サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイント最大100倍キャンペーン(~3/31)

翔泳社祭2019 全品ポイント10倍 ~4/15

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ねじれた家(クリスティー文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 24件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2004/06/01
  • 出版社: 早川書房
  • レーベル: クリスティー文庫
  • サイズ:16cm/383p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-15-130087-2

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

文庫

紙の本

ねじれた家 (ハヤカワ文庫 クリスティー文庫)

著者 アガサ・クリスティー (著),田村 隆一 (訳)

ねじれた家 (ハヤカワ文庫 クリスティー文庫)

税込 907 8pt

ねじれた家

税込 720 6pt

ねじれた家

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 5.5MB 無制限
Android EPUB 5.5MB 無制限
Win EPUB 5.5MB 無制限
Mac EPUB 5.5MB 無制限

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー24件

みんなの評価4.0

評価内訳

紙の本

頼りにならない主人公の味わい

2018/10/17 17:59

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:つきたまご - この投稿者のレビュー一覧を見る

他の方のレビューにもあるように、他作家の作品と比べられがちな、この作品。比べられた挙げ句に酷評されている場合もありますが、私にとっては、かなり好きな作品です。
探偵役の男性が出てくるわけですが、びっくりするほどの頼りなさです。読んでるこっちが「いやいや、こうしろって言われてたのに、何でやらないの!?」と心配してあげなきゃいけない始末です。物語的には探偵役のはずなのに、まるでポアロに感謝される余地のないヘイスティングズです。
こういう部分のせいで、“いつの間にか謎を解いてる万能探偵”を求めていた人々に酷評されてしまうのかもしれません。
しかし、その主人公を心配しつつ応援しながら読んでいた“親心のような感覚”だった人ほど、結末を経て、本当に心に残る作品になるのではないかと思います。
確かに、ポアロやマープル好きの方には、微妙かもしれません。クイン氏や愛の小説が好きな方なら、結構いけるのではないかと予想します。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

第二次世界大戦後

2018/01/29 16:54

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:igashy - この投稿者のレビュー一覧を見る

女性も昔のような秘書や女優(も出てくるけど)だけじゃなく、外務省の役人や科学者も登場。多分初読。  このタイプの犯人の小説も書いていたんだー、という感想。遺伝性/生来性犯罪者的な、今となっては炎上必至の内容だけど、主人公のちょっと間抜けな良い人ぶりにも助けられて楽しんだ。  しかし被害者、それ程「ねじれて」いないよなぁ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

類型作とは見事に違う切り口から描かれた作品

2017/12/20 17:45

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ザパンダ - この投稿者のレビュー一覧を見る

この作品は犯人像から某有名作と比較されがちだが、
この犯人像の作品にありがちな「犯人に人格描写がない」という事はなく、
きっちりと犯人に人格が与えられ、探偵役と交流を持てている点が好感を持てる。
某有名作の犯人が意外だったのは実は「〇〇が犯人」だったのではなくそれに加えて「人格がほとんど描写されていない影の薄い人物」が犯人だったという点が大きいと思う。
それに対してこの作品はキッチリと違う切り口から挑戦している。そのため犯人は比較的わかりやすいが、それでも楽しく読める作品だ。
あと、動機については、表面に出された動機はキッカケでしかない気がする。
本当の動機は「遊び」もしくは「注目を浴びたい」といった愉快犯のような気がする。
少なくとも一件目の殺人を行ってからの犯人の行動は尋常ではない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

決して最良のクリスティーとは言えない作品

2004/10/20 23:47

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:名づけえぬもの - この投稿者のレビュー一覧を見る

 この『ねじれた家』という作品を読み終わってまず持った感想は、エラリー・クイーンの或る作品(ネタバレになる可能性があるのでここでは作品名を明かさない)に似ているということである。状況設定も犯人像も類似している。しかし、クイーンのその作品は堂々たる本格ミステリーという態をなしているのに対して、『ねじれた家』は何か喰い足りないような印象を与える。その理由の一つとしてはまず、いわゆる探偵役がここには存在していないということがある。もちろんこの作品にはチャールズという主人公がいて素人探偵のようなことをするのだが、彼はいつも何か頼りない印象でクイーン作品に出てくる探偵とは全く異なる人物像をなしている。さらに、クイーン作品とは異なり、『ねじれた家』では犯人を見つけ出すための様々な痕跡、証拠、アリバイ、証言などが列挙されることはなく、ただ漫然と犯人を探し出すためのヒントがちりばめられているだけであり、犯人発見も探偵が論理的推理に基づいてなされるのではなく、また漫然と外部からもたらされるという印象を受ける。
 
 結論を言えば『ねじれた家』という作品はゆるくなった或るクイーン作品以上のものではないだろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/10/16 17:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/07/28 00:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/09/12 18:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/01/17 16:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/03/07 23:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/05/11 15:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/10/12 23:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/03/25 14:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/07/11 18:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/01/08 02:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/08/14 01:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

英米 ランキング

英米のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。