サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

7/1【HB】hontoポイントおかわりキャンペーン(~7/31)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー 猫との暮らし ポイント5倍キャンペーン(~7/29)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

蹴りたい田中(ハヤカワ文庫 JA)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.2 25件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2004.6
  • 出版社: 早川書房
  • レーベル: ハヤカワ文庫 JA
  • サイズ:16cm/365p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-15-030762-2

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

蹴りたい田中 (ハヤカワ文庫 JA)

著者 田中 啓文 (著)

蹴りたい田中 (ハヤカワ文庫 JA)

756(税込)

ポイント :7pt

現在お取り扱いができません

蹴りたい田中

659 (税込)

蹴りたい田中

ポイント :6pt / 紙の本より97おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

収録作品一覧

未到の明日に向かって 9-26
地球最大の決戦終末怪獣エビラビラ登場 27-70
トリフィドの日 71-110

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー25件

みんなの評価3.2

評価内訳

紙の本

茶川賞に笑いの新風を吹き込んだ快作(怪作)収録の作品集。公共の場で読むのは、かなり危険かも

2004/09/14 13:32

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:風(kaze) - この投稿者のレビュー一覧を見る

 bk1はてなで「インパクトのある装丁本を教えてください」と質問したら、回答の中にこの本があった。数日後、「笑える小説を教えてください」との質問の回答の中にもこの本が出てきた。
 以前、「異形コレクション」のシリーズで読んだ著者の短編から強烈な印象を受けたこともあり、装丁にも惹かれて読んでみることにした。

 読む前は、駄洒落満載の馬鹿馬鹿しいだけの話なんだろうと思っていたのだが、どうしてどうして、読み始めたら止まらないストーリーそのものの面白さがあるじゃないの。
 ウルトラセブンに夢中になった思い出をくすぐってくれ、いっそ清々しいまでのアホなスケールの話の展開に引き込まれた「地球最大の決戦 終末怪獣エビラビラ登場」。
 一時期、山田正紀の小説にハマったあの興奮が、あのワクワクさせられた読書体験が甦ってきた「やまだ道 耶麻霊サキの青春」。
 そして、「怨臭の彼方に」の話には笑った笑った、腹の皮がよじれるくらいに。美貌の男優が、永遠の命と引き換えにある取引をするのですが、それが凄いことになっていく話。筒井康隆の「関節話法」を読んだ時以来かなあ、こんなにケタケタ、ぐふぐふ笑っちまったのは。電車の中とか待合室とかで読んでたらと思うと……。そうじゃなくて、ああ、よかった。

 なお、表題作「蹴りたい田中」が第130回茶川賞を受賞している。にもかかわらず、謎の失踪を遂げた田中啓文氏。そこには一体どんな経緯があったのか?
 その謎にもきっちり答えを出し、決着させている本書の潔さ。思わず脱力してしまうアホらしさ。問答無用の面白さ。
 山田正紀、恩田陸、菅 浩江といった著名な寄稿諸氏のあきれ顔、困惑顔が透けて見えるような文章に、決してめげることなどないだろう田中氏の今後の活躍が、ますます楽しみである。 

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

笑える小説、っていうのとは正直、違う気がするんですね。どちらかというと、脱力小説。もう、それってありかよって。ま、タイトルからして、わかるんですけど

2004/09/20 18:25

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みーちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

じつは、新聞でこの本の広告を見た時、愕然としたのである。タイトルの馬鹿馬鹿しさは分かるのである。いかにも田中らしい匠の技である(でもないか)。勿論、綿谷りさ『蹴りたい背中』を意識した、いかにも脱力作家田中らしい一冊であると。しかし、遺稿集とは何だ? あの田中啓文が死んだ? いつ? ドーシテ?

慌てた。久しぶりに日本文学界に登場したワライ(話題ではない、決して)の作家である。もう、読めないのか、もう途中で本を投げ出させる《なげやり》《うっちゃえ》という大技を読者に掛けることは無いのか、文学事典を、人名事典を、世界文学全集を、吉本お笑い人物名鑑を探したのである。

死亡記事どころか田中の名前(爆笑問題のほうは、載っていた)すらないではないか。思わず、高一長女に言ってしまったのである「タナカガシンダ」うーむ、逆さまから読むと「ダンシガカナタ」、「男子が彼方」、いかにも女子校に通う娘にふさわしい言葉である、ん? 混乱してるか。

ともかく、カバーがいい。小松藤茂は、いつもこういう作品を描くのだろうか。気になるなあ。

「第二次大戦下で鬱屈する少年兵たちの、複雑な心象を描破した珠玉作「蹴りたい田中」で第130回茶川賞受賞後、突如消息を絶った伝説の作家・田中啓文。以来10年、その稀有なる才能を偲んで、幼少時から出奔までの偉大なる生涯を辿る単行本未収録作8篇+αを精選、山田正紀、菅浩江、恩田陸などゆかりの作家・翻訳家・編集者らによる証言、茶川賞受賞時の貴重なインタビュウ「未到の明日に向かって」までを収録した遺稿集」

