サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

全品ポイント3倍(0301-31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 恐怖の宇宙帝王 暗黒星大接近!

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

恐怖の宇宙帝王 暗黒星大接近!(創元SF文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 11件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2004.8
  • 出版社: 東京創元社
  • レーベル: 創元SF文庫
  • サイズ:15cm/589p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-488-63711-6
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

恐怖の宇宙帝王 暗黒星大接近! (創元SF文庫 キャプテン・フューチャー全集)

著者 エドモンド・ハミルトン (著),野田 昌宏 (訳)

恐怖の宇宙帝王 暗黒星大接近! (創元SF文庫 キャプテン・フューチャー全集)

1,296(税込)

ポイント :12pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー11件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

スペオペ再びです!!

2004/09/19 08:54

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:コサギ - この投稿者のレビュー一覧を見る

手元にまだハヤカワ文庫の単行本持ってるんです。
でも、鶴田さんの挿絵につられて買ってしまいました。
キャプテンフューチャーのアニメが某放送で有り、原作をと読み始めたのがSF小説にはまるキッカケでした。
やっぱりいいです、キャプテンフューチャー、フューチャーメンの活躍もいいです。久々にSF心くすぐられる良い時間を過ごすことができました。
今読み返すとキャプテンってば、結構荒っぽいのねという言動が多かったですが、アニメのイメージがよい子ちゃん過ぎるようです。
まだまだ出てくるこの全集!!
私としてはこれを機会にハヤカワから出たキャプテンフューチャー特集の雑誌も復刻してもらいたいところです。
野田版キャプテンがよみてー!!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/10/01 23:22

投稿元:ブクログ

 初恋のひと(笑)。最初に読んだのはハヤカワ版で、イラストも水野良太郎さんのアメコミテイストのものでした。
 古いスペオペだけど、木星や冥王星に人が住んでいたりするけれど、大好きな一冊。
 私はこれで人生踏みあやまりました。そして小学生当時、理科のテストはパーフェクトだったという。←太陽系内外のことはどんとこーい。

……できればイラストも古いままがよかったなあ……。だから★は4つです。

2006/04/15 10:15

投稿元:ブクログ

科学者にして太陽系最高の冒険家カーティス・ニュートンは

自ら<キャプテン・フューチャー>と名乗り

鋼鉄ロボット、合成人間、生きている脳の3人の仲間とともに

愛機<コメット号>を駆って太陽系の危機に立ち向かう。



スペースオペラの古典的名作として名高いシリーズ。

子供の頃、NHKでアニメ化されていて毎週放映されていた。

確か「未来少年コナン」の後番組だったと思う。

バタくさい雰囲気になじめず途中から観なくなったので内容を忘れている。

中学生になってSF小説にのめりこみ当時ハヤカワ文庫で出ていたシリーズを

手にする機会もあったんだけどイラストがアニメよりも

ずっとバタくさいアメコミ調で敬遠してしまった。

今回の全集版は鶴田謙二のカバーイラストが好みで

初めて読んだわけだけど、これが抜群の面白さ!

キャプテン・フューチャーは「太陽系の平和」のみが行動目的で迷いがない。

迷いなさすぎで無鉄砲に敵の本拠地に乗り込んではピンチに陥るのがご愛嬌、

キャプテンを補佐するのが3人の仲間達<フューチャーメン>で

彼らもキャプテンへの忠誠しか考えず行動、直線的で力強い物語が展開する。

やたら伝法に会話を訳した野田昌宏の文章が生きがよくて

読み進むにつれキャラクターに親しみが増してくる。



60年以上も前に書かれた小説なので太陽系それぞれの惑星に

都市があったり水星人、冥王星人とか出てくるのも懐かしいイメージ。

背景を丁寧に書き込んでるのでだんだん古さは感じなくなるし

シチュエーションにSF的なアイデアが豊富に凝らされていて全く飽きない。

推理小説的な趣向まで盛込まれていたのは意外だった。

今更ながらこのシリーズにはまったらしい、続刊も買ってきたよ。

しかし読んでたらアニメの主題歌甦ってくるんだから幼少期の刷り込みって凄いよな。

2004/10/18 01:14

投稿元:ブクログ

古き良き時代のSFテイスト満載の作品。ハヤカワ→創元となった経緯なども書かれていて興味深い。
2004.09.30読了。

2006/06/27 00:21

投稿元:ブクログ

キャプテン・フューチャーシリーズは小さい頃夢中になって読みました。読み返そうと購入したはいいものの、これまた積読の山へ。そのうち読むからいいか。
そうそう、私はサイモンファンです!!

2006/01/24 07:05

投稿元:ブクログ

キャプテンフューチャーです。スペースオペラです。時系列順に2冊ずつ収録されていてボリューム感むっちり。けど一章のページ数は多くても280程度なのでさっくりよめてお手軽感もむっちり。
まあ内容への感想ですが…
かなりニヤニヤできます!と言った所。まじでアドベンチャーが止まらない。ピンチに継ぐピンチ。スリルアンドショックアンドサスペーンスが連続で襲いかかってくる超上質の痛快娯楽劇にハートの温度が強制急上昇ですよ。あとがきも、当時のSF事情がこれまたむっちりと解説されていて非常に素晴らしい!というわけで、SFの、娯楽小説の、魂の原点へと触れてはみませんか?といった感じですね。ちなみにまだ4巻までしか読んでない。内容は、ある意味雰囲気がそこで区切れているので5巻以降はまた次で、ってことで。

2008/11/27 12:30

投稿元:ブクログ

古本屋で見かけて購入しました。

いやあ、こういうお話楽しくて好きだなあ〜
なんていうのかアニメのルパン三世みたい、と言うのか。荒唐無稽で勧善懲悪で。(ルパンは勧善懲悪ではありませんが…。ギミックの多いところが似ている気がします)
個人的には脳みそのサイモン・ライトがお気に入りです。

又古本屋で見つけたいなあ。1200円出して買うのは…ちょっと。

2010/10/05 23:43

投稿元:ブクログ

ジュブナイル的な小説で、「細けーこたー気にすんな」とばかりにゴリゴリ進んでいく勧善懲悪冒険活劇です。
訳がまた面白く、べらんめえ調なので SF 時代劇という表現がぴったりです。

2014/05/10 17:09

投稿元:ブクログ

また読んでしまった。このシリーズを読みたくなるのは心が折れかかっている証拠。逆らわずに読んで元気を出す~

2014年5月10日
実家の本棚で懐かしくてふと手にとって少し読み始めたら止まらなくなってしまった~。読み返すのは何度目あろう。

ばかばかしい勧善懲悪物なのに、憎めない三枚目的味をもつロジャー。「次々におとずれる危機こそは、かれの血をいやが上にもたぎらせる美酒」う~ん、疲れたサラリーマンのハートに突き刺さるではないか!

鶴田氏のイラストもなかなかいい感じ。

2014/08/17 21:40

投稿元:ブクログ

昔の小説!と思わせる言い回しに少年になったような気持ちで読んでいました。かっこよすぎる、キャプテン・フューチャー!

2016/02/02 00:09

投稿元:ブクログ

古典と呼んでしまっていいのか迷うところだが、読んでいて古さを感じるのは否めない。エーテルが出てきたりとか。だけど、複雑な設定の小説よりも単純なだけに、物語に入り込みやすい。分かりやすいスペースオペラとして、たまにはこのような小説を読むのもいい。どちらかというと、今となっては子供向けかもしれない。

創元SF文庫 ランキング

創元SF文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む