サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 「夜を読む本、夜に読む本」 ポイント5倍キャンペーン  ~3/5

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

インナーネットの香保里(講談社青い鳥文庫 )
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.4 6件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:小学生
  • 発行年月:2004.7
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社青い鳥文庫
  • サイズ:18cm/187p
  • 利用対象:小学生
  • ISBN:978-4-06-148655-3
文庫

紙の本

インナーネットの香保里 (青い鳥文庫fシリーズ)

著者 梶尾 真治 (作),鶴田 謙二 (絵)

暎兄ちゃんは超能力者で逃亡者。しかも3日以内に手術をしないと命が危ない。なのに暎兄ちゃんときたら、どうしても九州に行きたいだって。そんなことしてる場合じゃないのに。もう、...

もっと見る

インナーネットの香保里 (青い鳥文庫fシリーズ)

税込 638 5pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

暎兄ちゃんは超能力者で逃亡者。しかも3日以内に手術をしないと命が危ない。なのに暎兄ちゃんときたら、どうしても九州に行きたいだって。そんなことしてる場合じゃないのに。もう、これは私が助けてあげるしかない!【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー6件

みんなの評価3.4

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

こうであるかもしれない未来

2017/02/24 11:01

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Todoslo - この投稿者のレビュー一覧を見る

情報だけではなく、心まで検索されてしまう未来が現実的だ。鶴田譲二の優しい絵が、物語の不気味さを引き立てていた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

子供をばかにしちゃあいけないよ。もっといけないのは、仲間褒め。この本、その2つの禁を犯している。これが『黄泉がえり』を書いた人の作品?

2004/10/10 21:33

3人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みーちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

久しぶりの青い鳥文庫で、「青い鳥」と「文庫」の間に「f」とあるのは、ファンタジーやSFなどの意味。可愛らしい少女のイラストは鶴田謙二。カバーの絵は味があるけれど、本文挿絵のほうは、ちょっとマンガかな。でも、ご安心、小説の足を引っ張ることはない。その理由は

「暎兄ちゃんは超能力者で逃亡者。心と心をつなぐネットワーク、「インナーネット」を巡って、2つの国際的大企業に追っかけ回されているの! しかも3日以内に手術をしないと命が危ないし、手術が成功しても治るかどうか……。なのに暎兄ちゃんときたら、どうしても九州にいきたいんだって! そんなことしてる場合じゃないのに! ……もう、これはわたしが助けてあげるしかない!」

小説の紹介はこれまで。解説「カジシンから、みんなへ贈る真珠」は、はやみねかおる。最初に書いておく、この解説は典型的な仲間褒めであって、この小説の面白さをというか、面白くなさをまったく伝えていないので、ともかく最初にヨンデハイケナイ、ゼッタイニである。だいたい、カジシンってなんだ? ガイジンか?である。

でだ、私は何度か書いたかもしれないが、梶尾真治作品から長い間、遠ざかっていた。再会のきっかけとなったのが『OKAGE』であり、あの傑作『黄泉がえり』である。それがあまりに凄かったせいか、『ドグマ・マ=グロ』は今ひとつ、『黄泉びと知らず』もスカだった。でだ、今度は河岸を変えてジュヴナイルでの登場、ということで期待をしたのである。

でだ、リアリティのなさに「ドーナッチャッタノ、梶尾さん」と言いたくなってしまうのである。無論、私の言うリアリティというのは、ファンタジーとは矛盾しないのだけれど。

主人公は中学二年生の野田香保里、冒頭の描写を見ても他人のことは愚か、両親のことすら考えることのできない我儘、無思慮な娘である。彼女の前に突如として現れたのが、安永暎一郎、21歳である。で、この「暎兄ちゃん」と中学生の女の子に呼ばれて、自分のしていることが社会的に許されないことであることを認識できない男が、実に甘い。ま、現代の21歳の男としては、平均かもしれないけれど。

でだ、はやみねが仲間褒めをする理由が良く分かる話ではある。なぜかといえば、この話はまさに、はやみね自身が書いたといってもおかしくないものだからだ。それゆえといっていいのだろう、話の底が浅い。思慮の浅い少女が成長する必然性が描かれることなく、突然変異する。そこに家庭が介在することは、ない。異性、だけがキーワードである。

それじゃあねえ、少女は盛りのついた猫じゃあないか。母親への反発は、単なる生理か? 子供を馬鹿にしていないか。なぜ、もっと少女の心、家庭に反発を抱くあたりを掘り下げない? それあっての九州行きになる。それが無いから、香保里が愚かな少女、勝手にやれ女になってしまう。だから、最後が美しくない。

中途半端な長さだと思う。この話、短くすることはできない。でも、長くすることは可能である。同時期に西澤保彦のロマンチックな『方舟は冬の国へ』を読んでいただけに、『インナーネットの香保里』のマイナス面が気になって仕方が無い。むしろ、青い鳥文庫で『方舟は冬の国へ』を出してみてはどうだろう。子供たちがどちらに軍配を上げるか、楽しみである。ちなみに、私は西澤の圧勝を確信している。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2019/05/21 16:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/09/14 12:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/04/28 21:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/06/18 00:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

日本の作品 ランキング

日本の作品のランキングをご紹介します日本の作品 ランキング一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。