サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

ほしい本登録で100ポイントキャンペーン(~6/30)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. ライトノベル
  4. 彩雲国物語 3 花は紫宮に咲く

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

彩雲国物語 3 花は紫宮に咲く(角川ビーンズ文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.1 64件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:中学生 高校生
  • 発行年月:2004.8
  • 出版社: 角川書店
  • レーベル: 角川ビーンズ文庫
  • サイズ:15cm/255p
  • 利用対象:中学生 高校生
  • ISBN:4-04-449903-9
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

彩雲国物語 3 花は紫宮に咲く (角川ビーンズ文庫)

著者 雪乃 紗衣 (著)

彩雲国物語 3 花は紫宮に咲く (角川ビーンズ文庫)

583(税込)

ポイント :5pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全商品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年6月22日(木)~2017年6月28日(水)23:59

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

「彩雲国物語 3 花は紫宮に咲く」が含まれるセット商品

彩雲国物語 (角川ビーンズ文庫) 全18巻完結セット(角川ビーンズ文庫)

彩雲国物語 (角川ビーンズ文庫) 全18巻完結セット

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー64件

みんなの評価4.1

評価内訳

紙の本

待望の新刊!

2004/08/14 00:40

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:了  - この投稿者のレビュー一覧を見る

中国風ファンタジー、シリーズ第3弾。
主人公、紅秀麗(こうしゅうれい)が彩雲国(さいうんこく)初の女性官吏としてのスタートを切る巻。

作者はこのシリーズの1作目で第一回ビーンズ小説賞読者賞・奨励賞をW受賞してデビューした実力の持ち主です。
家柄は最高だけど、生活能力の欠乏した父のおかげでたくましく貧乏生活を続ける主人公の元に舞い込んだ“ダメ王根性たたきなおし”の依頼(高給)をきっかけに主人公の周囲に集まりだした人達の魅力と確かな世界観、そして何よりも主人公の心の強さに惹かれました。
それにしても、由羅カイリさんのイラストはもちろん、登場人物は老若男女問わず美形度はかなり高いです(『飛んでる鴉も気絶してバラバラ落ちてくるような顔』って…)。
そして、“奇人”度も…(笑)
それぞれが、心に強い思いを秘め、目標を見据える様子は読んでいる私たちに少なからぬ影響を与えてくれると思います。
かといって、シリアス過ぎないので構えずに手にとってみてはどうでしょうか?

10月に4作目が発行される予定。
個人的には、次作あたり登場してくれそうな某奥方が気になります。
なにしろ、腹黒じじいも慌てふためく女傑だそうで(笑)

どの巻から読んでも楽しめますが、雑誌掲載分(文庫化未定)も含めてぜひ、
シリーズ通して読んで欲しい1冊です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

好きなシリーズだったけど……。

2004/08/01 01:02

7人中、7人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:KUM - この投稿者のレビュー一覧を見る

長年の夢を叶え、晴れて彩雲国初の女性官吏となった紅秀麗。
しかし、バリバリ男社会の外朝は秀麗に冷たくて……。

著者のデビュー作にしてシリーズ第1作目の「彩雲国物語 はじまりの風は紅く」を、面白く読み、シリーズの続きが出る事を楽しみにしていました。
2巻目の「彩雲国物語 黄金の約束」がすでに、私のまわりではやや不評だったのですが、私はこれからの展開に期待していました。
でも、3巻目を読んで、友人たちの感想が正しかったのだと認めざるをえなくなりました。
この書評を書くにあたり、1巻目を読み返したのですが、参考程度にするつもりが引き込まれるようについ全部読んでしまいました。
その1巻に比べ、3巻は、あきらかに、失速、あるいは、停滞しています。

1巻を読み返したのは、彩雲国がどういった国なのか再確認したかったからでしたが、結局よく分からなかったです。
ホワイトハート文庫というライトノベルのレーベルから出発し、同じく中国風ファンタジーである「十二国記」と比べると、世界観がはっきりしなさすぎるし、王が軽すぎるという事が、よく分かります。
もちろん、あれほど、重くしっかりとしていないといけないわけではないのですが……。

私の一番の失望の理由は、劉輝、です。
主要登場人物に、名君だ名君だと、思われていますが、シリーズ3巻まできて、名君らしい姿は見られません。
ただの王なら、まだ納得できたかも知れませんが、みなが褒めそやすような名君には感じられません。
私情を押し殺せないにも、ほどがある。

前回の書評にも書いた通り、王になりたくない静蘭は王の器ではないと思いますが、いっそ静蘭が王位を継いだほうがマシなのではないかとまで考えました。
3巻読んで、よく考えれば、前の王も静蘭に継いでほしかったのかと思いましたし。
あれは、そういう事ですよね……?

