サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 『言葉の往復を楽しむ ~対談・会話・手紙をめぐって~』 ポイント5倍キャンペーン ~7/27

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 小説・文学の通販
  4. 日本の小説・文学の通販
  5. 宝島社の通販
  6. 森博嗣本 小説作法からお庭まで森博嗣1000%の通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 7件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2004.6
  • 出版社: 宝島社
  • サイズ:26cm/128p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-7966-4029-0
ムック

紙の本

森博嗣本 小説作法からお庭まで森博嗣1000% (別冊宝島)

巻頭対談は森博嗣と西尾維新。森ミステリィとその小説作法を語りあう。庭園鉄道やこだわりのコレクションを公開し、S&Mシリーズ、Vシリーズ、四季シリーズほか全作品を詳細に解説...

もっと見る

森博嗣本 小説作法からお庭まで森博嗣1000% (別冊宝島)

税込 1,320 12pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

巻頭対談は森博嗣と西尾維新。森ミステリィとその小説作法を語りあう。庭園鉄道やこだわりのコレクションを公開し、S&Mシリーズ、Vシリーズ、四季シリーズほか全作品を詳細に解説。「河童」のコミック化作品も収録!【「TRC MARC」の商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー7件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

森ファン必読の一冊

2004/05/18 12:47

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:一石 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 購入したときの第一印象は「思ったより厚いな」。
「森博嗣」の「1000%」を詰め込むには、やはりこれくらいの量が必要なのだろう。

 森博嗣氏と対談するために作家になったという西尾維新氏との対談から始まり、S&Mシリーズ、Vシリーズ、四季シリーズ、その他の作品が網羅されている解説、森博嗣ファンクラブ「森ぱふぇ」に対して行なわれたアンケート結果(私も参加させていただいている)、森作品のシリーズ間におけるリンクを暗示する隠しアイテムの紹介などなど、内容は充実しており盛りだくさんだ。

 私が特に注目したのは、読者のミスディレクションを誘う「隠しアイテム」をネタバレ必至で紹介しているコーナーだ。だいたいにおいては読者にとって既知のものと思われるが、気づかなかった「隠しアイテム」を見つけ、関連する森作品を再読してしまった。
 森作品は、読めば読むほど深みを増している。作品群全体としてどんどん世界が広がっていき、「隠しアイテム」に気づいて得意になっていても、そこがさらなるミスディレクションへの入り口になっている。底知れぬ作品世界。エンターテイメントとは、かくあるべきだろう。

 この本の中ではたった1ページにすぎないのだが、森博嗣氏とサリンジャーとの共通点が書かれている。森作品を読むと、サリンジャーから受けた影響が随所に見られるのだが、それらをまとめた解説である。ここでは「引き算の美学」と称されている「書かない手法」は、日本人において稀な存在だろう。「なぜ」という原因にあたる部分を示さず、結果のみを提示する手法。「なぜ」は読者が問うべきものとでもいいたげな。
 森作品を紐解く上で、サリンジャーとの共通点は頭に入れておきたい。

 森作品、および森博嗣氏をこよなく愛する読者にとって、まさに珠玉の一冊である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2005/06/04 01:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/02/19 14:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/01/06 00:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/02/18 23:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/03/23 18:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/04/10 14:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。