルで恐ろしげに描かれている。

克己や団結、更にはリーダーシップ論など、本書の主な対象である年齢層にはやや難しいテーマも内包していると思うが、この傾向は良い児童書の典型でもある。

若い読者が将来再読するときには、きっと新たな発見が待っているだろう。

ところで、ディスクワールドの死神が大のネコ好きであることは、シリーズ既刊の描写でも見て取れるのだが、その理由がこの巻で明らかになったように思う。

仕事柄、相手と親しくなるほど深い付き合いを持てず孤独を囲っている死神にとって、その生涯の中で都合9回も顔を会わせるネコ達に親近感を寄せるのは当然と言えるだろう。

(*)イワシ缶。ニューラット達は、賢くなって文字が読めるようになったとき、手近なゴミの山にあるものなどから自分の名前を選んだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2005/12/10 11:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/12/09 23:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/05/10 00:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/11/08 20:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/12/02 01:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/04/04 01:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

YA(ヤングアダルト)文学 ランキング

YA(ヤングアダルト)文学のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む