サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー 『大人のための「絵」本』 ~10/28

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 暮らし・実用の通販
  4. 妊娠・出産・育児の通販
  5. 草思社の通販
  6. あたりまえだけど、とても大切なこと 子どものためのルールブックの通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 30件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2004.6
  • 出版社: 草思社
  • サイズ:19cm/254p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-7942-1320-4

紙の本

あたりまえだけど、とても大切なこと 子どものためのルールブック

著者 ロン・クラーク (著),亀井 よし子 (訳)

ハーレムの底辺校から優秀児を輩出し、米国で最も優秀な教師に選ばれた著者が、生徒に教える基本ルールを紹介。日常のマナーから生きる指針まで、子どもに充実した人生を送ってほしい...

もっと見る

あたりまえだけど、とても大切なこと 子どものためのルールブック

税込 1,540 14pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ハーレムの底辺校から優秀児を輩出し、米国で最も優秀な教師に選ばれた著者が、生徒に教える基本ルールを紹介。日常のマナーから生きる指針まで、子どもに充実した人生を送ってほしいと願う全ての人に贈るルールブック。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

ロン・クラーク

略歴
〈クラーク〉ノース・カロライナ出身。大学卒業後、各地を冒険旅行したのち、小学校教師となる。2001年ディズニー社主催「全米最優秀教師賞」受賞。現在、各地で講演活動も行う。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー30件

みんなの評価4.0

評価内訳

紙の本

自分たちのルールブックを作る「手本」と考えて読んで欲しい

2005/03/01 23:58

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:おーなーしぇふ - この投稿者のレビュー一覧を見る

子どものための、社会生活における基本ルールを紹介した本。しかし、単なる「マニュアル本」ではない。著者の、子どもに対する愛情と教育へ注ぐ情熱を読み取ることが大切である。各自の実情に合ったルールブックをつくるための「手本」と考えて読んで欲しい。


著者は28歳でディズニー社主催「全米最優秀教師賞」を受賞した小学校教師。その著者が毎年うけもちの生徒に教えるという50のルールをエピソードを交えて紹介。「大人の質問には礼儀正しく答えよう」「相手の目を見て話そう」「だれかがすばらしいことをしたら拍手をしよう」など、社会生活における基本ルールが簡潔にわかりやすく示されている。

一見、子どもにルールを教えるための「マニュアル本」と思われるかもしれない。たしかに、紹介されているルールはすべて具体的かつ実践的であり、子どもに常識を教えるための格好の手本といえる。そのまますぐに使いたいと考える人もいるだろう。しかし、実は単なるマニュアル本ではない。ルールそのものより学ぶべきことがある。

本当に学ぶべきなのは、著者の、子どもに対する愛情と教育へ注ぐ情熱なのである。子どもたちに社会生活の基本を教えることが重要と考えた著者は、自ら子どもたちのためのルールをつくるとともに、身に付けさせるために努力も惜しまなかった。このように、子どものために著者がどう考え、どう行動したのかという点こそ注目すべきである。

要するに、本書で紹介されたルールを単純に利用するのではなく、「自分(たち)の場合、子どもたちにどんなルールを教えることが重要なのか?」を考え、実践していくことこそ肝心なのである。その意味で本書は、それぞれの人がそれぞれの実情に合ったルールブックをつくるための「手本」と考えて読んで欲しい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

お手軽なマニュアル本

2004/10/27 12:18

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:風知草 - この投稿者のレビュー一覧を見る

最近流行のいわゆる「マニュアル本」です。
常識が分からず社会生活に支障をきたしている大人が
子育てに行き詰まった時は多少参考になるかもしれません。

この本に記載されているひとつひとつのルールを頭に
叩き込んで実践するよりは、人として生きていくための
もっと根っこの部分が育つように、子どもを導いていく事の方が
大事なのではないでしょうか。この本の中のルールが枝葉とすれば、
根の部分がしっかり育った子どもはおのずと自分でルールを
みつけられると思います。
羅列されているルールを守りさえすれば、立派な大人になれるわけ
ではないでしょう。

子どもが自分で考え行動できる人間になるための手伝いをするのが
大人の役割だとすると、自分で考える事をせずに、ただこの本の
ルールを守らせようとする大人の言うことに、子どもは耳を傾ける
でしょうか?

この手のマニュアル本に頼って教育の現場に活かそうとしても、
生徒の信頼は得られないと感じました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2005/01/26 00:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/02/11 19:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/09/24 16:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/05/05 12:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/02/01 01:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/09/22 16:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/09/07 21:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/01/27 15:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/05/18 04:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/12/23 09:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/05/17 13:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/06/02 01:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/02/20 15:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。