サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 「夜を読む本、夜に読む本」 ポイント5倍キャンペーン  ~3/5

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

愛の領分(文春文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.3 15件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2004/06/10
  • 出版社: 文芸春秋
  • レーベル: 文春文庫
  • サイズ:16cm/464p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-16-760606-2
文庫

紙の本

愛の領分 (文春文庫)

著者 藤田 宜永 (著)

【直木賞(125(2001上半期))】【「TRC MARC」の商品解説】

もっと見る

愛の領分

税込 682 6pt

愛の領分

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 4.1MB 無制限
Android EPUB 4.1MB 無制限
Win EPUB 4.1MB 無制限
Mac EPUB 4.1MB 無制限

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー15件

みんなの評価3.3

評価内訳

紙の本

臆面もなく同じような作品を書き続けることができる、というのが直木賞作家であることの証なら、なんてつまらない賞なんでしょう。藤田が例外であることを望みます

2006/05/08 21:06

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みーちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

「妻に先立たれ、息子と暮らす仕立て屋の淳蔵。彼の前に旧友の高瀬が突然現れた。高瀬の妻美保子と関係を持ったことのある淳蔵の心は穏やかではない」恋愛小説。
戦略的に恋愛小説を書いていると豪語する作家の直木賞受賞作ですが、その傲慢な宣言に、もう読んでやるか、と思ったのは私一人。ま、小説さえ良ければ文句は言えないんですけどね、結局『絵画修復師』あたりが頂点だったかな、なんて思ったりして・・・
東京の港区白金でテーラー・ムサシを営む宮武淳蔵。彼は妻に先立たれ、21歳になる息子 信也と2人暮らしをしています。彼の元に、昔の遊び仲間 高瀬昌平が現れました。28年ぶりの再会ですが、探偵を雇ってまでして彼の店を探し当てたという昌平の真意が見えて来ません。淳蔵と高瀬の妻美保子が関係をもったことがある、ということは昌平には知られていないはずです。
そうした淳蔵の不安をよそに、高瀬が持ち出したのは、美保子が重症筋無力症となり、昔のことを思い出しては淳蔵に会いたいと言っているということでした。既に終わったこととして片付けてきたことが、今になって自分に降りかかってきます。昌平の服を作るという口実で、高瀬夫妻が住む上田の塩田平を訪ねた彼を待っていたのは病み衰えながら、昔の恋にすがる美保子の姿でした。
そして、淳蔵の父親が経営していた旅館で働いていた太一と、その娘の佳世の出会うのです。佳世の母の千代子は、淳蔵が子供のころに密かに恋心を抱いた女性でした。その面影を残す佳代、今は画を教え、何とか画家としても暮らしている彼女との出会いが、2人の運命を大きく変えていくのです。
昌平との過去、美保子との不倫、佳世の起こした事件、父親 太一の不審な動き。そして淳蔵の息子 信也の心の底、亡くなった妻の思い。それらが絡みながら、銀座、軽井沢などを舞台に愛の劇が繰り広げられていきます。過去とは、一方的に縁を切ることの出来ないものなのでしょうか。
53歳の男と、39歳の女、2人が巻き起こす恋の波紋。こうかくと如何にも美しい物語に思えるのですが『艶紅』のときと同様、決してすっきりする話ではありません。まず、淳蔵が自分の意思を殆ど見せずに、巻き込まれていく姿が、あまりに受身で、いい加減こういう男ばかり書くのはやめてほしい気がするのです。
50代の男は、不倫やその類のことしか出来ないのか、渡辺淳一にしてもそうですが、いい加減手垢にまみれたこの手の話しを繰り返し書いて、「戦略」などというのは、無能な経営者の戦略談義ににて、傲慢どころか噴飯もの。しかも、『絵画修復師』にみられた文章の香というものすらこれ以降の作品では消えうせています。北上次郎はこの前後から藤田の作品を絶賛しはじめますが、私には皮肉としか聞えません。同工異曲の濫作より、もっと心の底から納得できる恋愛小説を読みたいものです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/11/29 15:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/03/17 18:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/06/25 21:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/06/07 11:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/04/03 08:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/05/30 05:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/08/01 04:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/09/29 20:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/11/02 11:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/12/19 23:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/01/26 14:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/03/16 09:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/05/08 21:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/05/11 00:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。