サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 鉄道と乗り物の読書生活 ~8/26

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.6 6件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2004.7
  • 出版社: 筑摩書房
  • サイズ:19cm/259p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-480-87346-5

紙の本

マンガ産業論

著者 中野 晴行 (著)

【日本児童文学学会賞(第29回)】世界的にも注目を集める日本のマンガ産業。マンガはなぜ急成長したのか? そして今起こりつつある危機とは? 貸本から週刊漫画誌、TVアニメへ...

もっと見る

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

【日本児童文学学会賞(第29回)】世界的にも注目を集める日本のマンガ産業。マンガはなぜ急成長したのか? そして今起こりつつある危機とは? 貸本から週刊漫画誌、TVアニメへと社会の中で大きく伸張したマンガ産業の歴史を振り返り、今後を展望する。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

中野 晴行

略歴
〈中野晴行〉1954年生まれ。和歌山大学経済学部卒業。大和銀行勤務を経て編集プロダクション設立。まんが編集者、ノンフィクションライター。京都学園大学人文学部非常勤講師。著書に「球団消滅」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー6件

みんなの評価3.6

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

日本アニメ・マンガの圧倒的実力とその未来

2004/12/20 02:34

4人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:佐伯洋一 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 著者は指摘する「マンガは衰退の道をすすんでいる」と。しかし、日本のマンガ・アニメのクオリティーの高さは、圧倒的である。途上国の国の映画と、アメリカのハリウッド、いやカンヌほどの差がある。たとえば、「母を訪ねて3千里」をヨーロッパで放映したところ、あまりに面白くて多くの視聴者は「これは白人が作ったものでしょう」と思ったりした。ヨーロッパでは放送されるテレビアニメのうち80%が日本製である。日本のアニメ・マンガは我々の想像以上に海外の日常生活に浸透している。

 そして近年、映画とアニメは質的に接近してきている。「ファインディングニモ」などはもはやアニメと等しい(アニメ映画といっているが)。「ロンゲストデイ」のような古き良き映画はやはり減りつつあるといわざるを得ない。他にも、様々な映画でCGが用いられ、逆にアニメにもCGはもはや不可欠となった。そこに、両者の接近が見られる。裏を返せばアニメの躍進がハリウッドも変えつつあるということだ。アニメ・マンガと関連キャラクター商品販売額は、アメリカで年間数兆円に達しており、莫大な利益を生んでいる。

 たとえば「攻殻機動隊」という日本アニメをご存知だろうか? あのアニメはハリウッドの映画監督で「見ない人はいない」というほど大流行した作品である。実際、「マトリックス」などは完全にその模倣で、そのことは公然の事実である。95年、米ビルボード誌のビデオチャートで一位を獲得した驚くべき作品で、高度なCGと練りに練られた最高のシナリオは、映画界に相当の刺激を与えたのだ。
 また、文庫で学校図書館にも普通に置いてある「銀河英雄伝説」などはアニメの場合も、「見事」のひと言に尽きる。

 アジアでも「ドラえもん」のマンガ・アニメともに一時大流行した。また、「ドラゴンボール」などは世界の相当な範囲に広がっている。ドイツにおける「新世紀エヴァンゲリオン」の人気も静かながらも凄いものがあった。

 私などは、その読解力の乏しさは別にしても、映画もアニメも小説も学術書も選り好みなくよめる性質だが、日本で生まれる文化媒体の中で、アニメ・マンガのクオリティーは頭ひとつ抜けているのではないか、と思う。小説ならよし、マンガは一等劣るという視点は大人の無知と傲慢で、日本の自殺行為に等しい。映画監督の井筒氏はアニメに頭ごなしに手厳しいが、文化人としてそれが正しい態度といえるだろうか。

 このとおり世界を席巻する圧倒的な日本アニメ・マンガだが著者はあくまで日本のマンガ界の衰退を訴える。たしかに、一時期に比べ質の低下は否めない。かつては、「スラムダンク」やら「ドラゴンボール」「幽遊白書」など名作が出ては消える黄金時代だった。その衰退の一つの原因は出版社に利益があっても、作者がなかなか儲けられない仕組みにもあるという。これは知っておくべきだと思う。古本屋の是非にも関わってくる。

 著者は、相当に日本のマンガ業界の将来を憂えているようだが、本書には懐かしいマンガが沢山出てきて、著者のマンガ好きが伺える。ぜひ解決策も提示して頂きたかったが、問題意識を持つことができるという点では、大変役に立つ本であると思います。文化人として、読めば肥やしになる。そんな一冊です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/05/01 00:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/03/20 02:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/03/07 19:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/11/15 20:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/01/22 18:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

出版・編集 ランキング

出版・編集のランキングをご紹介します出版・編集 ランキング一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。