サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

平成最後の読書一生分プレゼントキャンペーン(~12/9)

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー プレゼントにお困りですか?クリスマスに届けたい一冊 ポイント5倍キャンペーン(~12/25)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

子育ての免疫学
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2004.7
  • 出版社: 河出書房新社
  • サイズ:19cm/217p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-309-25182-X

紙の本

子育ての免疫学

著者 姫川 裕里 (著)

子育ての発想を大転換して免疫力を高めない限り、アトピーやアレルギーを克服し病気に罹りにくい体は作れない。抱っこ、授乳、這い這い、対話、遊び…。赤ちゃんの育て方の理想を、先...

もっと見る

子育ての免疫学

1,620(税込)

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

子育ての発想を大転換して免疫力を高めない限り、アトピーやアレルギーを克服し病気に罹りにくい体は作れない。抱っこ、授乳、這い這い、対話、遊び…。赤ちゃんの育て方の理想を、先端の免疫学との関連で説く。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

姫川 裕里

略歴
〈姫川裕里〉1957年広島県生まれ。NPO法人「子育て支援ひろばキッズスタディオン」主宰の傍ら、講演、執筆等も行なう。著書に「イルカと人間のマインドシンフォニー」ほか。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (1件)

紙の本

がっかりした内容

2004/08/08 11:41

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:子育てに夢中 - この投稿者のレビュー一覧を見る

現在三歳になる子供が居て、この夏2人目の子供が生まれます。この2人の子供が健やかに育ってくれる事を願い、書名に興味を抱いて早速購入して一読しました。しかしながら、読んでいるうちに論理の展開に腹が立ってきてしまいました。子供が生まれてから、立ち上がって歩けるようになるまでの乳児の発達段階の各ステップを踏んでいくべき事は賛成しますし、その様になるべく育児していくべきだとは思います。その手段として、著者が掲げているのが、まずすべき事は対面抱っこだとしています。そしてこの著書の結論は、横抱きにするから問題が発生するのであって、対面抱っこにすれば様々の問題も発生せず健やかに成長するとしています。そして対面抱っこを正当化する為に様々の理由・現象を掲げて論旨を展開しています。しかし、私には対面抱っこを是、横抱きを否とする結論を導き為の非論理的・恣意的な説明・資料(写真含む)の引用だとしか思えません。「ほとんどの」類の言葉を使って説明する箇所もありますが、統計的にどう調べたのでしょうか。私の知っている限り見聞した事が無い事があたかも多くの事実で有るかの様に書かれています。文章に全くもって客観性が感じられません。著者は「最近の」乳幼児の様々の問題原因は横抱きだとしていますが、著者に問いたい。対面抱っこの考えは最近の考えであり、人類の発生以来、人類は横抱きで授乳し(その他の方法は有り得ませんが)あやしてきた筈です。なのに何故最近の諸問題の原因が横抱きだと導かれるんでしょうか。だとしたら有史以来問題となっている筈です。両者の有効性を判断するためには、科学的・統計的手法を以って比較検証すべきですが、全くなされていません。
私には、対面抱っこの是非・有効性は未だ分かりません。今後の検証を待つしかありません。私の最初の子供は横抱きでしたが、著者が書いている対面だっこ児の様に順調に発達段階を踏み、健やかに成長しています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2009/01/29 11:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/12/18 01:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/06/29 03:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

育児 ランキング

育児のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む