サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0922-28)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

街場の現代思想
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 24件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2004.7
  • 出版社: NTT出版
  • サイズ:19cm/241p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-7571-4075-4
  • 国内送料無料

紙の本

街場の現代思想

著者 内田 樹 (著)

「勝ち組・負け組」ならぬ、生まれついての「バカ組・利口組」という身も蓋もない「階級社会」が出現しつつある! 「おじさん内田」がそんな社会の仕組みを解説。身のまわりの根源的...

もっと見る

街場の現代思想

1,512(税込)

ポイント :14pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年9月22日(金)~
2017年9月28日(木)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「勝ち組・負け組」ならぬ、生まれついての「バカ組・利口組」という身も蓋もない「階級社会」が出現しつつある! 「おじさん内田」がそんな社会の仕組みを解説。身のまわりの根源的な問いが、初めて腑に落ちて納得できる本。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

内田 樹

略歴
〈内田樹〉1950年東京生まれ。東京都立大学大学院人文科学研究科博士課程(仏文専攻)中退。現在、神戸女学院大学文学部総合文化学科教授。著書に「ためらいの倫理学」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー24件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (8件)
  • 星 4 (10件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

小学生でもわかる現代思想

2004/09/17 14:48

3人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:いるいる? - この投稿者のレビュー一覧を見る

私は、ものごとを「わからない」「知らない」とばかり言うので某所では「小学生」で通ってます。
この内田さんの本は、友達が読んでた様子を見て買ったのです。とても笑ってました。
「もうすぐ読み終わるから、貸してあげるよ」って言われても、無視して買いにいきました。そんなの待ってられない。
彼は、本を読むスピードが早いのですが、全部読んでしまうのがもったいなくて、途中で読むのを中断して、後のオタノシミにしたくらいなのです。
それに、「こんだけ わかりやすく説明できるのはすごい!」と言っていたので、実感したくて買いました。

この本は、もしかしたら 悩んでる人には良いかもしれません。
なにかに悩んで、友達は人に相談しても しっくり納得してない人には、本当に納得する答えが載ってる気がします。
これは、なかなか誰も言わないことが書いてると思います。
きっとみんなも気づいてるはずなのに、忘れてるフリか 忘れてる事のような気がします。この本は「気づかせて」くれるものかもしれません。

書いてる内容は、お金や結婚、離婚、出産、フリータなどなど。社内改革とかも、書いてます。とても日常的なことを題材に書いてます。

私はも大笑いして最後まで読みました。
でも、やはり私は、内田さんの本から知った単語なんですが「文化資本」ないので、一回読んだだけでは まだ 深い意味がわかってない気がしました。
単純なことが書いてるのに、読むたびに新しい発見があります。それに元気になれます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

オレはこういう身も蓋もない議論が大変好きなんだが……

2005/03/25 06:38

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:SnakeHole - この投稿者のレビュー一覧を見る

 ……なんというか,オレはこういう身も蓋もない議論が大変好きなんだが,その結論が根拠なく前向きなのは嫌いである。これぢゃなんのことだかわかんないか。とにかくこの本は,オレが逆立ちしても入れなかった(当たり前だ,この先生自身も入れなかった)神戸女学院大学文学部の教授にして,我が学生時代の悪夢の源であるフランス現代思想の専門家である著者が,なんつうか社会生活をしていて直面する大変重大な問題をネタに人生相談風に現代思想を語ろうぢゃないかと……思ったんぢゃないかなと推察されるところのモンなんである。
 うまく総括できるかどうか自信がないのだが,本書に対するオレの賛意と違和感は,基本的にピエール・ブルデューの文化資本に関する論文「ディスタンクシオン」に関してオレが抱いた賛意と違和感の相似形である。先生自身が書いているように,ブルデューも内田先生も「文化資本の偏在をなんとかしたい」と思ってらっしゃるらしいのだが,私はあんまりそう思わない。つか,先生のいう意味での偏在はあらゆる意味で解消不能だってば,と思う。
 そんな中途半端なガス抜きみたいなことを言ってるよりも,放っておいて息苦しくて流動性の少ない階層社会にしてしまえばいいのである。実際にアメリカはそうなりつつあるし,日本も昨今の政策はそれを目指しているんだからさ。で,内田先生が「あまり住み良いとは思われない」とおっしゃる社会に皆が甘んじるようだったら,つまり人間とはそういうもんなのである。それでいいぢゃないの。
 だって,そうでしょ(この本ではこの言い回しが再々使われる)。奴隷制を維持しながらローマ帝国は数百年続いた。士農工商の徳川幕府だってそうだ。民主主義なんてまだせいぜい200年とちょっとで,しかもその間戦争ばっかりしているではないか。ブルデューも内田先生もクチでは皮肉っぽいことを言いながら,本質的には人類を買いかぶってるように思われるんだが,どうですか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2005/06/04 20:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/04/24 00:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/02/14 00:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/02/23 17:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/06/10 19:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/04/19 23:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/05/19 10:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/02/10 22:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/06/24 00:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/08/02 21:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/12/29 10:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/11/06 05:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/02/06 13:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る