サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

1,000円以上送料無料キャンペーン  ~5/23

1,000円以上送料無料キャンペーン  ~5/23

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 16件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2004.5
  • 出版社: 新書館
  • レーベル: 新書館ディアプラス文庫
  • サイズ:16cm/297p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-403-52089-1
文庫

紙の本

何でやねん! 1 (新書館ディアプラス文庫)

著者 久我 有加 (著)

何でやねん! 1 (新書館ディアプラス文庫)

税込 616 5pt

何でやねん!(1)

税込 616 5pt

何でやねん!(1)

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

このシリーズの最新巻を自動購入できます

続刊予約とは

今後、発売されるシリーズの本を自動的に購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • ①お気に入りのシリーズは買い忘れしたくない
  • ②不定期の発売情報を得るのが面倒だ
  • シリーズ購読一覧から、いつでも簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
iOS EPUB 15.6MB
Android EPUB 15.6MB
Win EPUB 15.6MB
Mac EPUB 15.6MB

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

紙の本
セット商品

何でやねん! (新書館ディアプラス文庫) 8巻セット

  • 税込価格:4,97245pt
  • 発送可能日:購入できません

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー16件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (5件)
  • 星 4 (5件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

2番目に好きな作品

2016/07/21 22:19

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ふじのき - この投稿者のレビュー一覧を見る

この人の作品で2番目に好き。1番目は「なんでやねん! 2」です。
何度読み返しても面白い。主人公二人のキャラが立っているんですよね。相川視点で進みますが、相方の土屋というキャラも好き。
イケメンでヘタレででも抱擁力があって。相川もぶっちぎりの男前。
テンポもいい。会話も漫才か、というほどいい。挿絵も山田さん。
言うことなし!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

芸人シリーズ1作目

2016/02/15 14:00

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:tix - この投稿者のレビュー一覧を見る

バンデージ結成時代の話。
2003年雑誌掲載と久我さんの中では
比較的初期の作品なのに、拙さを感じませんでした。

高校生の二人ですが、受けの相川仁がカッコイイ。
久我さん定番の萌え『オトコマエ受け萌え』でした。
後書きでも
『いっそ攻めた方がいいんじゃないかって思う位』
って書いてありました。
まぁ、へたれ攻め×オトコマエ受けで破れ鍋に綴じ蓋な訳ですが。。

最後の書き下ろしSSで披露された受けのオトコマエっぷりが
続編で大人CPになったときのオトコマエ具合を予感させてくれて、
期待でさらに萌えました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

シリーズその1

2012/12/04 22:44

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:はにーとーすと - この投稿者のレビュー一覧を見る

高校入学以来毎日、土屋(攻め)に漫才の相方になってくれとつきまとわれていた仁(受け)。
かつて言葉のいじめにあっていた仁は、人に笑われるのが大嫌い。
でも土屋は、仁がどんなに冷たく断っても諦めないのです。
「笑われるのは怖いことやないよ」不思議な熱を込めてそんなふうに口説く土屋に興味を持ち始めたある日、
仁は当時のいじめの主犯格、福島と再会し・・・と、続きます。
この一冊目では二人が出会って、いろんな葛藤があって、でもなんとか相方になっていく、
そんな二人の誠実なお話が淡々と書かれています。
青春ってキラキラしてるなぁ、なんてちょっぴり胸が締め付けられてしまいました。
山田さんのイラストもピッタリ!
「何でやねん!2」に続きます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

笑う門には福来る

2007/06/07 23:07

7人中、7人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:栗太郎 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 「笑い」には免疫力を高める力があると言いますが、私は一年を通じて、声を出して笑うことがほとんどありません。体に悪いです。たまにテレビでお笑いを見ていても、とんと面白さがわからずに、観客の皆様は好意で笑ってあげている心優しい人々に見えてしまいます。そんな自分が、まさかお笑いコンビを描いた作品に感動する日が来るとは……いや、読書って本当に意外で面白いものです。
 かつて言葉のいじめにあっていた仁は、笑うこと、笑われることに嫌悪と恐怖を持っています。そんな仁に、お笑いコンビの相方になってくれと熱烈ラブコールを送る土屋。最初は反発し全く耳をかさない仁ですが、「見る人を笑わせて、楽しい気分になってほしい」という土屋の真摯な想いに少しずつ心を開き、耳を傾けるようになっていきます。
 キックボクシングに打ち込むことで、心もまた強くなりたいと願う仁は、惚れ惚れするほど男前な性格ですが、そんな仁に、「お笑いは、笑われるものやないんねん。笑わせるもんなんや」そして「せやから、怖いことないねんで」と言うことができる土屋もまた度量の広い男です。
 笑いがテーマで、地の文がわざと軽っぽく書かれている部分もあるので、サラサラと読めてしまうのですが、実はすごく大切なことが書いてありました。それと気づかぬうちに、人と人の関わりについて考えさせられた作品です。家族、仕事の相棒、恋人、先輩、仲間たちなどなど。
 考えてみると、これは、いじめによって傷つけられた経験から、ことさら笑いを嫌悪し心にヨロイを纏っていた仁が、そこから解放される物語でもあるのですね。損得考えず打ち込めるものが見つかって、人生のパートナーともなりえる相方も見つかって、羨ましいぞ、仁。
 1巻は高校生の二人が紆余曲折を経てコンビを結成し、プロへの一歩を踏み出すところまで、2巻は一気に時間が飛んでコンビ結成から9年、そろそろゴールデン進出かという二人の物語です。刊行順に時系列にそって読むのも良いですが、2巻を読んでから若き二人に遡るのも、また味のある読み方ではないかと思います。
 直接に物語として描かれることはなくとも、二人が積み重ねてきた歳月の価値を感じさせてくれる2巻は、特にお薦めです。
 山も谷も経験した二人が生み出す笑いは、人を嘲笑したり貶めたりする居心地の悪いものではなく、とことんボケても毒舌でツッコンでも、あったかくて翳りのないものなのだろうと、『バンデージ』という架空のコンビが目に浮かぶようでした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ヘタレわんこ攻…

2017/09/30 14:47

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:沢田 - この投稿者のレビュー一覧を見る

筆力あり物語は面白かったですが、個人的な好みには合わなかったので萌えきれず残念でした。
攻がヘタレというか甘えん坊ワンコで、ワンコはワンコでも狼タイプじゃなくて、物足りなかったです。
また関西弁を読み慣れてないため、どうしても違和感があり、方言BLに苦手意識を持ってしまいました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/02/08 12:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/12/12 22:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/12/28 15:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/06/17 02:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/09/17 01:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/12/12 08:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/03/25 00:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/03/26 14:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/03/19 19:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/06/28 07:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。