サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

修正:【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン(~4/4)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 哲学・思想・宗教・心理
  4. イエスという男 第2版増補改訂版

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

イエスという男 第2版増補改訂版
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 10件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2004.6
  • 出版社: 作品社
  • サイズ:20cm/430p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-87893-681-9
  • 国内送料無料

紙の本

イエスという男 第2版増補改訂版

著者 田川 建三 (著)

彼がどこから来たのかは知らない。気がついたら活動していたのだ…。「イエスはキリスト教のではなく、歴史の先駆者である」という視点から、歴史の本質を担った逆説的反逆者の生と死...

もっと見る

イエスという男 第2版増補改訂版

3,024(税込)

ポイント :28pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

ジュンク堂書店新宿店

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

彼がどこから来たのかは知らない。気がついたら活動していたのだ…。「イエスはキリスト教のではなく、歴史の先駆者である」という視点から、歴史の本質を担った逆説的反逆者の生と死を綴る。80年三一書房刊の増補改訂版。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

田川 建三

略歴
〈田川建三〉1935年東京生まれ。新約聖書学者。著書に「書物としての新約聖書」「キリスト教思想への招待」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

著者/著名人のレビュー

イエスはキリスト教の...

ジュンク堂

イエスはキリスト教の先駆者ではない、歴史の先駆者である――イエスをキリスト教の呪縛から解き放ち、歴史の本質を担った一人の逆説的反逆者として捉えた、画期的名著の増補新版。

「イエスという男はどこから来たのか、我々は知らない。『ナザレのイエス』と呼びならわされていたから、ガリラヤ地方のナザレの出身だったのは確かだろう。……しかし、ある日イエスは決断してナザレの村を出て、あのような活動をはじめた、というのではない。いつ、どのようにして出てきたのか、気がついてみたら、イエスという男はああいう活動をやっていた、ということだろう。……だいたい、あれだけの活動が、一つや二つの決心やきっかけでできるものではない。それはイエスという男の生の帰結であり、出発であり、内容であった。」(本書より)

内容目次 逆説的反逆者の生と死

/イエスの歴史的場/イエスの批判―ローマ帝国と政治支配者/イエスの批判―ユダヤ教支配体制に向けて/イエスの批判―社会的経済的構造に対して/宗教的熱狂と宗教批判の相克/人名・事項索引

出版ダイジェスト:2004年12月
『キリスト教文化の謎と魅力 クリスマスを迎える静かな夜に読む本』

みんなのレビュー10件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

真の自由を求めて生きた男の話

2004/06/12 18:10

6人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:パティロ - この投稿者のレビュー一覧を見る


新刊案内で田川建三著『イエスという男』を見つけたとき、胸がどきっとしてしまった。自分の今までの未熟な人生を振り返っても、その節目節目に大切な役割を果たしてくれた本たちがいる。そして今、とても大切に思っている本がこの本なのだ。増補改訂版ということなので、私が読んだ初版本とは違うけれど、ずうずうしくもこの文を書きたくて書いている。

これは、イエスの生き方に込められた著者自身の生き方、思想の本だ。

著者が求めるものは、人間の真の解放・自由なのだろう。
著者はイエスを、同じく真の自由を求めたゆえに、しかも過激に求めたゆえに、殺された男だと、共感している。

何にも属さない、もしどうしても属さなければならないとしたら、強い者たちの側ではなく弱いものの側を選びたいというイエスの生き方が、「虐げられているものが救われるのだ」という虐げる側に都合のいい言葉にすりかえられる。そういうやり方で、死後のイエスが強者にたくみに呑み込まれていることを、著者は繰り返し批判している。

>人は自分が理論的に理解しえないことも、実践的にはなしうる。

なるほど、理論というものは、私たちの“生”という実践のあとを、ひいひい言いながらようやくくっついていっているだけなのだろう。

>人間の解放というようなことが言い得るとするならば、誰に強制されるのでもなく、それぞれがおのれのうちにあるある種の残酷さを克服していかなければならぬ。

そしてこの言葉は、私を戒める。

今の私には、こういう読み方が精一杯だけど、本書のこのふたつの文章を、絶対忘れることはないと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2008/11/16 19:44

