サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

アウトレットブック ポイント5倍キャンペーン

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

暗黒大陸中国の真実
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.7 6件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2004.7
  • 出版社: 芙蓉書房出版
  • サイズ:20cm/314p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-8295-0345-9

紙の本

暗黒大陸中国の真実

著者 ラルフ・タウンゼント (著),田中 秀雄 (訳),先田 賢紀智 (訳)

戦前の日本の行動を敢然と弁護し続け、真珠湾攻撃後には、反米活動の罪で投獄されたアメリカ人外交官がいた! 元上海・福州副領事が赤裸々に描いた中国の真実。1933年にアメリカ...

もっと見る

暗黒大陸中国の真実

2,484(税込)

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

戦前の日本の行動を敢然と弁護し続け、真珠湾攻撃後には、反米活動の罪で投獄されたアメリカ人外交官がいた! 元上海・福州副領事が赤裸々に描いた中国の真実。1933年にアメリカで出版したものの完訳。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

ラルフ・タウンゼント

略歴
〈タウンゼント〉1900〜75年。コロンビア大学卒。新聞記者などを経て国務省に入り、31年中国に渡る。上海・福建省副領事を歴任。帰国後、大学講師の傍ら極東アジアに関する著作を執筆。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー6件

みんなの評価4.7

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

今だからこそ読んでみよう

2004/10/04 23:33

7人中、7人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Yostos - この投稿者のレビュー一覧を見る

約70年前、つまり戦前にかかれた本で、著者は元上海・福州副領事のラルフ・タウンゼントという米国人。論調としては、当時の中国の国、そしてその国民性、民族性を多くのエピソードで語りながら、当時の欧米での中国の評価とその中国擁護の外交施策に警鐘を鳴らしたものだ。

個々のエピソードが事実だとしても、そこに中国人に対する著者の見方にはある種の偏見があるであろうことは否めない。それほど、厳しい見方が展開されている。対して、日本人に対する評価は非常に高く、戦前の日本を擁護する姿勢が強くでている。これを真珠湾攻撃以降も主張し続けたというのだから、戦中拘束されたというのもわかる気がする。

当時の中国や世界情勢に詳しいわけではないし、すべてが正しいとらえられているとは限らない。著者の偏見に多少ゆがんでいたのかもしれないことは肝に銘じておくべきだろう。本書だけを読んで「あぁ、中国って」という思いや考えを抱くのは非常に危険だと思う。ただ、当時のあるレベルの知識人が肌で感じた中国の姿の一つであることは事実である。確かに耳に新しい話が多いと感じる。これもこういった情報は戦中、戦後の経緯で正しく世に出づらかった事情もあろう。われわれも、こういった状況を認識した上で一つの情報としてきちんと接すべきであろう。

そういうことを承知であえて感想を書くと、本書の内容を読みながらまるで今日の中国のようだと感じた。こういう感覚は、私だけではないだろう。現在、仕事上中国との交渉や協業をすることが多いが、程度の差こそあれ本書で描かれた中国人像が色濃く残っているなと共感する部分は多い。アジアアップでの騒動を除外しても、やはりそこには「反xxx」に狂う中国とそれにおもねる米国と「列強」が。

当時は無策に日本は立ち上がってしまった訳だが、「さて、今度は?」と考えてしまう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

出版社からのオススメ

2004/08/26 03:15

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:米米クラブ会員 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 近代史研究者として、私が親日派アメリカ人外交官としてのラルフ・タウンゼントを知ったのは7年ほど前で、本書が再刊された頃だが、そんなことは当時知る由もなかった。
 本書の原書と再刊書を手に入れ、読み始めて驚いたのは彼の中国人に対する手厳しい評価と日本人に対する高い評価だった。そして生々しくも赤裸々な中国の混乱の実態だった。
 そしてふとこの本の再刊の時期と1937年のいわゆる南京事件を扱い、日本を非難した『レイプオブ南京』の発刊の時期がほぼ重なっていることに気づいた。再刊され、本が売れ始めた頃に、『レイプオブ南京』が出ている。もしかしたら、本書の再刊に在米華僑たちが危機感を持って刊行したのが『レイプオブ南京』ではないのか?と思ったのだ。
 『レイプオブ南京』はその杜撰な歴史記述と出所不明の写真が問題となって邦訳はされなかったが、それでも日本で騒然とした話題の書となった。本書と正反対の意図でできている。確証はない。ただ本書の内容は、在米中国人に『レイプオブ南京』を刊行させたくなるほどの強烈な中国批判に満ちている。その当否は別にして、一読してもらいたいと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2005/05/13 23:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/05/22 16:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/04/25 10:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/11/18 23:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

アジア史 ランキング

アジア史のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。