サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0628)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

人面町四丁目(角川ホラー文庫)

アプリで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.4 8件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2004.7
  • 出版社: 角川書店
  • レーベル: 角川ホラー文庫
  • サイズ:15cm/245p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-04-369302-3

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

人面町四丁目 (角川ホラー文庫)

著者 北野 勇作 (著)

人面町四丁目 (角川ホラー文庫)

596(税込)

ポイント :5pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

人面町四丁目

583 (税込)

人面町四丁目

ポイント :5pt / 紙の本より13おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全商品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年6月22日(木)~2017年6月28日(水)23:59

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー8件

みんなの評価3.4

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (6件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

奇妙な魅力に溢れた作品世界の源泉とは

2004/07/28 00:03

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:花月 - この投稿者のレビュー一覧を見る

前作がかなり猟奇色が強かったので、タイトルを見て、今回も?と読む前は少し構え気味だった。
しかし、実際、読み始めると予想外にホラー色が薄く、いつもの北野ワールドを堪能することができ一安心であった。

北野ワールドに接するたびに感じるのは、作品全体に漂うどこか懐かしい感覚である。
この感覚は、北野勇作の他の作品の解説などでも取り上げられたりしているが、何故そういう風に感じるのか少し客観的に考えてみた。

描かれる静謐な風景、登場人物の淡々とした語り口や諦観などによって、作品から受ける印象が、どことなく廃墟に似たものとなっている。その廃墟のイメージが一種の懐かしさを感じさせているのではないか。しかし、それだけが理由ではないように思える。
あらためて、主人公の行動パターンを追ってみることにしよう。作中、主人公は、町中を歩き回っているうちにいつの間にか見知らぬ場所や奇妙な場所に行き当たる。ところが、主人公はそのことに大きな疑問も感じずそこで事件を経験し、また元の街に帰ってくる。このパターンは、よくよく考えてみると夢の構造に似ていることに気づかされる。
その上、いつもの見知った街の普段は曲がらぬ角や路地に入り込み異世界を垣間見るのは、夢だけではなく下校時の寄り道などで子供時代に誰しもが体験した事でもあろう。

こんな風に読者に夢や子供時代の既視感を与えることが、北野ワールドに「どこか懐かしい」といった印象を抱かせる大きな理由なのではないだろうか。

今回の作品には、北野ワールドおなじみのキャラクターもさりげなく出てきたりするので、以前からの北野ファンにはうれしいお土産となっている。
猛暑の夏にふと立ち止まって、ちょっとした奇妙な懐かしさを味わってみるものまた一興であろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/09/29 00:50

投稿元:ブクログ

そいつの頭には頭蓋骨がなく、握るとぐにゃりと潰れてしまった。泣きながら訴える妻のために、私はそいつを捕まえに出かけたのだ。それがすべての始まりとも知らずに…。人の存在の危うさを描く北野ワールド最新作

2006/04/15 10:15

投稿元:ブクログ

大災害後、遺体安置所で知り合った女性に連れられ、やってきた人面町。

彼女を妻とし、暮らし始めた作家“わたし”の奇妙な日常生活。



ホラー文庫の連作短編集で、それぞれに「鱗を剥ぐ」だの

「耳を買う」といった、いかにもな副題がついてるけどホラーの味わいはそんなに強くはない。

そこはかとない恐怖はちりばめられてるものの可笑しみのある文章と

昭和の匂いがするどこか懐かしい人面町のイメージが穏やかな読後感を残す。

人面町はどこかズレた不思議な町で毎度“わたし”は

怪しげな人物、奇妙な生き物、怪現象に遭遇するのだが

とまどいながらも妻に丸め込まれたりしながら日常として受け入れてゆく。

SFのティストが強い作品なんだけど不思議なものを不思議なままで

放り出した感覚はなんとも新鮮だった。

とりわけ“わたし”が喫茶店で原稿を書いていると

巨大な鶏が闖入してくるくだりはあまりのシュールさに大爆笑。

どの話もはっきりした落ちがなく全編読み通しても

人面町はぼわーんとした印象のままで心に引っ掛かる。

日常生活が不思議に満ちたこんな町で

気さくな奥さんと暮らすのはきっと楽しいだろうなあ。

2005/05/15 17:17

投稿元:ブクログ

不条理ワールド。何が何だか意味不明だが、そこが妙にハマる。読み手を選ぶ作品だと思います。そんなにホラーだとは思わなかったな。

2005/10/07 09:58

投稿元:ブクログ

題名にひかれて買った1冊の本というのはたいがい面白くもなんともない!
でも、これはよかったですよー
起承転結はあまり気にせずに、細かい事はこだわらずに、想像力だけが一人歩きするような内容の奇天烈きわまりない町の事柄が書かれています。
前に紹介した「異邦人」とはまた違った奇天烈さに妄想ふくらませつつ。。。ウヒヒ
どの章から読み始めてもOKです。
見かけたら是非手にとってパラパラと見てみて下さい。

2006/04/26 21:01

投稿元:ブクログ

個人的には北野氏の小説はとても好きなのだけれど、人を選ぶ感じがしてなかなか薦められません。どちらかというと感覚的な話が多くてもにょもにょする感じを楽しむ小説だと思うんですが、理屈で読む人は「で、結局アレは何なの?」「オチは?」というところが気になってしまってあまり楽しめないんじゃないかなと思います。

2013/10/06 21:20

投稿元:ブクログ

何だったのか、何者なのか、何一つ明確な答えは出ない。
白黒つけず、グレーにもならないおぼろげなモノを許せる人向け。
ぼんやりとそんなものなんだと思える世界が面白い。
転がり落ちた山の上の世界が妙にリアルで惹かれた。

2012/05/03 18:47

投稿元:ブクログ

ホラーは苦手。
でも北野さんは好きなので読んでみた。
読んでみたら想像していた「ホラー」とは違ってた。
強いていえば物凄く広い括りの「スプラッタ」?
でもスプラッタかと問われると頷けない様な、そんな本だった。
ホラーが苦手な人でも平気。
きっちりした答えを求めたい数学寄りの人にはお薦め出来ない。
多少の疑問は解決しなくても流せる人ならいける。
はず。

角川ホラー文庫 ランキング

角川ホラー文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む