サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

本の購入で全員もらえる!100万ポイント山分けキャンペーン(~2/28)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 9件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2004/06/25
  • 出版社: 角川書店
  • レーベル: 角川文庫
  • サイズ:15cm/279p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-04-365306-9

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

文庫

紙の本

新耳袋 現代百物語 第6夜 (角川文庫)

著者 木原 浩勝 (著),中山 市朗 (著)

人に語られ、人に伝わってこそ怪談に命が宿る――。この世の不思議と底知れぬ怖さを垣間見る、怪談本の決定版。【商品解説】

もっと見る

新耳袋 現代百物語 第6夜 (角川文庫)

税込 704 6pt

新耳袋 第六夜 現代百物語

税込 638 5pt

新耳袋 第六夜 現代百物語

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

このシリーズの最新巻を自動購入できます

続刊予約とは

今後、発売されるシリーズの本を自動的に購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • ①お気に入りのシリーズは買い忘れしたくない
  • ②不定期の発売情報を得るのが面倒だ
  • シリーズ購読一覧から、いつでも簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
iOS EPUB 5.2MB
Android EPUB 5.2MB
Win EPUB 5.2MB
Mac EPUB 5.2MB

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

著者紹介

木原 浩勝

略歴
1960年生まれ。怪異蒐集家。著書に『都市の穴』他。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー9件

みんなの評価3.9

評価内訳

紙の本

怖いけど読みたい

2004/07/25 13:58

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:冬可 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 「新耳袋」も「第六夜」まで読み進めてきました。まだ読んでいない人にお話しするとすれば、これは必ずしも「ほんとにあった怖い話」というのとは違うんですよ。私がこのシリーズを読み続けるのは、「本当にあった話」ということと、作者の真摯な取材と編集に対する気持ちに信頼を置いているということもあるんだけど、中には「怖くない話」もあるんです。怖いのは無限に怖いけれど。訳も理由もわからないけれど、ある日突然とか、いつもいる場所でとか、今まで生きてきた中でたった1回だけだとか、そんなふうにふつうに生きているふつうの人が経験したことを、感情や検証討論とかそんな無駄な物を加えずに語ってあるのがいいのかもしれません。誰がなんと言っても実際に経験したという強みのような、だからといってそれを声高に言ったり理由を無理矢理追求したり、周りに押しつけたりしていないところもいいですね。あ、それからもうひとつは、「夜にまつわる〜」とか「建物にまつわる〜」とか「路上で出会った〜」なんていうふうにまとめてあるのも読みやすいかも。この「第六夜」では、「噺家に関する六つの話」というのが新しいですね。やはり芸能関係のお仕事をしている人の体験談はとても多いけれど、それ以外のお仕事の人がひとまとめにされて紹介してあるのは初めてです。まあ、噺家さんもラジオテレビとは縁がありますけど。ほかに「第六夜」には「絆を感じる話」が14話まとめられていたのが良かったですね。個人的には「約束」が好きでした。ただ単に怖いと言うだけでなく、読んだ方それぞれに心に残るお話が在るかもしれません。どうですか? 新耳袋で未知の扉を開いてみては。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

階段の上には怪談

2004/07/06 15:00

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:中村静英 - この投稿者のレビュー一覧を見る

無味無臭な日常の中で、頭のはじに色彩を感じる一瞬がある。
色彩に反応すれば、ぽっかりとあいた穴に出会う。
例えば、自分しかいない家の中、タシタシ、と何かが階段を踏む音。
例えば、すこうし開いた襖の向こうの、たくさんの目。
例えば、ふと目覚めた真夜中、枕元に座る小さな人。
それは、異界がそこかしこに仕掛けた無数の罠。
気付いた者だけが落ちて行く。
99の異界は、ここにある。
100番めの物語に、心当たりがあるのでは?
特別なことなど何もない。
よくあるさりげない不思議が集まり、極上の恐怖になる。
この世は、生者だけのものでは、ない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

救いが

2017/08/04 20:29

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:るう - この投稿者のレビュー一覧を見る

11話のエピソードはいいなあ。大切なペットと死に別れた身には救いに思える。逆に嫌な気分になったのは14話の「訪問者」。日常に介入してくる存在には恐怖を覚える。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

ちょっと物足りないかな?と

2015/09/25 13:27

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:気まま - この投稿者のレビュー一覧を見る

新耳袋百物語のシリーズの中で、一番評価が良かったので購入しました。
さらっと通り過ぎるように、話が次々と書かれて有りますが、やっぱりこうゆう話には当然、落ちが無く、聞くよりも読む方が物足りなさも感じます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/09/27 14:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/09/11 19:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/08/01 21:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/02/20 19:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/10/31 23:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。