サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年5月)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 男性向けコミック
  4. ムーン・ロスト 1 (KCデラックス)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ムーン・ロスト 1 (KCデラックス)
  • みんなの評価 5つ星のうち 5 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • 発行年月:2004.7
  • 出版社: 講談社
  • ISBN:4-06-334892-X
  • 国内送料無料
コミック

紙の本

ムーン・ロスト 1 (KCデラックス)

著者 星野 之宣

ムーン・ロスト 1 (KCデラックス)

977(税込)

ポイント :9pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

「ムーン・ロスト 1 (KCデラックス)」が含まれるセット商品

ムーン・ロスト(KCデラックス) 2巻セット

ムーン・ロスト(KCデラックス) 2巻セット

  • 星野之宣
  • 税込価格:1,95518pt
  • 発送可能日:購入できません

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

SFスピリットあふれる壮大なスケールの話。リアル感満点の絵。全2巻、一気読みでした。

2004/11/15 20:45

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:風(kaze) - この投稿者のレビュー一覧を見る

 夜空にかかる満月、その皓々とした円い光をぼーっとして見ていると、なぜか心を揺さぶられてしまいます。眺めていたからといって、別段、何に変身する訳でもないのですが。ただ、不思議と心がなごむんですよね。
 本書は、地球の周りをめぐるその“月”が失われるというところから話が始まります。地球の良きパートナーだった“月”が、ある作戦の失敗によってなくなってしまう。その結果、地球の気候が大変動に見舞われて、特に超大国のアメリカ合衆国が悲惨な状態になる。これは人類滅亡の危機、何とかせねばとということで、ひとつの大がかりなプロジェクトが動き出す。その目論見の、まあ、壮大なスケールったら! これぞSFスピリット、すげえなあと、心の中で歓声を上げていました。かつて読んだジェイムズ・P・ホーガンの傑作『星を継ぐもの』を思い浮かべたりして、にんまりしちゃいました。

 話の主人公は、書影に出ている女性、ジュディット。偉大な宇宙飛行士、ディアーヌ・クローデルの娘です。失われた“月”を取り戻す大プロジェクト・チームの一員として、他のクルーとともに命がけの任務を果たしていくなかで、彼女がたくましく成長してゆくストーリーでもあります。
 ま、それはそれでなかなか読ませるのですが、何と言ってもわくわくさせられたのは、“月”を取り戻すプロジェクトの壮大さと、計画完遂のために命がけで行動するジュディット以下、宇宙船クルーたちの勇気でした。そして、そこにみなぎる著者のSFスピリットと、宇宙空間のリアル感満点の絵にやられました。わくわくしながら、全2巻、一気に読まされてしまいました。

 先般、こちらbk1の書評で星野之宣(ほしの ゆきのぶ)さんの別の作品が取り上げられていて、「へえっ。面白そうだなあ」てんで本書を手に取ってみたのですが、期待を大きく上回る出来栄えにノックアウトされました。
 夜空にかかる“月”、特に満月を眺めている時なんか、折に触れてふいっとこの作品のこと、思い出すだろうなあ。星野之宣さんの作品、読むのはこれが初めてだったのですが、もう大満足。素敵な出会いに感謝です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

その他 ランキング

その他のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む