サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年5月)

ブックオフ宅本便ページ

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

NGだらけの恋なんて(プラチナ文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 2.9 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2004.7
  • 出版社: プランタン出版
  • レーベル: プラチナ文庫
  • サイズ:15cm/253p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-8296-2245-2
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

NGだらけの恋なんて (プラチナ文庫)

著者 英田 サキ (著)

NGだらけの恋なんて (プラチナ文庫)

596(税込)

ポイント :5pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価2.9

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

2005/12/23 14:52

投稿元:ブクログ

英田さんのまじめ系で人気のあるエスはあんまりだったのですが、雰囲気があまりに違うのでう読んでみた。
   漫画家×俳優。
まぁまぁ。
ちょっとまぬけでおもしろかったです。
ちょっと思ったんだけど、男性向けで、同人誌作家×その作家の商業誌の漫画がドラマするために抜擢された新人女優とか純愛系で攻めたら面白そうだと思った。

2009/05/08 01:18

投稿元:ブクログ

【あらすじ】人気コミックス原作の連ドラ主演に大抜擢された、売れない俳優の木津。しかしその原作者は、高校時代の同級生・矢部だった! 超売れっ子漫画家で、おまけにかなり歪んだ性格の矢部が、抜擢の代わりにと持ちかけた条件は「黙って俺に服従すること」!? 困惑する木津は即座に押し倒され、身体中弄り回されて初めての快感に喘ぐハメに! その後も恥ずかしいセクハラをされる木津だったが、いつしか、矢部の腕に抱かれると安堵する自分に気がついて……?

2012/11/06 22:17

投稿元:ブクログ

 売れない俳優の木津は、連ドラの主役に大抜擢される。
 ただし、条件が一つだけあって、それは原作者の作家にオッケーをもらうこと。

 俳優としてもがけっぷちに立たされている木津は、その条件をクリアすべく、その作家先生の家に向かったけれど。

 現れたのは、すっかりかっこよくなってしまった高校時代の同級生・矢部だった。
 最初、彼が同級生だと気づかなかった木津に、矢部は機嫌を損ねてしまい、慌てて木津が口にした言葉が「何でもする!」というものだった。
 木津が口にしたその言葉は、“役作りのためなら”何でもする、だったのだが、「何でもするんだな」と確認してきた矢部が口にした条件は「黙って俺に服従すること」だった。
 困惑する木津を、矢部はいきなり押し倒すと、体中を弄くり回されてしまう。
 慌てて木津は拒否しようとするけれど、「主役の話がなくなってもいいのか?」と言われると抵抗もできない。

 結局、最後までされちゃった木津は、連ドラの撮影期間中は「矢部と同居すること」という条件を飲まされて――

 という話でした。
 こんな幕開けだったので、どれだけのイチャイチャがくり広げられるのかと思いきや、意外とそんなでもなかったです。
 もちろん、「他の人に色目を使うな」とか「くわえろ」とか言われたりはしてるんですけど、シチュエーションよりは無体なことは少なく。
 何のかんので、連ドラの撮影に入っちゃってなかなか会えない木津に対しても、無理を言うこともないし。
 原作者権限を振りかざして、毎日、現場に押しかけてきて無茶をすることもなく。
 ちゃんと木津の仕事を優先してくれていて。

 なんというか、よっぽど他のBL小説の両想いカップルの方がむちゃくちゃなぐらいの優しさ。

 無理から始まる関係だけど、結局甘い小説でした。
 そういうのが好みの方にオススメしますが、設定を読んでハードなものを希望する人が読むと、かなり拍子抜けすると思います。

2012/11/21 14:06

投稿元:ブクログ

作家買いです。ストーリーはありがちで、小さな誤解や擦れ違いが繰り返されるライトな展開です。文章がお上手なので最後まで不安なく、楽しく読めます。

2016/03/20 08:20

投稿元:ブクログ

ドラマ原作の漫画家×売れない俳優
ツンデレ×正統派 無理矢理だけどほのぼの
売れない俳優の設定も漫画家の設定も地に足がつかずふわふわ。
無理矢理から愛が芽生える系の王道。
もっと攻めの心情が伝わってくると萌えポイントが上がりそう。痛エロさはあんまりありません。