サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~7/31

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー  ミステリー変幻自在 ~キーワードで読むミステリー入門編~ 7/28

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2004.5
  • 出版社: 光文社
  • レーベル: 光文社文庫
  • サイズ:16cm/736p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-334-73690-3
文庫

紙の本

丹下左膳 1 乾雲坤竜の巻 (光文社文庫)

著者 林 不忘 (著)

丹下左膳 1 乾雲坤竜の巻 (光文社文庫)

税込 1,100 10pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

悪漢ヒーローのいた時代

2018/01/06 10:06

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:SlowBird - この投稿者のレビュー一覧を見る

剣戟、また剣戟の終わりなき活劇。離れ離れになっていると夜泣きするという乾雲坤竜の二振りの日本刀、神変夢想流小野塚鉄斎道場の後継者としてそれを受け継ぐはずだった諏訪栄三郎と、道場破りによってその一刀を手に入れた謎の剣士丹下左膳が、お互いの持つもう一振を巡り、血で血を洗う争いを延々と繰り広げる。広い江戸の町で相手を探し出して剣を交えても、容易に決着はつかず、邪魔が入っては、決着は持ち越される。栄三郎を慕う鉄斎の娘弥生、栄三郎と思い合う矢場の女お艶、左膳に寄り添う鉄火の櫛巻きお藤と、女たちもまた命運をかけて策略を凝らす。
女物の襦袢を身に着けた風来坊のような身なり、無法をものともせず、血を求めて斬りまくるような左膳よりは、忠義の道を守って生きる栄三郎が由緒正しい主人公であることは、読者はみな分かっている。だが諧謔の叫びを発し、逃げるべきは素早く逃走し、夜ごと咽び泣く乾雲に引きづられて辻斬りに及んでしまう、その放埓さが当時の読者を魅了した。卑怯な手段を弄しても剣で決着を付けることにためらわない、どこか一本気なところも隠し持ち、ニヒルなようで欲望にギラついている。武士道やら旧来の価値観から脱して、昭和モダニズムの息吹が、丹下左膳を民衆のヒーローにした。
また一方で、辻斬り騒ぎ、国払いされているはずの櫛巻き、左膳の居候している不良旗本の鈴川源十郎など、話が大きくなるにつれて大岡越前守が動き始める。この作品の新聞連載時には「新大岡政談 鈴川源十郎の巻」と題されていたのだが、左膳の人気が出すぎて、後年には「丹下左膳」の名で流通しているのだ。越前も結局脇役になったとはいえ、左前の背後にいる相馬藩主に圧力をかけたり、正義の勝利というカタルシスの道筋も用意されていて、これにそれぞれの恋模様、欲得模様が加わって、どこが頭で尻尾やら、いく重もの複線の進行がめまぐるしく展開される。
連載完結とともに4社共作で映画化されるという人気作で、その後も幾度もリメイクされたが、中でもトーキーになって滑舌が今ひとつだった大河内伝次郎の「シェイはタンゲ、ナはシャゼン」という例のやつがことさら人気となったのは、小説中のシャープで酷薄なばかりの左膳の朴訥な一面があらわになってしまったことが、どうにもファンを引き込んでしまうようだ。
実は刀剣マニアの主君の命を受けていた左膳だが、徐々に追い詰められていくところに、破滅に向かって疾走するヌーベルバーグ風の危うげな魔力もある。どちらにも負けて欲しくない活劇シーンを次々に繰り出して、繋ぎ合わせていく手管もすごいが、従来の日本語ではお目にかかれなそうな斬新な形容表現もどんどん投入されて、時代劇でありながらモダンさとスピード感を醸し出している。善でもなければ悪でもない、大人でありながらイノセントでもある左膳は、制度的には自由を得ながら、産業化による抑圧を受けるようになっていた、当時の人々のエネルギーが生んだ歪んだヒーローと言えるだろうが、それもこの時代に応えた新しい文体あってこそ生まれ得たものだろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

こういう文章がすらすらと書けるようになったらなぁ

2007/02/21 13:34

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:SnakeHole - この投稿者のレビュー一覧を見る

 時は八代将軍吉宗の治世,根津権現近く曙の里の小野塚鉄斎の道場には祖先より伝わる関の孫六作乾雲坤龍と呼ばれる大小一対の名剣があった。一つところに共にあれば大事はないが,一度その所在が分かれれば龍は雲を招き,雲は龍を待って血の雨を降らせずにはおかないという希代の魔刃。年に一度,勝者がこれを帯刀できるという小野塚道場の剣術試合に闖入し,大刀乾雲を奪って消えた隻眼隻腕の剣士・丹下左膳とこれを追う小野塚の門弟・諏訪栄三郎,彼に恋するお艶,弥生の女人二人の運命も絡み,編み上げられたる一大叙事詩。
 講談調ってんですかね。リズムのある文章が読ませる。
「ながい痩身,独眼刀痕の顔。空の右袖をブラブラさせて,左しかない片手に柱をなで立つと,雨に濡れた風がサッと吹き込んできて,裾の女物の下着をなぶる。鋭い隻眼が雨中の戸外に走っているうちに,しだいに左膳の頬は自嘲の笑みにくずれて来て,突然かれは,いななく悍馬のごとくふり仰いで哄笑した」
 ……この文章,字面で読むといささかくどい悪文とも取れるんだが,声に出して読んでみるとこれがなんとも心地よい名調子。こういう文章がすらすらと書けるようになったらなぁ,と思う。ところで実はこれ「大岡政談」のバリエーションとして書かれたもの。なんとも魅力あるキャラクターながら丹下左膳は敵役なんである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/08/31 23:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/06/13 13:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。