次の巻を買うかは、内容を事前に調べてから決めます。
もうシリーズの続きだからとは言え、無条件で購入できません。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/10/13 16:24

投稿元:ブクログ

こんなに続くとおもってなかったのにシリーズ化してびっくりな作品。女の子がんばれ!!って
気にさせられる主人公が健気な作品。続きが早く読みたい。

2005/05/01 01:12

投稿元:ブクログ

秀麗を応援したくなりますねー。だんだんフクセンもフクセンらしくなってきたし。楽しみです。まぁ、最後のほうはちょっとご都合主義っぽいけど、まぁ、この手の小説だから(っていう言い方は作者に対して失礼かもしれんが?)

2005/05/14 11:23

投稿元:ブクログ

図書館で見かけて、イラストがカイリさんだったので手を出してみましたが、実は結構人気のあるシリーズだったって事を後から知りました。実際面白いですし。
3巻は官吏になった秀麗が頑張ってます。相変わらずモテモテですが…(笑)

2017/03/26 19:13

投稿元:ブクログ

無事に国試合格を果たし史上初の女性官吏となった秀麗が、朝廷での風当たりの強さにもめげず奮闘する様子が描かれる、シリーズ第3作。

ようやく官吏としての秀麗の物語が始まる、重要な巻ですね。
新人官吏の秀麗や影月が嫌がらせを受けてもそれに負けじと己を奮い立たせて頑張る姿は、自然と応援したくなるものです。
また、今巻では秀麗の勉学の師匠である李絳攸の名前の由来が語られるのですが、ここ、彩雲国シリーズを通して、私が一番好きなシーンなのです。
場所が絳攸の養い親の黎深の兄・邵可の自宅で、李の花が咲いている中、邵可によって語られるというところが素晴らしい。
そんなわけで、個人的に思い入れの強い、好きな1冊です。

2012/04/28 23:11

投稿元:ブクログ

読みやすいです。このシリーズ。
登場人物達も好きになりつつあります。

ただ、だんだん人物が増えるので、覚えるのが大変です。でも、魅力的ですね、みなさん。
秀麗が、女性で官位を得るのが初めてで、色々あるけど応援したくなりました。

2007/01/23 11:28

投稿元:ブクログ

やっと秀麗の物語が始まりましたね。
夢が現実になって伝説になる。
秀麗には頑張って欲しいです。
珀明のような不器用な奴っていいですよね。龍蓮はもう素敵。心の友万歳!

2006/02/21 15:46

投稿元:ブクログ

こういうの好きです。w
周りに冷たく当たられながらも、健気に前向きに明るく立ち進んでいくお話。
明るく!これが一番ね。

最後に絞めた今回の大ボスが間抜けすぎたのには笑ったが。
いや、ホントに・・・馬鹿者以外の何者でもないっす。(^^;

読み終わった後は、めちゃくちゃスッキリしましたです。w

2005/11/15 02:12

投稿元:ブクログ

長年の夢を叶え、彩雲国初女性官吏になった秀麗。異例の大出世に街の人々に敬遠され、男性社会である外朝でも冷たく迎えられる。ショックを受けつつ、秀麗の戦いの日々が始まる!
中盤まで切ない雰囲気が漂いまくり。エゲツナイいじめにムカ腹立ちつつ、秀麗の健気さに涙。尚書’sの終盤の立ち回りが最高!おとぼけ劉輝の時折見せる『王』の顔にドキッ!

2005/10/27 01:43

投稿元:ブクログ

初の女人参加国史で見事深花及第(第三位合格)を果たした秀麗。突然の大出世に驚く街の人々に遠巻きにされ、ちょっと落ち込んだりもするけれど、力強く新しい環境へと乗り込んでいく。外朝はバリバリの男社会で女性に対する風当たりも強いし新人苛めも蔓延っているけれど、同期及第の史上最年少状元・杜影月と共に外朝の荒波に立ち向かいます!
秀麗の強さを再確認できます。何があっても、へこたれずに夢に向かって努力する彼女の姿はすばらしいです。

2005/12/08 00:48

投稿元:ブクログ

2005.12.7終了。

こういったサクセスストーリー?的なお話、大好きです。
あと、今回は紅家の方々の権力のすごさを目の当たりにしました。
最後の秀麗と劉輝のシーンがギュってなった。

2005/12/14 19:13

投稿元:ブクログ

初の女性官吏となった秀麗。男社会の外朝で、同期の影月と共に新人研修という名の苛め?に合うが・・。ほろりと涙する場面もあって、ますます秀麗が好きになりました。

2009/01/17 12:57

投稿元:ブクログ

ついについについにっ!
秀麗が官吏に!!
女だから、女なのに、女だけど。性差別のある世界でも、憤然と「自分」で立ち向かっていく様がかっこいい。こんな元気な女の子になりたかった…!

2006/09/25 21:08

投稿元:ブクログ

彩雲国初の女性官吏が遂に誕生!
男社会で逞しく生きていく秀麗に、思わずエールを送りたくなったり(笑)。

角川ビーンズ文庫 ランキング

角川ビーンズ文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む