サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~3/31

読書一生分プレゼントキャンペーン ~5/31

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 小説・文学の通販
  4. 日本評論社の通販
  5. 思春期をめぐる冒険 心理療法と村上春樹の世界の通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 5 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2004.5
  • 出版社: 日本評論社
  • サイズ:20cm/220p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-535-56210-5
専門書

紙の本

思春期をめぐる冒険 心理療法と村上春樹の世界

著者 岩宮 恵子 (著)

「物語」と「心理療法」の関係をふまえながら、実際の心理療法の現場で起こっていることを紹介しつつ、村上春樹の作品で描かれていることをテキストにして、さまざまな角度から考察す...

もっと見る

思春期をめぐる冒険 心理療法と村上春樹の世界

税込 1,760 16pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「物語」と「心理療法」の関係をふまえながら、実際の心理療法の現場で起こっていることを紹介しつつ、村上春樹の作品で描かれていることをテキストにして、さまざまな角度から考察する。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

岩宮 恵子

略歴
〈岩宮恵子〉聖心女子大学文学部卒業。臨床心理士。鳥取大学医学部精神科での臨床を経て、臨床心理相談室を個人開業。島根大学教育学部助教授。著書に「生きにくい子どもたち」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

著者/著名人のレビュー

 心理療法家の著者が...

ジュンク堂

 心理療法家の著者が、なぜ村上春樹なのか。まず第一に、クライエントの話を真剣に聞くと、精神的にも身体的にもすさまじくきつくなる。そんなときに村上作品を本の綴じ目がバラバラになるまで読み返す。そうしているうちに自分のなかで何かがはっきりしてくる、というのである。もう一つは、かの女のクライエントには、村上春樹を読んでいる人が非常に多いということに彼女は深い意味を見出しているからである。

 こうして彼女は、思春期のこころを説明するために、村上作品のシーンとかぶせながら、自らの相談事例のプロセスを解明する方法に挑戦したのである。

 事例は、思春期の娘をもつ母親との面接であるが、この娘は家庭内暴力やひきこもり、援助交際等、現代の思春期の抱える大きな問題をすべて抱え込んでいる。一〇年近いカウンセリングの結末はどうなったか。彼女の野心的な執筆スタイルは成功したのか。読んでご判断いただければ幸いである。

 なお、本書は、朝日新聞「著者に会いたい」欄、また『現代詩手帖』等で大きく紹介された。

出版ダイジェスト:2004年10月
テーマ『家族とことばを交わしていますか 子どもも親も、元気になる本』より

みんなのレビュー4件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

編集者コメント

2004/05/16 03:15

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:日評編集者 - この投稿者のレビュー一覧を見る

現代人を魅了しつづける、作家・村上春樹。彼の作品はその複雑な構造にもかかわらず、何故これほどまでに人々を惹きつけるのでしょうか? 本書は、村上作品を心理療法の視点で読み解く、まったく新しいタイプのハルキ評論です。みずから「自己治療的な行為」として書いているという村上の執筆プロセスは、クライエントが治療者との関係のなかで物語を見出していく心理療法のプロセスととても似ています。実際作品には、心理療法的なエッセンスが数多くちりばめられているのです。
著者は、実際の心理面接の1事例(不登校からひきこもりになった思春期の娘に悩む母親の面接)と村上春樹の作品を相互に読み解きながら、現代人が囚われている物語の呪縛、思春期体験の破壊力と再生力、また本当の物語をいきるということについて、事例の流れに沿って示していきます。援助交際の発覚、家庭内暴力等を経て、3年以上に及ぶ母親面接の末、母娘がたどりついたのは…?
現代をどう生きるかを考えるすべての方に、幅広く読んでいただきたいと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/10/30 20:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/09/28 05:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/08/20 13:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。