サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

7/1【HB】hontoポイントおかわりキャンペーン(~7/31)

ブックオフ宅本便バナー修正(2018/7/13~7/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 経済・ビジネスの通販
  4. 経営・ビジネスの通販
  5. 実業之日本社の通販
  6. 見晴らしを良くすれば仕事は絶対にうまくいく! 〈久恒流〉図解ビジネス発想法の通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

見晴らしを良くすれば仕事は絶対にうまくいく! 〈久恒流〉図解ビジネス発想法
  • みんなの評価 5つ星のうち 5 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2004.5
  • 出版社: 実業之日本社
  • サイズ:20cm/221p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-408-10587-2
  • 国内送料無料

紙の本

見晴らしを良くすれば仕事は絶対にうまくいく! 〈久恒流〉図解ビジネス発想法

著者 久恒 啓一 (著)

図解の権威である著者が、明快に説く仕事術の決定版。キーワードは「見晴らしを良くする」。日々のこまごました仕事も、企画も、会議も、問題解決も、図解発想で見晴らしを良くすれば...

もっと見る

見晴らしを良くすれば仕事は絶対にうまくいく! 〈久恒流〉図解ビジネス発想法

1,620(税込)

ポイント :15pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

図解の権威である著者が、明快に説く仕事術の決定版。キーワードは「見晴らしを良くする」。日々のこまごました仕事も、企画も、会議も、問題解決も、図解発想で見晴らしを良くすれば必ず成功する!【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

久恒 啓一

略歴
〈久恒啓一〉1950年大分県生まれ。九州大学卒業。日本航空を経て、現在、県立宮城大学大学院事業構想学研究科長。NPO法人キャリア開発研究機構理事長、NPO法人知的生産の技術研究会理事長。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

主婦である私にとっても教えられることが多い

2004/06/04 15:04

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:横松知子 - この投稿者のレビュー一覧を見る

いつもながら久恒様の文章は読み易く内容は若いサラリーマンへ啓蒙書でありながら主婦である私にもとても教えられることが多い著書でした。
まずP.46−47にかけて曼荼羅についてお書きになっていることは小説を書く時の考え方、向かい方に重要なことだと教えられました。(サラリーマンに限らず)

 P.52図解は究極の要約力のうえでいつも思うことですが、物事を図解思考のできる人間とまったく出来ぬ人間があるのではないかと思ったのです。図解力でいつも劣等感を持っている私はやはり、見晴らしも悪いようです。

 例えば夫は住むところまで高いところが好きで、つまり見晴らしの良さを好むし、物事を考える時対極をつかむのが得意ですが、どうも私は昆虫的なのではないか(地を這いずり廻るだけの)かとこれも劣等感につながっていました。「見晴らし〜」をよくするのは、練習もあるのでしょうか?

 P.92「視線は高く、行動は野蛮に」は大賛成です。魯迅が人間の持つ野生を人間を向上させるエネルギーととらえている文章がありましたが、ビジネスマンでなくても「おかみさん」の生き方にも是非これは必要だと思いました。

 P.110「ベンチマークとしてのライバルを持とう」にとても感心しました。「ライバル」という言葉の捉え方に感心し久恒様がエネルギッシュに秀れた仕事が出来ている現在をそのまま知らされました。若い後輩たちにとてもよい教訓になると思います。

この章を読んで「ライバル」という言葉をこんな風に考える久恒様の性格の明るさ向上心を貴重なものに思いますます感心しました。

 狭い社会に住んでいるとまったく「ドングリの背比べ」になりがちで、のびようとする人間もつまらに嫉妬心によって萎縮してしまうことがあります。
P.186日航在職中に「安全」を「安心」にかえられた語感の豊かさ、鋭さにも感心しました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

実務に携わる人への知恵の手ほどき

2004/05/28 10:27

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:八木哲郎・代理 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 いろいろな実務に携わる人にとって実にうまく知恵の手ほどきをした回答のひとつがこの「見晴らしを良くする」である。久恒啓一は去年の暮れに『勉強したらいけない』(ビッグトモロウ社)を出したが、その本で言った知恵は「足元を掘れ」である。足元を掘れば、普遍的に通用する真理の宝をそこに見つけることができるから余計な知識の外部からの導入(勉強)はかえって妨げになるといましめたわけだが、今度は宝のあり場所を見つけるには鳥になって見晴らしのよいところから見れば、なんとなくそれがわかると言っているのである。

 近代になってから、知識・学問はより確実性の高いものを求めるという志向から専門性が発達した。人間の知識・能力には限界があるから、それぞれの専門家が“世界”を分割して担当分野を極めればよいのではないかという考えである。このことはよいとしてもそれぞれの専門家がタコツボの中で発達させたものを今度はどうやってまとめるかということになると、それは「不可能」に近くなった。

 いろいろな審議会で個別の問題を討議しようとするにあたっても、いろいろな専門家が出てきて自説を主張するからまとまらずに先送りということがあらゆる世界で起こっている。

 もっと目を広げれば、グローバル化した世界では、これまで一国範囲内で通用してきた知識・方法がまったく機能しないということも起こっている。

 見晴らしを良くすれば仕事はうまくいくという久恒啓一の知恵は彼が図解に長じるようになり、企業や行政の問題解決にかかわるようになってから到達した“最終的”なひとつの解答であろう。図解は紙の上に鳥の目でみたように俯瞰して描くことから自然に全体を見はるかすようになるからである。

 ある巧妙なアルピニストが「なぜ山に登るのか」と聞かれて「そこに山があるからだ」と答えたという有名な話があるが、人間が高い山に登るのは、何かそこにいわく言いがたい解答感を求めようとするからであろう。

 久恒啓一はこの解答感をうまく言い表した。一段か二段ちょっと高いところに立って物事を見ようとすれば、つまり見晴らしを良くすれば隠れていたものが見えてきて、物事のかんどころやさわりの部分をつかみやすくなるというわけで、この本ではいろいろ身近な仕事や卑近な日常問題をとりあげて解決のための知恵を示している。その方法・手段は図解がいちばんいいと図解の有効性を明確に示してみせた。(八木哲郎)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

ビジネス実務・自己啓発 ランキング

ビジネス実務・自己啓発のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む