投稿元:ブクログ

二ヶ月ぐらいかかってゆっくり読みました。
すごく読みたかったイエス伝。
イエスに実に迫っていると感じました。
日本人は宗教的な感覚の薄い民族だし、「分析」という一点では著者からもそういうものを感じ取れました。
しかしイエスの活動を宗教的支配構造への反抗(簡単に言うとですが。。)といったそのことが、
実は宗教というものの本来のあり方の本質を突いているように感じました。
イエスがメシアであったのか、歴史をどんなに掘り下げてもそれは分かりませんが、
1世紀パレスチナの熱まいた狂気と一人の男の生が心を打ちます。

08/11/16

2008/12/22 15:20

投稿元:ブクログ

イエスという男は、どこから来たのか・・・
いったいどんな男だったのか・・・
何を考えていて、何をしようとしていたのか・・・

信仰的な解釈から離れて、残された資料の精査から「生きていた男イエス」の実像に迫ろうという一冊。

いきいきとした生身の男。
感情を持ち、それは時に激しい起伏をみせる。
柔和な知恵者という従来のイメージからは離れていくが、それだけに集団を率いる力強さと説得力がリアルに描写されている。

著者の談によると、この頃、ややキリスト教に批判的であったと述懐されていたが・・・そうか?

2011/07/06 09:38

投稿元:ブクログ

イエスが語った教説は、歴史的・社会的状況を超越した普遍的・無時間的な真理などではなかった。彼がめざしていたのは、みずからの置かれた歴史的場を意識しつつ、それに自覚的に切り込もうとしていたのだと著者は論じている。

神学者たちは、イエスの言葉を彼が生きていた「歴史的場」から切り離し、そこからイエスの教えの「本質」を取り出そうとする。だがそれは、イエスの言葉を現代的な宗教思想の枠組みにはめ込むことにほかならない。著者は歴史的資料を精査することで、イエスの個々の伝承を歴史的な場の中に置き戻して捉えようと試みている。

一例をあげると、「良きサマリア人の譬え」を著者は次のように読み解いている。当時のユダヤ人は、サマリアを「異邦人」が多く入り込んだ堕落した都市と見ていた。イエスは、ユダヤ人のサマリア人に対する差別意識を告発する。だが、イエスはそれを「心優しくサマリア人を受け入れましょう」という説教によって語ることはしない。何より、ガリラヤ人であったイエスや彼の生きていた周囲の民衆の上にも、サマリアと同様の差別がのしかかっていた。イエスは、「隣人」の範囲を拡大したとしても、同じ差別の構造が再生産されることを知っていた。だからイエスは、「隣人」の範囲を定めるのではなく、「誰がこの被害者に対して隣人になったか」という問いを対置したのだと著者は主張する。

「汝の敵を愛せ」という言葉もこの文脈で理解される。「隣人を愛せ」という主張はその裏に「敵を憎め」という主張を伴わざるをえない。この構造を照らすために、イエスは「敵を愛せ」という逆説的な言葉を投げつけたのだった。こうしたことから著者はイエスを「逆説的反抗者」と特徴づけている。

「憎しみを持ってはいけません、敵をも愛するほどの心をお持ちなさい」とにこやかに説教するときには、こうしたイエスの逆説的な意味は失われてしまっている。キリスト教は、イエスが時代状況と自覚的に切り結ぶために選んだ毒をもった言葉を取り込み、骨抜きにしてしまったと著者はいう。確かにイエスの言葉には、こうした説教へと変質してゆく萌芽を含んでいた。だが、批判されるべきはそうした不注意な言葉を語ったイエスではなく、二千年たってもイエス一人を克服できない社会の方ではないのかと、著者は述べている。

2015/01/06 11:40

投稿元:ブクログ

微細に、無慈悲に張り巡らされた宗教というイデオロギーにイエスという男は挑み続けたのか。テキスト・クリティークということを、本書ほど痛感した書物はなかなかない。奇跡に関する記述も興味深い。

2013/03/10 11:12

投稿元:ブクログ

特にキリスト教に詳しくなくても、イエスと言えばどんな男か、たいていの人が説明できそうな気がする。娯楽映画に一番多く登場する宗教者である。非暴力を貫き、己の罪を悔い改めることを説く、愛の宗教の創始者。しかし、その容貌はともかく、性格や思想の方は、福音書の記述をもとに作りあげられた像を真に受けると、とんだまちがいをしてしまいそうだ。

