サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~1/31

丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー  よりよい人間関係のために ー学び直しと悩み解決のヒントー ~2/16

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 8件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2004/06/11
  • 出版社: 福音館書店
  • サイズ:20cm/363p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-8340-0664-6

紙の本

最後のシュート

著者 ダーシー・フレイ (著),井上 一馬 (訳)

バスケットボールにかけた4人の高校生を追ったノンフィクション。凶悪犯罪が頻発する貧しくすさんだ暮らしから抜け出すただ一つの希望、最後の手段としてバスケットを捉え、悩みなが...

もっと見る

最後のシュート

税込 1,650 15pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

バスケットボールにかけた4人の高校生を追ったノンフィクション。凶悪犯罪が頻発する貧しくすさんだ暮らしから抜け出すただ一つの希望、最後の手段としてバスケットを捉え、悩みながらも進んでいく4人の姿を追う。【「TRC MARC」の商品解説】

バスケットボールはただのゲームですが、ニューヨーク、コニーアイランドでは、それはもっと大きな意味を持っています。多くの若者にとってそれは犯罪や貧しさ、失望にみちた暮らしから抜け出すただ一つの希望、最後の手段なのです。この本は地元のスターとして、ニューヨークの強豪校リンカーン高校のチームのメンバーとして、バスケットボールにかけた四人の高校生を追ったノンフィクションです。彼らは大学の奨学金を得て、この界隈から抜け出すことを夢見ています。彼らの夢と現実が深い共感をもって描かれています。【商品解説】

著者紹介

ダーシー・フレイ

略歴
〈フレイ〉『ニューヨーク・タイムズ・マガジン』などに定期的に寄稿している気鋭の作家。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー8件

みんなの評価3.7

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

アメリカンドリームは凡人には成し難いことを思い知らされる本です

2004/09/09 14:39

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:つきこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

この本を読み終えた日は、偶然にも田臥勇太が日本人として初の米NBA入りを果たすというニュースが流れた日でもあった。
 田臥がNBAプレーヤーになるまでには様々な困難があったことと思う。しかし同じようにバスケットで成功することを夢見ながらスラムに暮らす黒人少年達の前に立ち塞がる困難とは全然別のものだ。
 本書はニューヨークはコニーアイランドにあるリンカーン高校の強豪バスケット部のスター選手4人の物語である。彼等は強く才能に溢れている。(4人のうちの一人は現在NBAで活躍中でアテネオリンピックの米ドリームチームにも選出されているような選手だ。)
 彼等がめざすのはスポーツ奨学生として有力な大学でプレーすること。その先にはNBAでプレーすることも含まれるが、目下の最大の目標は奨学金を得てスラムを脱出することだった。
 彼等ほどの才能と実力があればその目標は容易にクリアできそうな気がするが、アメリカでは奨学金獲得に際しSATという学力テストを課しており基準点をクリアできなければ大学への進学そのものが断たれてしまう…
 大学へ進学できなければスラムの貧しい生活から抜け出す術はない。失敗すればまさにゼロしかない状況。
 また将来の金の卵候補に群がるスポーツ関係者、甘言を弄し近付いてくる大学のスカウトマン、家族の期待とプレッシャー。その間にも銃や麻薬で命を落とす友人・知人、自分もいつ撃たれるかという恐怖。そういったもろもろのことにも耐えていかなければならない。
 すでに一芸に秀でていながらさらに多くを要求される彼らの姿が痛々しい(訳者あとがきで明らかにされるが4人のうちのひとりラッセルのその後には胸を衝かれる)。
 超人的なプレーだけでは越えられないいくつもの困難。そういった困難をひとつひとつクリアしていって初めてかなうプロ入りの夢。
 アメリカンドリームをかなえるのは本当に並大抵のことではないと改めて思い知る。
 本書では時に唖然とさせられ、時には眉をひそめたくなるようなエピソードとともに米バスケット界をとりまく現状と問題点が語られる。人種の問題。貧困の問題。スポーツを題材としていながらその読後感ははっきりいって重苦しい。だがそれだけに読みごたえは十分だ。
 全米でバスケットボールの男子高校生プレーヤー数50万人、大学への奨学金を手にする者の数はわずか1パーセント以下。その過酷な現実があますことなく語られている。
 

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2009/06/16 23:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/02/25 00:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/10/09 09:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/01/25 13:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/09/23 18:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/05/18 04:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/08/27 08:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。