サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~1/31

※0時~ 本の通販ストア OP 3%OFFクーポン(0125-28)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 小説・文学の通販
  4. 小説の通販
  5. 集英社の通販
  6. 集英社新書の通販
  7. ジョイスを読む 二十世紀最大の言葉の魔術師の通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2004.5
  • 出版社: 集英社
  • レーベル: 集英社新書
  • サイズ:18cm/221p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-08-720243-7
新書

紙の本

ジョイスを読む 二十世紀最大の言葉の魔術師 (集英社新書)

著者 結城 英雄 (著)

ジョイスを読む 二十世紀最大の言葉の魔術師 (集英社新書)

税込 770 7pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

ジョイスを楽しむ入門書

2006/05/01 14:12

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ろこのすけ - この投稿者のレビュー一覧を見る

「ジェイムズ・ジョイス」と聞くと何を思い浮かべるだろうか?
アイルランドの難解な作家とおおかたの人は答えるだろう。
そういう反応からか、ジョイスは敬遠されたり、読んでも途中で挫折したりする。
しかし、こうした反応とは裏腹にジョイスは二十世紀最大の作家の一人と評されており、文学的影響力は英語圏にとどまらず多大である。
現代文学の前衛として新しい文体を創り出し、小説形式の革新を図ったジョイスを「難解」というイメージのまま捨てておくわけにはいかない。
本書はそんな「難解」というイメージを覆そうとする「ジョイスを楽しむ」入門書なのである。
大きく三つの章に分けられており
①ジョイスの生涯 ②作品解説 ③ジョイスの文学的評価の構成になっている。
ジョイスの作品に濃厚な影を落とすアイルランド(ダブリン)の時代背景、アイルランドの病巣とも言われている大英帝国の支配、宗教、民族主義を知らずしてジョイスの作品を読むのは難しい。
それらの周辺を分かりやすく簡潔にまとめられており、ジョイス作品への入り口となしている。
次なる案内の回廊を巡ると「ダブリンの市民」「若い芸術家の肖像」「ユリシーズ」の作品解説という広間が用意されており、
難解とされているジョイスの作品の「もつれた糸」をほどくように読み解かれていて著者が最も力点を置いたところといえよう。
中でも興味深かったのはジョイスと同年代であるヴァージニア・ウルフがジョイスの作品に辛らつな評価を与えている箇所である。
T・S・エリオットが絶賛したことに動揺しつつもジョイスを「独学の労働者」「青二才」と呼び、『ユリシーズ』を「下品で散漫で価値が低い」と糾弾。
しかしながら彼女の傑作『ダロウエイ夫人』ではジョイスの『ユリシーズ』に多くの類似点が見られ、「内的独白の手法」に多くのヒントを得ているである。
これらの点から考えるとジョイスの文体と革新的な手法がいかに多くの人に影響を与えてきたか、うかがい知れるだろう。
ジョイスの手法は書いては圧縮し、追加しては圧縮の繰り返し。何層にも塗り重ねられる漆塗りのようである。
本書はその第一層を読むような趣がある。
この入門書で頭をほぐしてからとっぷりと本物の「ジョイスの世界」で湯浴みしてはいかがだろうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

楽しいジョイス

2004/06/13 21:01

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:オリオン - この投稿者のレビュー一覧を見る


 ブルームズデイ百年祭までには、つまり2004年6月16日までには、『ユリシーズ』を読み終えたかった。でも、かなわなかった。そのかわり、にはならなかったけれど、本書を読んで、『ダブリンの市民』に痺れて以来のジョイス熱が再発し、『ユリシーズ』再読への、そして『フィネガンズ・ウェイク』挑戦への、意欲をかきたてられた。「ジョイス産業」にどっぷりと身と心を浸した著者の、たとえば、「こうしてスティーヴンは単一の視点を求め、ブルームは多様な視点を包摂する。スティーヴン的なものからブルーム的なものへのジョイスの文学的転換はモダンからポストモダンへの転換と言い換えることもできるだろう」といった、いかにも業界向けの、何事かを語りながら結局は何も語っていない、内容空疎な、しかし、だからこそ好感がもてるし、読者を「楽しいジョイス」へと誘ってやまない叙述を透かして、重ね書きされたジョイスの豊饒な文学世界が浮かびあがってくる。本書がふんだんに提供してくれる、入門者向けの情報のなかで、『ユリシーズ』をめぐるT・S・エリオットの評価と、ヴァージニア・ウルフのアンビバレントな辛辣との対比が、とりわけ面白かった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2010/06/01 14:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/05/09 22:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。