知っての通り、福音書というのは、イエスの弟子たちが、近くにいて見聞きした師の言葉を後に思い出して書き記したものである(本当のところは、弟子の名を借りて複数の記述者によって書かれたものと考えられる)。マタイ、マルコ、ルカ、それにヨハネの四つの福音書を数えるが、ヨハネのものは別にして考えるのが通例だ。しかし、先の三人の福音書にしたところが、三者三様、それぞれ記述者の思惑が入り込み、イエスその人の言動には異同がある。

キリスト教に限ったわけではない。すぐれて独創的な思想家やそれまでにない行動パターンをとる人間が現れると、普通の人間は、まず驚き、拒否し、やがて、受け容れるといった行動様式をとるものだ。そして、その受容のレベルが、受けとる側によって異なる。だから、いくら身近にいた弟子でも、弟子の生育歴や教養その他によって、師の言葉はフィルターを通して受けとられることになる。ましてや、教団という大所帯を維持してゆくとなれば、そこには、俗世間との妥協が入ってくる。変質は避けられない。

田川がここで明らかにしようとしているのは、当時のガリラヤで大工をしていたイエスという男の真の姿である。ユダヤ民族にとってユダヤ教というのは、単に宗教というにとどまらず、政治であり、法である。すべては律法によって厳しく律されていた。しかし、現実的にはパリサイ派のような教条主義的な人々もいれば、戒律を無視し、世俗的な利益に走る宗教者たちもいて、一般の人々にとっては決して納得のいく世界ではなかった。

おまけに当時世界はローマ帝国によって支配されていた。ローマの支配とユダヤ教による支配に対する「逆説的反抗」者としてのイエスというのが、田川の描き出してみせるイエス像である。有名な「右の頬を打たれたら左の頬を出せ」というのも、非暴力というより、「どうせ打つならこちらも打ったらどうだ」とういう反抗的な身振りであったろうというのだから、世間に流布するイエス像やキリスト教という宗教の既成概念は木っ端微塵になる。

もちろん、勝手な解釈ではない。当時の歴史的状況や資料に残されたイエスの言葉を検討した結果浮かび上がるのが、「逆説的な発言に見られる鋭い批判、相手の問いに答えることを拒否し、お前が自分でやればいいだろうとつき放す冷たさ、底の底までつき入ってくるようないやらしい皮肉、などに見られるおそろしく醒めた目」の持ち主だ。

しかし、その醒めた眼を持つ男の中には「一見ひどく幼稚で迷信的な宗教的熱狂」が同居していた。それが、イエスを追いつめ、ついには死に至らしめたのである。田川がこの本を書くことで解き明かしたかったのは、なぜ、ひとりの男の中に相手を徹底的に突き放す醒めた目と幼稚な宗教的熱狂が同居し得た���かという疑問である。答えは出たのだろうか。

あとがきに「十字架に架けて殺されたこの男のものすごい生を描きうるためには、自分もそれに対抗しうるだけの生の質を生きていないといけない」と著者は書いている。すぐれた聖書学者だが、既成のキリスト教の護教論者が卒倒しそうなほど過激な言動を繰り返す著者には敵も多い。逆境の中で、自分の仕事を続けることの意味を探るというのがこの本を書くもう一つの目的であったろう。答えはその選びとった生の中にこそあるのではなかろうか。

2011/09/04 15:09

投稿元:ブクログ

現代キリスト教に対して批判的なキリスト者、、という趣。
「イエスはキリスト教ではなく歴史の先駆者だった」という有名な台詞、文献から紐解かれる歴史。。
牧師さんから薦められて読んだ本なのだが、キリスト教理解もないまま無防備に読むには刺激が強い。

誤解を恐れずに書けば、ある種、チェ・ゲバラのような激しく真っ直ぐな存在としてイエスを見る、とても貴重な経験。

2012/05/21 09:29

投稿元:ブクログ

宗教的な闘争ではなく、権力・権威・道徳一般につきまとう偽善の告発や不満の発露としてイエスを捉える。
個人として、反発としてのイエス。
ドラマとして、あるいは聖書の解釈として非常に面白かった。教義やヒューマニズムの偽善的側面には鈍くならないでいたい、と紋切り型ながら思う。
今までの史実を批判している割には「〜と考えるのは大げさにすぎる」「は想像に難くない」といった類推が多い気もして、それをこちらは判別しがたい感じがある。

