サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】インプレス ポイント最大10倍キャンペーン(~10/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 苦海浄土 わが水俣病 新装版

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

苦海浄土 わが水俣病 新装版(講談社文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.7 43件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2004.7
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社文庫
  • サイズ:15cm/411p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-06-274815-0

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

苦海浄土 わが水俣病 新装版 (講談社文庫)

著者 石牟礼 道子 (著)

苦海浄土 わが水俣病 新装版 (講談社文庫)

745(税込)

苦海浄土 わが水俣病

594 (税込)

苦海浄土 わが水俣病

ポイント :5pt / 紙の本より151おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

著者/著名人のレビュー

毎年5月1日に水俣病...

ジュンク堂

毎年5月1日に水俣病の慰霊式が開かれます。
1956年5月1日、病院から保健所への報告によって水俣病は初めて
公式に確認されたことに因みます。

主婦であった石牟礼道子が義憤と使命感から市民会議を結成、
活動しながら患者に丹念な聞き書きを行い、文学作品として同人誌に発表した
『海と空のあいだに』。
これがのちに『苦海浄土』として講談社から出版され、大反響を呼びます。

単に記録し報じる、それを超えて、一人ひとりの生が石牟礼の言葉を得て
凄惨な迫力で読む者の心に押し寄せてくる。

この本が残っていくならば、日本はいつまでも水俣を忘れないでしょう。

【折々のHON 2010年5月1日の1冊】

みんなのレビュー43件

みんなの評価4.7

評価内訳

紙の本

今も同じようなことが・・・

2015/12/19 21:13

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:森のくまさんか? - この投稿者のレビュー一覧を見る

高校の頃にも 本書を読書感想文で提出した記憶がある。

何か事件や事故に対する国等の態度は

今もほとんど変わっていないと思う。

当時も今も なぜか産業を優先する。

人々には それぞれの場所で 泣いたり笑ったり 楽しんだりする

権利があると思う。

しかし、現実には そうはいかない人たちもまだまだいる。

いつ読んでも 頭の中が真剣モードになります。

現在進行形の課題であると思います。

重い内容です。

でも もっとたくさんの人に読まれて欲しいです。

ページは分厚いが、文章は 比較的平易に書かれていて

分かりやすいと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

現実と幻想の間で

2016/06/04 23:50

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:つよし - この投稿者のレビュー一覧を見る

傑作である。魂の奥深くから発せられる言葉、情念が絶妙な語りとともに紡ぎ出される。不知火海の幻想的な風景と、人々の素朴で豊かな暮らし。それが資本主義の象徴ともいうべき工場廃液によって残酷なまでに破壊され、凌辱されるだけに、なお一層、かけがえのない美しさ、はかなさを際立たせる。本作がフィクションなのか、ノンフィクションなのかはあまり問題ではない。水俣病に材を取った世界文学である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

