サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【店舗】丸善日本橋店×hontoブックツリー 読後感 ~なりたい気分で読む5冊~ ポイント5倍キャンペーン

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

失楽の街(講談社ノベルス)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3 19件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2004.6
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社ノベルス
  • サイズ:18cm/395p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-182376-1
  • 国内送料無料
新書

紙の本

失楽の街 (講談社ノベルス 建築探偵桜井京介の事件簿)

著者 篠田 真由美 (著)

インターネットの海にひそかに書き込まれた犯行宣言。あでやかに桜咲く2001年4月、東京を爆弾魔が跳梁する。怒りと悲しみに突き動かされ漂泊する犯人を、京介は捉えることができ...

もっと見る

失楽の街 (講談社ノベルス 建築探偵桜井京介の事件簿)

1,080(税込)

ポイント :10pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全商品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年6月22日(木)~2017年6月28日(水)23:59

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

インターネットの海にひそかに書き込まれた犯行宣言。あでやかに桜咲く2001年4月、東京を爆弾魔が跳梁する。怒りと悲しみに突き動かされ漂泊する犯人を、京介は捉えることができるのか。建築探偵第2部完結!【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

篠田 真由美

略歴
〈篠田真由美〉1953年東京都生まれ。早稲田大学第二文学部卒業。「琥珀の城の殺人」が第2回鮎川哲也賞の最終候補となる。著書に「竜の黙示録」「アベラシオン」ほか。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー19件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (5件)
  • 星 3 (8件)
  • 星 2 (4件)
  • 星 1 (0件)

2004/10/14 16:13

投稿元:ブクログ

篠田真由美の小説は、どうにも女流作家の悪いとこばっかり目立つというか、耽美系というか。
男性は現実離れした、パターンを踏んだ「キャラクター」なのに、女性が妙に現実っぽいつまんない人物というか生きてないというか。

建築探偵シリーズは建築物へのこだわりが面白くて読んでるので、脇役の薬師寺香澄こと蒼(大体このニックネーム自体が嫌)関係の外伝シリーズは読んでないんですけれど。関係もないのにやたら蒼とその友人とのエピソードを引っ張ってくるのがうっとおしい。コアな「篠田ワールド」のファンには嬉しいでしょうけども、それだと女性読者しかつかないんじゃないですかね?
それとも、もともと「そっち系」な作家だから問題ないのかしら。
ミーハーなキャラクターノベルはどうでもいいから、ミステリをしっかり読ませてよ。

2004/11/10 13:44

投稿元:ブクログ

建築探偵・桜井京介もの最新刊。
最近まとめ読みしたので登場人物の関係もばっちりだし、楽しく読めました。
ただ、登場人物の関係が他の巻より細かいので、建築探偵を始めて読む人には不向きかも。
このシリーズも随分長くなったけど
後どれくらい続くやら。。。?

2005/01/20 11:03

投稿元:ブクログ

 建築探偵シリーズ最新作(のはず)です。
 東京を舞台に連続爆弾事件が起こるという筋なのですが……作中で爆弾をしかけられるとある場所が、私にとってたいへん馴染みのある場所でして、情景がリアルに想像できるのが楽しいような怖いような複雑な気分でありました。
 それにしてもこのシリーズ読むたびに、同人ウケしそうだなあと思ってしまう……(汗)(2004/12/24)

2006/07/04 23:23

投稿元:ブクログ

・桜井さんの心の狭さは、私の心の狭さでもある。なぜって私も基本的には自分の大好きな人たちの幸せしか願っていないから。
・幼稚な現代人は、一方で魂が老けている、というのもごもっとも。体験を伴わない知識ばかりが増えて、精神的に成長できないわたしたち。仮に体験してみても、どこかで見てきたようなことばかりで感動が薄い。それはなんとも不幸なことだなあー。日々の感動震えたい……。
・感嘆符を持って強調する朔太郎の詩が強烈。効果的に使われていました。

2005/05/06 16:27

投稿元:ブクログ

【ストーリー】
建築探偵シリーズ第二部完結作。旧朋潤会による関東大震災後に建築されたアパートが取り壊されるので、さよなら会として蒼が裏方を手伝う小劇団が演劇を行う段取りが進むが、主宰者が行方をくらます。一方、神代の元を訪れた工藤刑事は、自分の探し人の少年が東京の街を脅かす連続爆弾テロに関わっているらしいと相談に・・・・。
【感想】
いつもより、建築に関係あるかな?硬めのテーマです。最後の京介が、ちょっといい感じ。最後ちょっと泣けました。

2005/07/05 12:09

投稿元:ブクログ

久々の建築シリーズの本編です。
やはり好きなキャラクターなので楽しくて仕方ありません。
今回はあまり京介がでしゃばってません。控えめです。
神代さんが主役のようですね。
京介と蒼がじゃれあいすぎてるのはあまり好きではないので今回くらいがちょうどいいくらいです。

2017/01/31 19:49

投稿元:ブクログ

神代さんご老体に鞭打たれるの巻。京介と能面、どちらが表情豊かでしょうか(笑)ガーデニング京介が新鮮ですな。

2006/04/30 17:22

投稿元:ブクログ

建築探偵10/15作。待ってましたよ! 第二部完結。

東京の街に現れた爆弾魔。玉石混交のネット情報の中から、京介は本物の犯行声明を見つけ出し、爆弾魔を追い詰めることができるのか。世界を終わらせる真の方法とは一体・・・?

