サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

本の通販ストア OP 5%OFFクーポン ~3/6

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 小説・文学の通販
  4. 小説の通販
  5. 筑摩書房の通販
  6. テーブルの上のファーブル moonshinerの通販

「honto 本の通販ストア」サービス終了及び外部通販ストア連携開始のお知らせ
詳細はこちらをご確認ください。

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 26件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2004.5
  • 出版社: 筑摩書房
  • サイズ:21cm/1冊
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-480-81634-8

紙の本

テーブルの上のファーブル moonshiner

著者 クラフト・エヴィング商会 (著)

すべては机上の空論から、すなわちテーブルの上から始まってゆきます。空に昼月、机上に昼酒。酔いがまわったら、昼寝もまたよし。雑誌のようで、絵本のようで、雑誌でも絵本でもない...

もっと見る

テーブルの上のファーブル moonshiner

税込 1,650 15pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

すべては机上の空論から、すなわちテーブルの上から始まってゆきます。空に昼月、机上に昼酒。酔いがまわったら、昼寝もまたよし。雑誌のようで、絵本のようで、雑誌でも絵本でもない。あたらしい本のスタイル。【「TRC MARC」の商品解説】

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

ジュンク堂書店岡島甲府店

みんなのレビュー26件

みんなの評価4.2

評価内訳

紙の本

本の中に迷い込んでしまったような時間。

2004/06/09 14:38

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ポカ - この投稿者のレビュー一覧を見る

本の中に迷い込む。

そんな感じだ。

例えば、
森の中に迷い込んでしまって、
鳥の声を聞いたり、
森の空気をすいこんだり、
森の家のおばあさんに美味しいシチューをごちそうになったり
ときには、狼とかがでてきて驚いたり、
夜の闇におびえたりしながら、
なんだか不安だけれど、
なんだかたのしい。
そんな感じ。

ワタシたちが、迷い込む森を
テーブルの上で作り出してしまった。
クラフト・エヴィング商會の技。

さすが!である。

迷い込んでも、
帰り道のヒントはいろんなトコロに散りばめられていて、
フフフってな感じです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

夢かうつつか、本というものの不思議を感じた一冊

2004/05/31 21:10

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:風(kaze) - この投稿者のレビュー一覧を見る

本のタイトルを見て、ファーブル昆虫記の虫の世界を題材にしているのかなと思っていたら、全然違いました。ここでのファーブルというのは、fable 「寓話」のこと。発音は本来はフェイブルなんですが、本書が世に出るそもそものきっかけになった「机上の空論」をアレンジして、テーブルの上のファーブル。語呂もいいしね、ということでタイトルはこれで行こうとなったみたい。
なので、テーブルの上に立ったファーブル先生がランプの周りを飛び回る蛾を観察しているとか、そういうシーンは出てきません。ただし、虫たちの研究の合間の気晴らしに、ファーブル先生がヴェルヌの『八十日間世界一周』をテーブルの上で読み耽っていた、ということはあるかもしれないけれど。

もといっ。本書の内容なんですが、空に昼月、机上に昼酒を置いたふたりの人物がテーブルを挟んでの雑談あり、「もぐり酒場」なる場所でささやかれた独り言あり、鉛筆たちの対話あり、とりとめのない夢想と言ってしまうと悪く聞こえますが、まあ、不思議と夢がブレンドされたみたいな話が並んでいるっていったらいいのかなあ。本の内容の説明が下手でごめんなさいなんですが、うまいこと説明しようとしたそばから蜃気楼のように文章が朦朧としてしまう、夢かうつつかグレイゾーンの世界に溶け込んでしまう、そんな味わいの本です。

なかでも本書の白眉として読みごたえがあったのが、「吉田健一の「酒は代用にならないという話」を読みながら考えたこと」。本書を開いたその中に、吉田健一のエッセイが本を開いた形で読めるようになっているんですね。そして吉田健一の開かれた本の周りに、本書の筆者の独白というか感想が書き留められています。この「本の中の本」という趣向がいかしてるなと思ったことと、吉田健一の文章の味わいが素敵だなと思ったことと、その文章にエールを送る筆者のつぶやきがいいなと思ったことと、この三つの点でとても心地よい読みごたえを堪能しました。
たまたま最近、吉田健一の『怪奇な話』という文庫本をネットで購入していたこともあり、いいタイミングで吉田健一の文章に接することが出来たなあ、読みたい気持ちに誘ってくれたなあと、私の芋蔓式読書にかなう一節でした。乾杯!

翻訳家、岸本佐知子さんが飛び入りのように本の中に登場したのには、意表を衝かれました。数日前に読んだのが、ミルハウザーの『エドウィン・マルハウス』だったから。翻訳されていたのが、岸本佐知子さんだったんで、こういうタイミングの良さはなんかいいなあと。

クラフト・エヴィング商會の本は、これと『クラウド・コレクター(手帖版)』の二冊きり読んでいないので、あれこれもっと読んでみたくなりました。

本というものの不思議な存在、在りようについて思いをめぐらすことのできた一冊です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。