サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

クリスマス ポイントUPキャンペーン(~12/25)

[12/1~12/25] 年末年始福引キャンペーン	~1/13

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

鎮魂歌(ハヤカワ文庫 FT)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.6 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2004.5
  • 出版社: 早川書房
  • レーベル: ハヤカワ文庫 FT
  • サイズ:16cm/473p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-15-020364-1
文庫

紙の本

鎮魂歌 (ハヤカワ文庫 FT)

著者 グレアム・ジョイス (著),浅倉 久志 (訳)

鎮魂歌 (ハヤカワ文庫 FT)

税込 924 8pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価3.6

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (1件)

紙の本

聖なる都に巣くう魔物達の饗宴

2004/06/30 00:39

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:岑城聡美 - この投稿者のレビュー一覧を見る

妻の不慮の死、勤務先での不可解な事件…。主人公トムは運命のレールに乗せられたかのように、美しく混沌とした聖都、エルサレムへと向かう。この流れるような、巧みに読者を誘導する冒頭部にまずは魅せられた。エルサレムで出会う、死海文書を隠匿した謎の老人、そして次第に姿を露わにしてくる幻の老婆。随所に散りばめられた謎が、読むものを引きつけて離さない。幻想文学としてはもちろんのこと、エンターテイメントとしても非常に優れた作品だ。

はじめのうち聖都として描かれたエルサレムは、次第に魔都としての様相を露わにしていく。トムの内側に巣くう幻想が、狂気が、まるで体を裏返したようにエルサレムの町に投影され増幅してゆくのだ。その過程を追うことで息詰まるような興奮を味わうことが出来る。しかしそれは、果たしてトムの無二の友人であるシャロンが読み解くように、彼の内なる罪悪感が作り出す幻覚なのか、あるいはエルサレム全体を覆う魔物の仕業なのか、どこまで読み進めても判然としない。この曖昧さがますます読者を本書に釘付けにする。

トムが抱く罪悪感の根元は、キリスト教的倫理観に基づくものである。いわゆる「姦淫の罪」がそれだ。本書の第二の魅力は、男性の性的感覚を見事に描写し、かつ男性から見た女性の性的魅力をも実に的確に捉えている点にある。ここに言う女性の性的魅力は、作中登場するマグダラのマリアに象徴されるだろう。マグダラのマリアは様々な女に変貌する。前述の老婆をはじめ、亡き妻ケイティー、友人シャロン、精神を病んだ女クリスティーナ、そしてトムの堕落のきっかけを作った美しき女生徒ケリー。どの女性の中にも普遍的にマグダラのマリアは存在し、誰もが聖なる娼婦になりうる。そして、著者が描く女達は、いずれも性的にたまらなく魅力的だ。男が欲情したとき、女はその目にどう映るのか。これが実にエロティックに、かつ美しく描写されている点に脱帽した。

さらに、キリスト教の歴史的解釈という点から見ても、この作品は実に興味深い。新約、旧約両聖書に多少の造詣があれば、なおさら本書を楽しんで読むことが出来る。これも作品中の大仕掛けの一つであって、この場に置いて結末を書くことはこれから本書を手にされる方の興を削ぐ可能性があるため出来ないのだが、登場人物達を取り巻く幻想の世界と並行して、大々的な歴史読み物的エピソードが展開される点も本書の魅力の一つだろう。

宗教に取り憑かれる大衆、歴史の謎に取り憑かれる老人、一人の男への偏執的な恋に取り憑かれた女、そして女そのものに取り憑かれた男の性…。この物語に登場するあらゆるものが、作中において「ジン」と呼ばれる魔物に取り憑かれたかのようだ。この壮大な物語を読み終えて、エルサレムという街そのものが、あるいはジン(魔物)なのかも知れない、そんな考えがふと脳裏をよぎった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2005/01/06 09:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/06/19 21:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/07/31 20:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

SF・ミステリー・ホラー ランキング

SF・ミステリー・ホラーのランキングをご紹介します一覧を見る
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。