サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 「夜を読む本、夜に読む本」 ポイント5倍キャンペーン  ~3/5

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

わたしの台所手帖 119のメモ(集英社be文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2004.5
  • 出版社: 集英社
  • レーベル: 集英社be文庫
  • サイズ:16cm/249p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-08-650066-3
文庫

紙の本

わたしの台所手帖 119のメモ (集英社be文庫)

著者 平松 洋子 (著)

わたしの台所手帖 119のメモ (集英社be文庫)

税込 817 7pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

台所に立つ幸せしみじみ

2007/03/13 10:15

7人中、7人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:佐々木 なおこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

「毎度のごはんのお膳立てを娘にまかせ始めたのはひと昔以上も前、
10歳になった時分」
そう書いてあるところで、へぇ〜と思った。
以前、彼女の著書の中で娘さんが食卓のセッティングをされていのが紹介されていて、いいな〜とこれ!と思った。
まさか10歳からだったなんて!
わが家の娘も箸や取り皿を並べるのはお手伝いの一つになっているが、
平松さんちの娘さんは
「ごはんができたよー。声を掛けると、娘が鍋のふたを開けてなかをのぞき、
食器棚から自分で選んだうつわを持ってくる。
それを受け取ってこちらが
盛りつけ、娘に再び渡して食卓に運ぶ」のだそうだ。
いつのまにかできあがった習慣と言う。
なんだかいいな!とまたまた思った。
この本には平松さんの119ものメモがぎっしり詰め込まれている。
それは素材を生かしたオススメレシピだったり、
彼女が愛用する食材や調味料だったり、
料理にまつわるエピソードだったり、
アジアを旅して見つけたとっておきの味だったり…。
彼女の本はどれを読んでも、料理本の枠を大きく超えて、
なんというか、読んでいてとても幸せな気持ちになる。
元気がもらえる。
彼女の文章にリズムがあって、
その言い回しも、なんだかとてもいいのだ。
119のメモの中で、
蒸すだけ シンプル卵蒸し(024)に一番心惹かれた。
今晩はこれを作ろうと思った。
台所に立つ幸せをしみじみ感じさせてくれる一冊だ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

エッセンスの詰まった一冊

2008/03/04 20:23

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:mikimaru - この投稿者のレビュー一覧を見る

平松洋子のエッセンスが詰まったコンパクトな一冊。

著者の本は数冊しか読んでいないわたしだが、おそらくいろいろな本に書いてきたことをここでまとめているような意味合いがあり、その結果として、この世界に触れるのがまったく初めての人にはとっつきにくく、何冊も読んでいる熱烈なファンには総集編を読んでいるような物足りなさがあるかもしれない。つまり、わたしのようなレベルの人にはコンパクトでお得、ということになりそうだ。

----------
○ 第1章 台所で考える
手を使った調理法(叩く、押す、つぶす、こねる…)、調味料、よけいなことをしない料理法、飽きずに何度もつくる料理がいくつあるかといった内容を、カラー写真とレシピをまじえながら
○ 第2章 ずっと使いたいわたしの台所道具たち
鍋、まな板、お玉、石うす、スチームカバー、バーミックスといった、著者が使いやすさ重視で愛用している道具の紹介
○ 第3章 居心地のよい暮らし
収納のことなど
○ 第4章 うつわは食卓を広げる
基本のうつわ、形別のうつわ、素材別のうつわ…
----------

1章にある調味料の解説、そして蒸すだけ、焼くだけなどのシンプルなレシピが心地よい。たとえば「ブロッコリーとカリフラワーの温菜辛みソース」というタイトルのページだが、蒸した二種類の野菜にコチュジャンをベースとした辛いソースを添えて食べるだけである。写真もそのまんま、解説もそのまんまであるが、作りたい、食べてみたいと思わせる。「ゴーヤーとトマトのスープ」しかり。

これでもかと手を加えた料理がおいしい日もある。だが素材と素材を蒸しただけのものがおいしいと思える日もある。シンプルなものに良さを見いだしたときの感動は、この上ない。

「よけいなことをしないのも、ひとつの料理法です」のまとめ、P.71のあたりに、頭に自然にはいってくる文章があった。重みを感じることがない、気持ちよく消化できる料理、からだが疲れない料理といった表現だ。

素材の持ち味が生きた、からだの疲れない料理。そういったものを、気負わずに自然に作れるようになったら、人にとってひとつの段階(年齢的なもの、そして味覚の変化としての)かもしれないと、あらためて感じた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2009/09/07 23:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/01/12 10:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/03/17 14:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。