サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー 編集者がオススメする他社の本!(~12/10)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 小説・文学
  4. トンデモ本?違う、SFだ!

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

トンデモ本?違う、SFだ!
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.6 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2004.7
  • 出版社: 洋泉社
  • サイズ:19cm/222p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-89691-832-0
  • 国内送料無料

紙の本

トンデモ本?違う、SFだ!

著者 山本 弘 (著)

プロペラ機で火星へ飛んだり、自転車が生物だったり、地球は昔平らだったり。過去に書かれたバカ力に満ちた偉大なSFの数々を「と学会」会長・山本弘が一挙紹介。『MONOマガジン...

もっと見る

トンデモ本?違う、SFだ!

1,620(税込)

ポイント :15pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

プロペラ機で火星へ飛んだり、自転車が生物だったり、地球は昔平らだったり。過去に書かれたバカ力に満ちた偉大なSFの数々を「と学会」会長・山本弘が一挙紹介。『MONOマガジン』連載に加筆、書き下ろしを加えて再構成。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

山本 弘

略歴
〈山本弘〉SF作家。トンデモ本を研究する「と学会」会長。著書に「ギャラクシー・トリッパー美葉」「トンデモノストラダムス本の世界」「神は沈黙せず」「百鬼夜翔水色の髪のチャイカ」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.6

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

このSFに対するこの熱さ

2005/11/09 20:54

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:読み人 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 これは、コアなSFファンでありSF作家でもある、山本弘さんの、
過去、いかに面白いSFがあり
且つ自分がどのようにしてSFから沢山の事を学んだかを、
紹介してくれている本です。
 SFの黎明期19世紀の終わり、ジュール・ベルヌあたりから
今日の、日本のライトノベルと言われる、ティーン向けの
 物まで満遍なく独断と偏見(!?)で紹介しています。
 僕は、SFを読むようになったと、いっても、
W・ギブソンの、”サイバー・パンク”あたりから、なので
 面白い本を読む延長で、基礎教養(!?)としてSFを齧っている
僕としては、大変助かります。
 残念なのは初期の作品の殆どが、現在絶版状態で、
且つ、古本でも素人には殆ど手に入らないものばかりだと、
いうことです。
 こういう時こそ、神田の古書店街を捜しながら歩くのが、
楽しいのでしょうねぇ。
 もう一点は、昔は早川のSFの文庫本の表紙を
松本零士さんが描いてたりすることです。
 今は、横山宏とか描いてますが、
当時は、日本SF界のSF的ヴィジュアルの先頭をいってたみたいです。
 又、B級映画とか、よく云いますが、
SFでも、何所からがB級でどこからがA級という境目は、
 SFファンでよくいう、センス・オブ・ワンダーがあるかどうか、
とか、新しいヴィジュアルが、どうのと、
いう難しい価値基準でなく、
 単純に、SFに対してバカになれるかどうか、だ。
という、論点は、単純でかつ明快で判り易いです。
 常に、簡単なプロットとともに紹介されているのですが、
そのプロットを読んだだけで、
 山本弘さん自身が熱く語っているので、
(ここまでで本編のたった40ページ!。とか、)
こちらも、熱く読んでしまい。
 プロットを読んだだけで全て読んだかのような錯覚に陥り、
かなり疲れました。
 熱く読んでいると、いうことは、もうコアなSFファン!?。
 読みたい本が沢山出来ました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

「SFは面白い!」「この小説ときたら、こたえられん!」 著者の熱い心意気が、ひしひしと脈打つガイドブックです。

2009/05/29 21:03

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:東の風 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 「SFは、こんなに面白いんだぜ!」って著者のSFへの愛が、ひしひしと伝わってくるSFガイドブック。ジュール・ヴェルヌの『月世界旅行』、C・L・ムーアの『暗黒神のくちづけ』、エドモンド・ハミルトンの「反対進化」と、取り上げた作品のどこがどんなふうに面白いのか。バカな発想に貫かれているか。著者のSF魂をいかにわくわくさせ、「すっげぇーーー!」と小躍りさせたか。それが、紹介・案内文の隅々まで脈打っていて、読んでいて、とても気持ちのいいガイドブックでしたね。

 チャールズ・F・ハーネス「現実創造」や、ダニエル・F・ガロイ「今宵、空は落ち・・・」、エイヴラム・デイヴィッドスン「あるいは牡蠣でいっぱいの海」など、トンデモな奇想に満ちたSF作品がいくつも取り上げられているのも嬉しかったな。作品のあらすじ、面白さ、その妙味を、得々と語っていく紹介文が、SFファン冥利にあふれて目がキラキラしてるっていうか、実に何とも幸せそうでいいんですよ(笑) 読んでみたくなった本が何冊もありました。

 【マレイ・ラインスターの魅力】【タイムトラベルSFオンパレード】【海外SF、名タイトル総まくり】、以上三つのインターミッション、幕間のコラムも充実してましたね。<空が暗くなるほどに埋め尽くして飛んでゆくリョコウバトの群れ・・・・・・>(マレイ・ラインスター「時の脇道」)、<南に行くほど時間が速くなる奇妙な世界>(デイヴィッド・I・マッスン「旅人の憩い」)、<山中の館にひっそりと暮らす、八歳ずつ年の離れた九人の女性。実は彼女たちはみんな同一人物>(佐々木淳子「リディアの住む時に」)。おお、今すぐにでも読んでみたいっ!

 本書の続編『トンデモ本? 違う、SFだ! RETURNS』も、おすすめ。続編で、<今回は徹底してリアルに、架空の「怪獣災害」を描ききる。いやもう、怪獣ファンならわくわくするのよ、これが!>と紹介されていた有川浩『海の底』を早速読んでみたら・・・・・・。いや、面白かったのなんのって。面白SF本の水先案内人・山本弘に、最敬礼っ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

小説研究 ランキング

小説研究のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む