以下ネタバレ。

京介が直接に爆弾魔を追い詰めていくわけではないのですが。
素直にとても面白かったです。京介の心の動きがとてもよく見える。その意味で非常に興味深かった。「桜井京介」がまた少し形をなしたなーー、形を変えたなーーー、というのが一番の感想。

ミズキとイズミが同一人物、っつーのは半分にならないくらいで分かりました。あと、まさかソブエが彼女だとは思わなかったんですが、祖父江さんじゃないな、とも思っていました。
だけどトガシにはびっくりした。っていうか、そうだよね、もう彼しか残ってないもんなーー!

犯人の立場に立って、腐った街を破壊する衝動を口にするくだりは、まぁ京介ってこういうこと真剣に思ってるんだろうなーー、でも動くことすら面倒でやらないだけなんだろうなーー、っていうのがとても自然に伝わってきましたね。実際に行動に移さないだけで、考えていることは爆弾魔と同じなんだ、という京介の告白は、本当に彼らしいと思いました。
ただ、普段は隠している暗い一面を読み手が意識できるというのは、逆に言えば、彼が他の人との関りの中でいい方向に変わっていっているからなんじゃないかと思うわけですよ。
だって、最初の頃の彼に同じセリフを言わせたら、そのセリフの上に京介が成立するだけで、京介の中の陰を印象付けることは難しかったんじゃないかと思うんですよね。
今の京介だからこそ、あの告白に意義がある、とでも言いましょうか。
きっと京介って、幸せに生きることを自ら望んで放棄してるんですよね。でも蒼や深春や神代先生との関係の中で少しずつ変わってきていて、それが自分でとても苦しいんだと思います。

・・・って、こうやって改めて書いてみると本当につくづく不幸そうな人だよなーー。
明らかに変わり始めている京介。第三部ではどうなるのかとても楽しみ。
というか、篠田先生の中での京介も、若干ではあるものの変わっているんじゃないかなーーと思います。目指す結末は同じでも、そこに至る過程が違う、っていうのかな。
うん、いずれにせよ、今後が本当に楽しみです。

2007/07/18 01:33

投稿元:ブクログ

2001年4月東京
安宅さんと北詰さんの軋轢と和解に涙を誘われてしまった
桜井京介が非常に人情的

2011/07/18 10:34

投稿元:ブクログ

壮大な建築ともいえる東京都

その要に鎮座マシマスあの××××(伏字)
インターネット・過激派・公安
そして、京介逮捕!

跳梁跋扈する爆弾魔と歴史的なアパートメント
いくつものモノガタリが交差して事件が終息

このシリーズがスゴイのは登場する主役達が
傍観者じゃなくて「目いっぱい」関わっちゃう
のが良いです

2010/10/24 12:11

投稿元:ブクログ

連続爆破犯の声なき慟哭を京介は捉えられるか!?
建築探偵第二部、ついに完結!!
インターネットの海にひそかに書き込まれた犯行宣言。あでやかに桜咲く2001年4月、巨大都市東京を爆弾魔が跳梁する。転々する犯行現場を繋ぐミッシング・リンクはなにか。怒りと悲しみに突き動かされて漂泊する犯人を、桜井京介は捉えることが出来るのか。失われゆく古き東京への挽歌とともに、建築探偵第二部完結!!

2008/08/25 23:30

投稿元:ブクログ

作品内容とは別件:
「失楽の街」ではアイテム・ヒットしないのでおかしいなあと
思ったら、タイトル入力が間違ってますなあ!\(^o^)/
  「失楽の町」じゃないってば!!\(^o^)/
   ◎街 → ×町

----------------------
2008.8.26記 (8/17ごろ実家にて読書)

住宅公団とか三菱重工爆弾事件とか萩原朔太郎の詩とか...
Aha!なウンチクを楽しめました!

そうそう、それと、作者(篠田先生)の本音?ともいえる?
「火刑法廷」の犯行宣言文には、この電車通勤地獄の凡人
オヤジも胸がスッとしましたわい!!\(^o^)/ (p.167)


--メモ・リンク--
虹作戦
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%99%B9%E4%BD%9C%E6%88%A6
三菱重工爆破事件
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89%E8%8F%B1%E9%87%8D%E5%B7%A5%E6%A5%AD%E7%88%86%E7%A0%B4%E4%BA%8B%E4%BB%B6

2010/04/05 14:24

投稿元:ブクログ

ずいぶん前に読んだ本。

取り壊しが決まったモダンなアパート。
最後のイベントで上演予定の劇なのに主催のグラン・パが行方不明。
同時期、東京中を震撼させる連続爆破事件。
そして蒼と翳が被害にあう。

2009/11/22 22:09

投稿元:ブクログ

 建築探偵シリーズの2部の終了だそうで…。最後に京介が○○を○○したのが、終りってこと? あとがきで作者が書くのがしんどかったみたいにあったけど、読むのもしんどかったよ(苦笑) いつものメンバーが揃ってても、ほとんど活躍してないからな。なのに、へんに腐女子を刺激するようなことをちりばめてるし。やっぱ、そういうのは違うと思うんだが…。
 といいつつ、続きは気になるので次が出たら、間違いなく買うんだけどさ(苦笑) ということは、「もう買わん」ってほど。面白くなかったという訳ではないのか。つか、それなりに楽しかった…らしい。

2011/06/22 01:47

投稿元:ブクログ

インターネットの海にひそかに書き込まれた犯行宣言。あでやかに桜咲く2001年4月、巨大都市東京を爆弾魔が跳梁する。転々する犯行現場を繋ぐミッシング・リンクはなにか。怒りと悲しみに突き動かされて漂泊する犯人を、桜井京介は捉えることが出来るのか。失われゆく古き東京への挽歌とともに、建築探偵第二部完結。