地球の呻き声

2016/10/31 20:29

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:親譲りの無鉄砲 - この投稿者のレビュー一覧を見る

水俣病の「公式」確認から60年過ぎた。特措法に基づく患者の認定申請は2012年に行政により締め切られたが、その後も新たな水俣病患者が発見されている。今なお水俣病は社会問題として厳然と存在しているのが現状だ。患者認定に期限を切って平気な人の感覚とは一体何なのか?さらには法的な措置としての金銭的・行政的な補償が、意図せず水俣病に罹った人たちの真の救済になっているのかという根源的な問いは消えることがない。一方、生存している水俣病患者も高齢化している。彼らがこの世から消えるのは時間の問題かもしれない。そして、この世から水俣病と認定されている患者の生存が確認されなくなったら、水俣病は解決した、と胸を張る人たちが現れるかもしれない。しかし、本当にそうなのか?
 石牟礼道子は、代償としての「救済」から落ちこぼれてしまうものがあるのをみた。それが彼女を執筆に駆り立てている。陸に打ち上げられた一根の流木のようなぐあいで病院ベッドわきの床の上に仰向けに転がって、形容しがたいおめき声しか上げられない人たちに対して、どのようにコミュニケーションがとれるのか、と私などは途方に暮れるだろう。しかし、彼女は、本能あるいは脳の奥深くの古層で振動している部分で、彼らの言葉がわかるような気がした。例えば、漁婦・坂上ゆきのきき書きからは、石牟礼道子の筆から我々現代人にもわかる言葉として、それも詩のようなリズムのある日本語として、ゆき女の言葉を立ち上がらせた。ゆき女の言いたかったことは「(昔の)海の上はほんによかった」ということである。
 ゆき女は、三つ子の頃から船の上で育ったので、誰よりも豊饒な漁場を知っていた。夫の茂平よりも、である。だから「うちがワキ櫓ば漕いで、じいちゃんがトモ櫓ば漕いで二丁櫓で」の夫婦船。「エベスさまは女ごを乗せとる舟にゃ情けの深かちゅうでしょ」。タコ漁の情景はまるで遊びである。タコの入っている壺を舟に揚げ籠に収めると、タコは急いで逃げようとする。舟がひっくり返るくらいにバタバタと追いかけて再び籠に収めて、もうお前はうちの家の者だから、ちゃんと入っとれ、と諭すと、タコはよそむく目つきして、すねてあまえる。「わが食う魚にも海のものには煩悩のわく」。
 入院してから、ゆき女は堕胎させられた。そのときの病院食には「お膳に、魚の一匹ついてきとったもん」。(本当のことだったかどうかわからない。しかし、石牟礼は、その言葉を聞きとった。)
 石牟礼は、大学病院である患者の死亡解剖にたちあった。そのとき、ゆき女の声が聞こえてくる。「大学病院の医学部はおとろしか。ふとかマナ板のあるとじゃもん。人間ばこさえるマナ板のあっとばい」。「死ねばうちも解剖さすとよ」。「うちゃぼんのうの深かけんもう一ぺんきっと人間に生まれ替わってくる」。
 ゆき女が昔の海はよかった、と懐かしむ漁村風景を、我々も想像してみるがいい。小魚が網にかかったら、海にお返しする。魚は天のくれらすもので、人間の好きにしてよいものではない。真っ先に症状のあらわれた猫たちは、そんな漁村の港でおこぼれを待っていた共同体の一員だった。猫たちに救済措置はない。水俣病は人間だけの問題ではないのに。すべての生き物が連関している地球上で、その連環を迷うことなく断ち切る人間に対して、人間を生んだ地球自身がおめいている。石牟礼はそのおめき声をじっと聞いている。改稿版のあとがきに、この作品を誰よりも自分自身に語り聞かせる浄瑠璃ごときもの、と位置付けていることを告白している。地球の呻き声が再び高まれば、彼女は「決定稿」にも筆を入れるだろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

「フクシマ」で「ミナマタ」の悲劇がふたたび繰り返さないことを願いつつ読む

2011/05/04 12:58

18人中、15人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:サトケン - この投稿者のレビュー一覧を見る

 福島第一の「原発事故」の処理に際して、放射能汚染水を地域住民にも国際社会にもいっさい説明することもなく、垂れ流しの決定を行った日本政府。このことを知ってただちに思い出したのは「水俣病」のことであり、『苦海浄土』のことである。

 今回の「人災」を機会に、ずいぶん前に買って本棚に入れておきながら、背表紙を眺めるだけで、読まないままになっていた文庫本を読み始めた。

 水俣病とは、チッソが海に流した廃液にふくまれたメチル水銀が食物連鎖のなかで魚介類に蓄積し、それを日常的に食べていた漁民を中心に引き起こされた公害病のことである。1956年に公式に確認された水俣の悲劇は世界中に知れ渡り、水俣はミナマタとなった。ネコが踊り狂うモノクロの映像は目に焼き付いている。

