サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

e-hon連携キャンペーン ~5/31

「honto 本の通販ストア」サービス終了及び外部通販ストア連携開始のお知らせ
詳細はこちらをご確認ください。

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 8件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2004.5
  • 出版社: 光文社
  • サイズ:18cm/330p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-334-07563-7
新書

紙の本

レイニー・レイニー・ブルー (カッパ・ノベルス)

著者 柄刀 一 (著)

カラーコンタクトを常用し、スポーツタイプの車椅子を操る細身の青年・熊谷斗志八、人呼んで「車椅子の熊ん蜂」。鋭い眼光、怜悧な頭脳と毒を含んだ発言で、周囲で起こった不可解な事...

もっと見る

レイニー・レイニー・ブルー (カッパ・ノベルス)

税込 933 8pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

カラーコンタクトを常用し、スポーツタイプの車椅子を操る細身の青年・熊谷斗志八、人呼んで「車椅子の熊ん蜂」。鋭い眼光、怜悧な頭脳と毒を含んだ発言で、周囲で起こった不可解な事件を推理してゆくが…。高品質傑作集。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

柄刀 一

略歴
〈柄刀一〉1959年北海道生まれ。鮎川哲也編集による公募アンソロジー「本格推理」への参加を経て、「3000年の密室」でデビュー。著書に「十字架クロスワードの殺人」など。

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー8件

みんなの評価3.8

評価内訳

紙の本

そのハンデがあるからこそ

2004/07/20 19:09

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:luke - この投稿者のレビュー一覧を見る

 「レイニー・レイニー・ブルー」は安楽椅子探偵物で表題を含めて7篇収録されている短編集。安楽椅子物ではあるけど、主人公の安楽椅子(車椅子)は電動ユニットが組み込まれた特注スポーツタイプである上、特別仕様の自動車も運転する「ちょっと行動的な安楽椅子探偵物」。医療事故のため半身不随となった通称「車椅子の熊ん蜂」こと熊谷斗志八が、新人介護福祉士の鹿野真理江をワトソン役にし、身障者問題を織り交ぜながら身の回りで起きる難事件を解決します。

 19歳の女性患者と、障害者の国際交流会で出会い文通を続けてきた、英国の66歳の資産家が来日した。ホテルにチェックインしたものの、部屋から車椅子を残したまま消えてしまった。付き添い無しには行動できない筈の英国人に何が有ったのか…書き下ろし「レイニー・レイニー・ブルー」の謎はこうして始まりました。勿論、事件の解決こそがメインですが、ここでは19歳の女性患者の性体験希望という問題が絡められています。恋愛感情など無くても行為自体を体験したいと希望に、ワトソン役の真理恵は「…とどめのない気持や心に動かされて生まれるはずの一番深い経験…」と諭し、恋人だってできる可能性はまだまだ有るのだからと慎重に考えて欲しいと言う。しかし、「…切ないくらい知ってみたい体験…時間とチャンスはないのだから」と考え抜いた結果だからと返される。「閨房での交渉にも介護者の手が不可欠」という問題はまさに現実。…そんな身障者問題が随所に盛り込まれていますが、本格的推理小説を妨げるものではありませんのでご心配なく。

  「ミス・マープル」や「隅の老人」でお馴染みの安楽椅子探偵物は、探偵に足枷をはめて行動力を奪って自身で見聞きしたものだけで推理させる所に面白さがあるのですね。このハンデに必然性を与えリアリティ溢れる世界を作り上げたのが本書とも言えます。当たり前と気にも留めない事から見落としたものを探し出し推理する醍醐味はまさに本格派、十分堪能できるでしょう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2005/02/06 01:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/07/05 12:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/08/13 00:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/12/21 15:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/04/27 23:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/01/15 22:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/10/26 00:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。