でだ、まず目次が笑えるのである。

はじめに、として『蹴りたい田中』編集委員の文がある。以下【茶川賞受賞記念インタビュウ】「未到の明日に向かって」、【昭和41年 田中啓文、3歳】寄稿:北野勇作「地球最大の決戦 終末怪獣エビラビラ登場」、【昭和49年 田中啓文、11歳】寄稿:浅倉久志「トリフィドの日」、【特別収録 幻の続編発掘!】寄稿:山岸真「トリフィド時代」、【昭和51年 田中啓文、13歳】寄稿:山田正紀「やまだ道 耶麻霊サキの青春」、【平成4年 田中啓文、29歳】寄稿:恩田陸「赤い家」、【平成7年 田中啓文、32歳】寄稿:月亭八天「地獄八景獣人戯」、【平成13年 田中啓文、38歳】寄稿:塩澤快浩「怨臭の彼方に」、【平成16年 田中啓文、41歳】寄稿:大森望×豊崎由美「蹴りたい田中」、【平成26年 田中啓文、51歳?】寄稿:菅浩江「吐仏花ン惑星 永遠の森田健作」。

以上に、あとがきにかえて、田中啓文年譜、田中啓文文学大賞創設のおしらせ、がつくのである。

嘘か誠か、自伝風に過去を語る「未到の明日に向かって」、本当に扉の画は、3歳の田中少年のもの?「地球最大の決戦 終末怪獣エビラビラ登場」、巨大なきのこ?「トリフィドの日」、これで終わるの?「トリフィド時代」、山田正紀は偉大なり「やまだ道 耶麻霊サキの青春」、本格推理?「赤い家」、きったねえなぁ「地獄八景獣人戯」、くっせぇなぁ「怨臭の彼方に」、アイデアは凄いかも「蹴りたい田中」、ルビがないから読めんかった「吐仏花ン惑星 永遠の森田健作」。

ちなみに、各章の扉に出ている山田正紀や恩田陸といった綺羅星のごとき作家たちの文章だが、本物なんだろうか。田中啓文のことである、けっしてまともなものではない、そんな疑惑が我が家では持ち上がっているのだが。

で、思うんですけど、田中啓文って横田順彌ではない? だって、駄洒落落ちのレベルが、あんまりにもハチャハチャで…

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

自らをパロディ化

2017/01/13 10:46

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Todoslo - この投稿者のレビュー一覧を見る

福島正美の「SFの世界」や「バーミリオンサンズ」など、国内外のSFに対する敬意が感じられた。時空のかなたに消え去ることなく、新作を発表し続けてほしい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

バカらしすぎて、コメントのしようがないッ!

2005/11/04 15:43

7人中、7人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:どーなつ - この投稿者のレビュー一覧を見る

どうしてこの本を手にとってしまったんだろう。
このタイトル、明らかにパロディでしょ?
しかもこの表紙。おちょくってるとしか思えない。
なのに、これを見た瞬間、スススイと腕が伸びてしまって、むんずと本を掴んでいたわけです。
後悔する、きっと後悔する、絶対後悔する、間違いなく後悔する。
ぐるぐる回る悪魔の声を耳にしながら、結局読んでしまった。
SF短編のより集めなんだけど、本格じゃなく、笑えるSF。
これを書いた田中啓文氏が行方不明になったという設定のため、氏を偲ぶ構成になっている。
しょっぱなから「蹴りたい田中」で、茶川賞を(芥川じゃないくて、茶川)受賞した、氏の写真がモノクロで掲載。壇上らしきとこに上がって「感無量です」的なコメントをしている図だろうな。
短編の合間に、著名作家のコメントみたいなのが載ってて、それがまた豪華。
恩田陸さんとか山田正紀さんとか、なんでこんなのにコメントしてるんだよ。
どの短編も「なんじゃこりゃぁああ!」系なんだけど、なんじゃこりゃといいつつも、どんどんページを捲っている私は、最後まで読んでしまった。
本に妖気が塗り込められてて、最後まで読まないとビームが出てきそうでした。
発行日付を見ると、初版。
私が手にとったのがたまたま初版だったんだろうけど、はてさてこの作品、重版されてるんだろうか?
あまりにもバカらしすぎてコメントしようがないんだけど、「ねぇこんなのがあるんだよ」と人に広めたくなるのは間違いない。
現に私も、これは書評を書かなければ、と強迫観念にとらわれて文字を打っている。
買って損はない、とはいえないけれど、興味のある人は読んでみてはいかがでしょうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/10/07 23:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2004/10/17 15:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2004/11/03 23:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/02/14 22:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/04/24 19:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/11/24 11:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/02/11 20:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/08/20 23:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/01/06 10:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/10/19 16:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/10/11 00:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

ハヤカワ文庫 JA ランキング

ハヤカワ文庫 JAのランキングをご紹介します一覧を見る