サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

honto7周年&会員500万人突破記念!hontoポイント最大7倍キャンペーン(~6/30)

honto7周年&会員500万人突破記念!hontoポイント最大7倍キャンペーン(~6/30)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

「心のノート」の方へは行かない(寺子屋新書)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2004.7
  • 出版社: 子どもの未来社
  • レーベル: 寺子屋新書
  • サイズ:18cm/213p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-901330-44-2
新書

紙の本

「心のノート」の方へは行かない (寺子屋新書)

著者 岩川 直樹 (編著),船橋 一男 (編著)

教科書でも副読本でもない「心のノート」。国からのこの不思議なプレゼントは、11億円もかけて、いったい何のために贈られたのか。多角的な視点からこのプレゼントを吟味し、それに...

もっと見る

「心のノート」の方へは行かない (寺子屋新書)

税込 864 8pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

教科書でも副読本でもない「心のノート」。国からのこの不思議なプレゼントは、11億円もかけて、いったい何のために贈られたのか。多角的な視点からこのプレゼントを吟味し、それに代わる人間的・社会的成熟の道を模索する。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

倫理的・道徳的成熟の分水嶺 岩川直樹 著 13-58
「心のノート」は対話を可能にする宝物となりうるか 越生達 著 59-100
「心のノート」と今日の子ども・若者の規範意識 長谷川裕 著 101-146

著者紹介

岩川 直樹

略歴
〈岩川〉1960年清水市生まれ。東京大学文学部心理学科卒業。埼玉大学教育学部助教授。
〈船橋〉1959年神奈川県生まれ。埼玉大学教育学部助教授。日本生活教育連盟会員。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

政府に都合の良い国民づくりめざした、現実を見ない「心のノート」

2004/09/20 07:52

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:未来自由 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 教科書でも副読本でもない。教科書検定の対象でもなくチェックシステムもない「心のノート」。この「心のノート」とは何なのか。何を目的とし、子どもたちに何を伝えようとするのか。
 すでに「心のノート」に対する問題点や批判があちらこちらで言われている。本書は5人の執筆者がそれぞれの専門分野から、「心のノート」の内容と問題点を指摘する。

 「『心のノート』は、そのほとんどが脱文脈的なイラストや抽象的なスローガンで構成されている」「『心のノート』はいっさいの検討や話し合いを飛ばして、抽象的なスローガンが一方的に子どもに与えられる」
 「心のノート」は、道徳の問題をもっぱら「心」の中の問題へと還元し、現実に生きている社会や人間関係などを考慮していない、という。
 いたるところで問いは発せられるが、その問いに対する検討はなく、一方的な答えのみが示されている、という。

 「自分の心を善悪二つに割って、その一方をたたくことでひとは道徳的に成熟するのか」「思春期の子どもや若者が必要としているのは、心を分割する姿勢の強化ではなく、自己を統合する葛藤との共鳴ではないのか」

 読めば読むほど、「心のノート」は一方通行の押し付けものという印象を受ける。そして、現実に子どもたちが悩み、迷い、葛藤するなかで成長していく手助けになるとは思えない。
 悩む過程も成長の過程に必要であるが、「心のノート」は悩むことさえ許されない。
 たとえば「笑顔でい続ける」ことが善であり、そうでないことは悪というような決め付け方である。はたして人間が生きていくうえで笑顔だけで生きていけるだろうか。悲しみや苦しみ、時には怒りにさえ、生きるうえで必要なことがある。

 そんなことをまったく考えない「心のノート」。その狙いが政府に都合の良い国民づくりと、方々で指摘されているが、それしか考えられない内容である。
 人間とは何か、人の成長とは何かを、あらためて私達が考えることが必要だろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2010/06/03 23:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。