サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 最驚!ガッツ伝説

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

最驚!ガッツ伝説
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 8件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2004.7
  • 出版社: 光文社
  • サイズ:18cm/127p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-334-97456-2
  • 国内送料無料

紙の本

最驚!ガッツ伝説

著者 ガッツ石松 (監修),鈴木 佑季 (監修),EXCITING編集部 (編)

鎌倉幕府の成立年を「ヨイクニだから4192年!」、「亀を英語で?」の質問に「スッポン!」と絶叫、好きな数字は「ラッキーセブンの3!」…。ガッツ石松自身と娘・佑季の監修・解...

もっと見る

最驚!ガッツ伝説

1,028(税込)

ポイント :9pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年9月22日(金)~
2017年9月28日(木)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

鎌倉幕府の成立年を「ヨイクニだから4192年!」、「亀を英語で?」の質問に「スッポン!」と絶叫、好きな数字は「ラッキーセブンの3!」…。ガッツ石松自身と娘・佑季の監修・解説による、笑撃のガッツ伝説を完全収録!【「TRC MARC」の商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー8件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

やっぱり、タダモノではない…!

2004/07/14 04:16

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:べあとりーちぇ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 本書について、ガッツ氏は「全部本当のことですよ」とあっさりコメントしたのだそうな。どこで聞いたか詳細は忘れてしまったのだが、ラジオ番組のプロモーションコーナーだったと思う。そして引き続いて内容紹介が来て、あまりのことに爆笑するのも忘れて呆然と聞き入った。
 ネタバレになってしまうから詳述は避けるが、本書の内容説明にあるような「えっそんなまさか」な伝説がずらりと60集められている。作りとしては『トリビアの泉』のような、左側ページに伝説がどーんとあって、めくると関連エピソードや解説が載っている…という体裁を取る。赤井英和氏や辛酸なめ子氏、浅草キッド氏などが語る「ガッツだぜ!」コラムもあって、伝説の裏付けはじゅうぶん過ぎるほどじゅうぶんである。

 ひとつひとつの伝説は、もう本当に「爆笑モノ」としか言いようがない。本書をクスリともせずに読み通せる人など居ないのではないかと思うような、電車の中で読むにはあまりにも危険な書物である。
 そして笑いながらほんのりと温かい気持ちになれるのは、ガッツ氏が周囲の人々へ向ける優しい眼差し、特に愛娘であり本書の監修者でもある鈴木佑季氏との微笑ましい繋がりが嬉しいからである。言動は突飛でも恐ろしく子煩悩なパパ・ガッツ氏と、そんなお父さんに時には驚かされつつ、(笑)付きのコメントでさり気なくフォローもしたりする鈴木佑季氏。ふたりが揃ってクイズ番組に出演して、揃ってトンチンカンなやり取りをしている場面など、思わず羨ましくなってしまうお父さん読者も多いのではないだろうか。

 周りがどんなに可笑しがろうとも、ガッツ氏本人は至って大真面目なのもいい。「天然」なヒトが受けた後、無意識に自分の行動をネタっぽくしてしまって興ざめすることも良くあるが、ガッツ氏の場合はあくまでもどこまでも「天然」なままである。「天然」というよりは、やっぱり「天才」と表現するべきなのだ。
 言動が一風変わった天才というと長島茂雄氏が思い浮かぶが、例えば『長嶋語辞典』のチョーさん一流の言語明瞭・意味不明瞭ぶりを思い起こせば、ガッツ氏の思考経路はかろうじて凡人にも辿れて面白い。「4192年!」とか「スッポン!」とか「キャタピラ!」とか、「ああ、そっちの方向へ行っちゃったのねえ」というセンが見て取れるのが、失礼ながら、大変に可愛らしいのである。

 スペシャル付録として「ガッツ石松青春グラフィティ」と「鈴木佑季伝説」も秘蔵写真と共に掲載されている。若かりし頃の「幻の右」炸裂シーンなど、改めて見ればやっぱり格好いい。この迫力あるパンチを繰り出すボクサーと、「ガッツ右松」とサインしちゃうガッツ氏が、どうしてもイメージ的に重ならなくて困るのである。さすが元チャンピオン、奥深い…。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

恐るべしガッツの実力

2004/07/19 12:14

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:84036 - この投稿者のレビュー一覧を見る

様々な伝説が今、甦る。
強烈すぎてマユツバ的な「伝説」の真贋が、本人によって包み隠さず明かされている。そんな伝説の集大成、読んで損はないはずだ。
ガッツ派には必読の一書、私は強く、おすすめする。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2005/05/19 16:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/04/15 18:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/01/08 03:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/03/03 16:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/06/26 23:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/04/02 13:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る