 この本は、「公害事件」を目の当たりにした、その土地に生まれ育って生きてきた一人の女性で、主婦で、詩人の手になる作品である。「公害」発生前の美しい海と、「公害」発生後の汚れた海から目をそらすことなく、被害にあった漁民たちにきわめて近いところで寄り添い、声になった怒り、声にならぬ魂の叫びを、著者の肉体と精神というフィルターをとおして文字にした文章を集めて一書にしたものだ。

 あくまでも私小説なのであり、土地の方言を生かした語り口は、けっして読みやすいものではない。『苦海浄土』の「苦海」(くかい)とは、生き地獄を意味する「苦界」(くがい)に掛けたものだろう。だが、その「苦海」と「浄土」が結びつくとき、いったい何を意味しているのか?
 
 福島に第一原発と第二原発をもつ東京電力と周辺住民の関係は、熊本県水俣に肥料工場を建設したチッソ(=新日本窒素肥料株式会社)と周辺住民の関係とよく似ている。メチル水銀のまじった汚染水と放射能をふくむ汚染水という違いはあるが、漁場が汚染されたという事実だけでなく、致命的な事故が発生するまでは東電もチッソも地域にカネを落とし、雇用を作り出した恩恵者であったことが共通しているのだ。環境汚染企業と周辺地域住民との関係は、アンビバレントなものであり、「企業城下町」や「原発城下町」という性格を知ることなしに、汚染水問題を論じることの難しさもまた知ることになる。

 この国は、近代に入ってから足尾銅山、カネミ油症、イタイイタイ病、森永ヒ素ミルク事件と、枚挙に暇(いとま)のないほど、数々の「公害事件」を引き起こしてきた。いま現在フクシマで起こっているアクチュアルな事件を見つめながら、先行するミナマタを描いた小説を読む。こういう読み方は文学作品の読み方としては邪道かもしれないが、それでもこの『苦海浄土』を読むと、文学のチカラをあらためて感じることもできるのだ。

 科学万能神話に疑問符がつきだしたいまこそ、詩人をはじめとする文学者への期待するものは大きい。今回の大地震、大津波、原発事故、風評被害という四重苦から、どんな文学作品が生まれてくることになるのだろうか?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

読み進めるのがつらい。でも、知らねばならない歴史の一つ。

2016/01/31 10:51

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ミカちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

石牟礼道子さんの名前は以前から知っていたが、作品を読んだのは初めてだった。きっかけは家族で熊本を旅行した折に水俣の資料館を訪れたこだ。
なかなかに、読み続けるのがつらい本である。
石牟礼さんの水俣病患者さんへのまなざしはあくまでも暖かく深く、決して逃げずに寄り添う気持ちが伝わってくるのだが、患者さんの現実は出口のない苦しみ以外の何者でもない。
水俣病の深刻さは単に身体を蝕む病であるというだけではなく、それまでの貧しいながらも穏やかな生活が断たれ、患者さん本人と家族を巻き込んで居場所を失ってしまった事実にある。これが公害というものだ。
学校や報道で学習し、私たちは公害というものを知識としては知っている。しかし、被害を受ける人間一人ひとりの苦しみまでは思い及ばない。
この作品を読むと、公害という言葉でひとくくりにされた人々には当然様々な人生がありそれを奪われたのだということに気づくだろう。
本当は若い人に読んでほしい。高度成長期のようにあからさまな公害問題はなりをひそめたが、例えば水俣病をめぐる訴訟はつい2年前まで続いていた。今なお、患者認定を受けられず苦しんでいる人もいる。現代は、環境問題学習というとすぐにエコロジーへ向かうが、過去の公害問題が今も続いていることを若い人にこそ知って欲しいと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/08/07 18:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/06/06 19:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/08/10 18:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/03/09 03:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/09/27 17:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/08/28 00:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/01/18 12:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/01/28 04:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/09/14 18:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/11/10 07:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

講談社文庫 ランキング

講談社文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む