サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~12/31

hontoポイント&図書カードNEXTが当たる!ぬくぬく読書キャンペーン ~1/10

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 2.8 6件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2004.7
  • 出版社: 幻冬舎
  • サイズ:20cm/285p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-344-00653-9

紙の本

壊れるもの

著者 福沢 徹三 (著)

妻と娘との家族三人暮らし、四十歳すぎて手に入れた郊外の一軒家。大きな不満はない。ごく一般的な、ささやかな幸せ。しかし、そんなありふれた日常に生じた一点の染みが、突如、絶望...

もっと見る

壊れるもの

税込 1,650 15pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

妻と娘との家族三人暮らし、四十歳すぎて手に入れた郊外の一軒家。大きな不満はない。ごく一般的な、ささやかな幸せ。しかし、そんなありふれた日常に生じた一点の染みが、突如、絶望の底なし沼となって男を呑み込んでゆく。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

福沢 徹三

略歴
〈福沢徹三〉1962年福岡県生まれ。著書に「怪を訊く日々」「廃屋の幽霊」「真夜中の金魚」「再生ボタン」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー6件

みんなの評価2.8

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (2件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

どこかで起こりつつある、これは恐怖だ。

2004/08/01 21:36

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:池のワニ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 会社勤めの経験があれば、うんうんと頷いてしまう。流行りの“上司本”そのままの、バカ上司にふりまわされる社内エピソードは笑えないが笑うしかない。ビールを飲みながら、贔屓チームの負け試合を観るような臨場感がある。
 舞台は大手の百貨店。景気の悪化で、出入りの業者に対する理不尽な要求も一層ひどくなる。そんなだから……と口からでそうになるが、責任回避が上手な上司というのはこれがなかなか沈まない。これがカイシャというもので、主人公の40代の課長は憤懣から辞表を出してしまう。中盤の山場だ。
 舞台が職場から家庭に移ったところからがもう一つの山場。もともと温厚な彼は社内ばかりでなく、家庭でも軽んじられてきた。高校生の娘からは、親父が先に入った風呂には入れないとブーイング。一事が万事で、家庭は安楽の場所ではない。ましてや失業中の身となれば。
 なんとかなると思っていたが、次の就職先は見つけようがない。現実を嫌というほど思い知らされる。他人事だとは到底思えない、読むほどに、ため息がでてしまうのは彼がとことん善人だからだろう。
 築き上げたものは、いつか必ず壊れるもの。よくできたタイトルだ。中年サラリーマンが深みに落ちていく様を描いたリアルな小説。と、見せかけておいて、さらにもうひとひねり。ぞくぞくと悪寒が走る。男は心を徐々に蝕まれていく。なにげなくその気配がつたわる。後半はヒッチコックばりのスリラーの様相。『廃屋の幽霊』もそうだったが、リアルとサイコを橋渡した作品になるほどに冴えわたる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

内容紹介

2004/07/14 11:28

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:幻冬舎 - この投稿者のレビュー一覧を見る

目覚めるたびに、悪夢が始まる。大手百貨店の課長職、妻と娘と家族三人暮らし、四十歳をすぎて手に入れた郊外の一軒家。ごく一般的な、ささやかな幸せ。しかし、そんなありふれた日常に生じた一点の染みが、突如、絶望の底なし沼となって男を呑み込んでいく。いっそこのまま狂えたら……。業界最注目の気鋭が描く、書き下ろし長編小説!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2010/05/28 19:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/01/17 07:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/06/23 13:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/04/16 01:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。