2014/05/21 12:42

投稿元:ブクログ

2014年5月17日に行われた、第15回ビブリオバトルin生駒で発表された本です。テーマは「出会い」。

2013/12/24 16:44

投稿元:ブクログ

■『イエスという男』 田川建三著 作品社

【後編 イエス路程】
 日本においてのイエス研究の中で、一般にもそれでも受け入れらているといえるものの筆頭は「史的イエス」研究である。「史的イエス」とは何かというと、いわゆる人間イエスに関わることである。信仰の対象として、十字架において人類に赦しを与える、神の子イエスではなくて、我々と同じように歴史の片隅に抗うことができず生まれ、33年の人生を歩んだ、人間としてのイエスはどのようであったのか、その姿に迫っていくのが「史的イエス」研究という分野である。そんな日本の史的イエス研究者の中で、おそらく最も著名で信頼を受けているのがこの田川建三だろうと思われる。同じく日本の新約聖書学者である荒井献も著名であるが、二人の仲が良くないからか、キリスト者らしさが残るからか、荒井においては田川ほど、信頼を勝ち得ていないように思う。
 荒井を「キリスト者らしさが残る」と言ったのは、田川はそうではないからである。田川は唯物論者であるとは言えないまでも、不可知論者であることは間違いない。不可知論とは、理性や経験を越えるものは絶対に知りえない、ということを主張する者たちのことである。田川は宗教は信じない。信仰の対象としてのイエスも信じない。しかし人間イエスの虜である。

 この著作では、2000年前のパレスチナにおいて、生きて死んだ「イエスという男」の真実に、福音書の批判的研究と、歴史的考察を重ねながら迫っている。そう言う研究の結論として、イエスを「時代の反逆者」と位置づける。イエスは時代に反逆した。イスラエルの政治的状況、律法に対する理解の本質、人間的道徳のあり方。時代において不正や不義と壮絶に闘い、時代に抗ったため壮絶な死を迎えた。自分の死を予感しながらも、その生き方を貫いたイエスの姿に強烈な魅力とシンパシーを感じ、その情熱のもとに書き下ろされたのがこの著である。
 史的イエス研究の立場では、イエスが当時自らをメシヤだと自覚してはいなかったという理解が一般的である。メシヤであるというのは、後の弟子たちが祭り上げた結果の呼称であるという。福音書の記述も歴史的な真実を述べているものと、信徒たちの信仰を介しての願望を述べているものとに分かれるのだ、というのがその立場である。私たちから見ても、それはその通りだと思う。反面それだけが真実であるとは言えないと思う。
 田川の研究には相当の誠実さを感じる。不可知論者として、論理的積み重ねの上にも、イエスの生き方を理解できるし、人間としての魅力を感じうる結論に至ったのは功績であると思う。しかしそれはイエスの生き様の人間としての誠実さを汲み取っただけであって、やはり宗教や信仰においての超越的な姿がなかったかというと、その証明にも足りないのだ。不可知論はあくまでも理性面においての不可知をいうことはできても、人間が知りえないことの不在を証明することもできないわけである。日本において、田川が支持されやすいのも、その研究の誠実さによる魅力もあるけれども、キリスト教の枠とは全く違う仕方で描かれた人間イエスに、日本人の理解が及んだからであって、真偽においての帰��とはまた別の問題である。

 個人的には、20代半ばに非常に関心を持った史的イエス研究であり、この書でもあったけれど、信仰における実存の深まった今においては、頭の片隅に追いやられるぐらいの重要性でしかない。一度読む価値はあると思う。そしてその内容はなかなか魅力的である。しかしそれほど影響を受けることは難しい。私にとってはそのへんの位置にある。

<イエス伝関連資料>
ルドルフ・ブルトマン 『イエス』
田川建三 『イエスという男』
八木誠一 『イエス』 清水書院・人と思想シリーズ
遠藤周作 『イエスの生涯』
フランソワ・モーリヤック 『イエスの生涯』 など

キリスト教 ランキング

キリスト教のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む