サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン(~3/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ねじれた家(クリスティー文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 21件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2004.6
  • 出版社: 早川書房
  • レーベル: クリスティー文庫
  • サイズ:16cm/383p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-15-130087-2

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

ねじれた家 (ハヤカワ文庫 クリスティー文庫)

著者 アガサ・クリスティー (著),田村 隆一 (訳)

ねじれた家 (ハヤカワ文庫 クリスティー文庫)

864(税込)

ねじれた家

720(税込)

ねじれた家

ポイント :6pt / 紙の本より144おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー21件

みんなの評価3.9

評価内訳

紙の本

決して最良のクリスティーとは言えない作品

2004/10/20 23:47

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:名づけえぬもの - この投稿者のレビュー一覧を見る

 この『ねじれた家』という作品を読み終わってまず持った感想は、エラリー・クイーンの或る作品(ネタバレになる可能性があるのでここでは作品名を明かさない)に似ているということである。状況設定も犯人像も類似している。しかし、クイーンのその作品は堂々たる本格ミステリーという態をなしているのに対して、『ねじれた家』は何か喰い足りないような印象を与える。その理由の一つとしてはまず、いわゆる探偵役がここには存在していないということがある。もちろんこの作品にはチャールズという主人公がいて素人探偵のようなことをするのだが、彼はいつも何か頼りない印象でクイーン作品に出てくる探偵とは全く異なる人物像をなしている。さらに、クイーン作品とは異なり、『ねじれた家』では犯人を見つけ出すための様々な痕跡、証拠、アリバイ、証言などが列挙されることはなく、ただ漫然と犯人を探し出すためのヒントがちりばめられているだけであり、犯人発見も探偵が論理的推理に基づいてなされるのではなく、また漫然と外部からもたらされるという印象を受ける。
 
 結論を言えば『ねじれた家』という作品はゆるくなった或るクイーン作品以上のものではないだろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/10/16 17:17

投稿元:ブクログ

「一番怪しくない人物が犯人」というセオリーどおりの展開なんですが…現代の犯罪事情を先取りしているとみるべきか、話を面白くするこじつけとみるべきか…。

2005/07/28 00:03

投稿元:ブクログ

衝撃的な形で犯人が分かるのだけれど、その文章を読んだ時には、しばらく本を読む手が止まってしまった。意味を反芻するのに時間がかかった。かなり好きな作品。

2006/09/12 18:40

投稿元:ブクログ

トリック、謎解きといった部分をほぼ排除し、ねじれた一家にのみいスポットをあてた風変わりなミステリー。

2010/01/17 16:11

投稿元:ブクログ

「これこそほんとに悪夢よ。よく知っている人たちの中を歩きまわり、その人たちの顔を見る——と、突然、顔が変わってしまうの——もうそれは、知ってる人じゃない——見知らぬ人、それは残忍な見知らぬ人なのよ・・・・・・」

クリスティ、ねじれた家でした。
あぁーー読後が何となく悪いのだ。
なんだか、どよーーんとしているというのか、すごいっていうのか、まさかまさかと行った展開に唖然としました。。。
凄い「えぇっ」という驚きではないのだけれど、「うわぁ・・・」という少し愕然とした感じでしょうか。
さて、次は何を読もうかなぁ。景気よくポアロなんて読みたい気分。

【1/14読了・初読・大学図書館】

2007/03/07 23:23

投稿元:ブクログ

クリスティらしさの溢れた本。名探偵は出て来ませんが良い味出しています。中の描写がエラリィのYの悲劇に似ている気がします。うろ覚えですが。

2010/05/11 15:14

投稿元:ブクログ

解説(末國善巳)P380~381にかけて、明らかな間違い有り。
ロジャーの妻クレメンシイは舞台女優。フィリップの妻マグダが科学者となっている。逆である。
私が読んだのは、第2刷なので、間違いをそのままに重版している。

2008/05/20 18:42

投稿元:ブクログ

ノン・シリーズ。クリスティ自身のトップ十の作品。そういうだけあってか、なかなか面白く、犯人も某作品を思わせる作品です。ただ、前半がいささか退屈したりしますが、中盤に入ってくると(ミステリとしてはまだですが)ドラマが面白くなってきます。まあそうはいっても、ミステリとしても良作です。

2009/10/12 23:42

投稿元:ブクログ

2009-10-08読了
アガサは最後までわくわくしながら読めるからいいよね。
小さい頃好きだったのって大人になっても変わらず好き。

2010/05/11 22:40

投稿元:ブクログ

ねじれてた・・・ なんだか怖い話だった。着々と話が進み、いいタイミングで次の事件が発生!面白かった。

2013/03/25 14:20

投稿元:ブクログ

2年間の海外赴任から帰国したチャールズ。恋人のソフィアとの再会。彼女の祖父アリスタイド・レオニデスの死。殺人事件として疑う家族。父親である警視総監ヘイワードの協力でレオニデス家にやってきたチャールズ。アリスタイドの若い後妻ブレンダ。ブレンダとの関係を疑われる家庭教師ローレンス。事件直前まかされていたレストラン・チェーンを破産させた長男ロジャー。消えた遺言状。チャールズに事件の秘密を語るソフィアの妹ジョセフィン。ジョセフィンが見たというブレンダとローレンスの恋文。事件の秘密を知ると公言するジョセフィン。何者かに襲われ重傷を負うジョセフィン。事件直後に荒されたジョセフィンの部屋と恋文。

2010/07/11 18:08

投稿元:ブクログ

ねじれた性格の家族が集う富豪一家。
あの有名な海外ミステリと同じような結末。
でもクリスティーならではの人物描写でぐいぐいと読ませてしまう。

2012/01/08 02:48

投稿元:ブクログ

アガサ・クリスティの作品に惚れ込むきっかけになった本です。たまたまタイトルに興味をもち手に取りました。この本に出会わなかったらこのあとクリスティの小説を何十冊も読むことはなかったと思います。一番好きな作品です。ぜひぜひ

2011/08/14 01:00

投稿元:ブクログ

本書は、名家の娘との婚約。
家のことを話さずに婚約しようとしう話は、個人主義の時代の賜物だろうか。

富豪の性格を引き継いだのは、ジョセフィンだと思った。
てきぱきしていて、情報の裏を取る。
経営者には必須の能力のように思えた。

正確な情報、行動力、どれをとってもすばらしい。

跡継ぎの可能性については、まったく想像外。
犯人もまったく想像外。

後妻の役割が、いま一歩、薄い気がしたのはなぜだろう。
それに大して、アリスタイドの義姉の役割の大きさに驚いた。

ps.
探偵物、捜索物を読んでいると、似た設定、似た展開のものが多いことに気がつく。
SFでも同様のことがあるが、SFの場合には名前、時代を容易に変更できるので、自分では気がつかないことも多い。

アガサクリスティは、全部Reviewを記録して、比較してみることにしようと思った。

2011/12/30 20:58

投稿元:ブクログ

もうアガサ先生の作品は”悪”という観点でしか見きれなくなった。

悪というのは純粋であるからこそ、犯人は子供というのはすごく単純かな。

クリスティー文庫 ランキング

クリスティー文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む