サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

honto9周年 ポータルページ ~6/30

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2004/11/17
  • 出版社: 小学館
  • サイズ:29cm/495p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-09-699707-2
  • 国内送料無料

紙の本

印象派美術館

著者 島田 紀夫 (監修)

印象派の画家および彼らとかかわりのあった画家たちの代表的作品を収録。世界最高水準の印刷技術によって美しく再現された名画を、わかりやすい解説とともに紹介する。【「TRC M...

もっと見る

印象派美術館

税込 9,680 88pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

印象派の画家および彼らとかかわりのあった画家たちの代表的作品を収録。世界最高水準の印刷技術によって美しく再現された名画を、わかりやすい解説とともに紹介する。【「TRC MARC」の商品解説】

その成り立ちから世界への広がりまで、これ1冊で印象派のすべてがわかる、日本初の決定版。世界21か国165の美術館、大学、コレクションなどが収蔵する660点あまりの名画を、世界最高水準の印刷技術で美麗に再現。モネ、ルノワール、ゴッホなど、登場する画家は140人以上。美をめぐる感動の人間ドラマ、画家たちの真実に迫る物語を、日本の第一線研究者たちが、最新の研究成果に基づきわかりやすく紹介。翻訳物にはない読みやすさ、おもしろさです。また、興味深いエピソードをテーマごとに詳しく解説した「テーマ特集」や、時代背景を知るための「トピック」などコラムも充実。初心者から上級者まで、誰もが楽しめる内容です。【商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

読める印象派美術

2004/11/28 13:51

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:健忘 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 本書は500ページ弱の印象派百科事典といっていいだろう。図版が大きく見やすいこと、解説が平易であることが素人には助かる。
 前半は、印象派が何故生まれたのか?という点に力点を置いている。印象派というのは、若手の画家が絵を売るために、共同出資会社を作り、そこが主催して展覧会を開いた、この一連の展覧会の作品が後に印象派と呼ばれたようだ。
 後半は印象派の画家たちが大物になっていった、その後を第3部「輝ける日々」と題して画家と作品を解説している。第4部に「印象派の影響」と題して、印象派が世界の美術にもたらした結果を要約している。我々が目にすることの多い、黒田清輝“湖畔”なども印象派(日本の印象派)なのだそうだ。その他、梅原龍三郎、安井曽太郎なども紹介されている。さらに本書の冒頭に、印象派の四大要素というのがあり、これはステレオタイプ化しているという言い方も出来るが、印象派の特徴を要約したものとしては秀逸だと思う。
四大要素とは、
「光のざわめき」代表作:ルノワール“ムーラン・ド・ラ・ギャレットの舞踏会”
「瞬間をとらえる」代表作:モネ“ひなげし”
「同時代、近代都市パリの光景」代表作:マネ“鉄道”
「色彩の輝き」代表作:ゴッホ“ラ・クローの収穫風景”
となっており、作品と結びつけて特徴を解説する、読む前にテーマを提示する、こういう方法が美術の勉強方法として正攻法かどうかは別にして、良いアイデアだ。また、写真を趣味にして、スナップを撮っている身としては、この四大要素、スナップ写真のテーマにも繋がる思いがする。もっとも印象派の時代は写真の台頭期であったことも影響しているかもしれない。
 印象派の展覧会は日本で人気があり、毎年どこかで開かれているが、美術史や印象派の総合的な解説書を読もうと思うと良い本がない。本書は専門知識を持たずに平易に読める解説書としてお薦めしたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

印象派美術館

2017/09/17 13:56

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者: - この投稿者のレビュー一覧を見る

数ある美術書の中で比較的理解しやすい編集でこれから印象派を
深く学びたい者には好著です。余り欲張らず入っていけるのは広い
間口の世界で必要と思います。この画集はそんな時期に楽しい世界
を教えてくれる本です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/06/17 22:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/07/26 10:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。