サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年5月)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 新書・選書・ブックレット
  4. イデア 美と芸術の理論のために

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

イデア 美と芸術の理論のために(平凡社ライブラリー)
  • みんなの評価 5つ星のうち 2 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2004.6
  • 出版社: 平凡社
  • レーベル: 平凡社ライブラリー
  • サイズ:16cm/420p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-582-76504-1
  • 国内送料無料
新書

紙の本

イデア 美と芸術の理論のために (平凡社ライブラリー)

著者 E.パノフスキー (著),伊藤 博明 (訳),富松 保文 (訳)

芸術を否定したプラトンの「イデア」概念が、中世・ルネサンス・マニエリスム・古典主義と、様々に姿を変えながら、ヨーロッパの芸術理念の中心を占めるに至る芸術思想のドラマを描く...

もっと見る

イデア 美と芸術の理論のために (平凡社ライブラリー)

1,620(税込)

ポイント :15pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

芸術を否定したプラトンの「イデア」概念が、中世・ルネサンス・マニエリスム・古典主義と、様々に姿を変えながら、ヨーロッパの芸術理念の中心を占めるに至る芸術思想のドラマを描く。原著第2版の新訳。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

E.パノフスキー

略歴
〈パノフスキー〉1892〜1968年。ドイツ生まれの20世紀を代表する美術史家。プリンストン高等研究所教授等を務めた。美術作品の意味を解釈するイコノロジー(図像学)の創始者。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価2.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (1件)

2005/03/25 17:00

投稿元:ブクログ

パノフスキーは、意外なくらい「読める」。もちろん簡単じゃないけど、なにしろその記述が明解で論理的なので、コワモテな階段であっても、丁寧に歩を進めれば、いつのまにか意外なくらい高いところにつれて行ってくれる。美とは何か。その観念はどのようにギリシャからヨーロッパへ受け継がれ、変容していったのか。プラトンの思想がどうキリスト教世界の中で消化されたのか。本の半分は膨大な註なのだけど、煩雑でもいちいちその註をめくって読んだ方がいいと思う。とにかく、この本を刺激的に読むには、その記述に沿うように「丁寧に」読むのが一番だ。まさに大お勉強大会。しかし、つくづく思うのは、重要な文献て驚くくらい日本語に翻訳されてないのね。引用元を読もうと思っても、かなりの部分がガイコクゴのまま。まさかラテン語読める必要はないんだろうけど、英語が読めないというのは致命的なんだなぁ。イコノロジー研究上下巻も読んでみますか。長ー。

2015/08/02 09:11

投稿元:ブクログ

うーん。プラトンだからと思うけどちょっと古典的で美の感覚があまり共有できない。もっと現代的な視点で美を論じているのを読みたい。

2013/03/21 01:05

投稿元:ブクログ

読みやすかった。「イデア」の変遷を古代から古典主義に至るまで、丁寧にまとめられていたと思う。特に、古典主義の芸術理論の批評的態度は興味深かった。哲学から芸術理論への道筋を、中立的な立場をもって論じていた印象。色々と参考になります。します。

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む