サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

インプレス カレンダー・手帳・年賀状素材集 ポイント最大10倍キャンペーン(~12/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. うまい犯罪、しゃれた殺人 ヒッチコックのお気に入り

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

うまい犯罪、しゃれた殺人 ヒッチコックのお気に入り(ハヤカワ・ミステリ文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 11件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

うまい犯罪、しゃれた殺人 ヒッチコックのお気に入り (ハヤカワ・ミステリ文庫)

著者 ヘンリイ・スレッサー (著),高橋 泰邦 (ほか訳)

うまい犯罪、しゃれた殺人 ヒッチコックのお気に入り (ハヤカワ・ミステリ文庫)

842(税込)

ポイント :7pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

収録作品一覧

逃げるばかりが能じゃない 高橋泰邦 訳 11-24
金は天下の回りもの 三田村裕 訳 25-44
ペンフレンド 吉田誠一 訳 45-64

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー11件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (4件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

MybrotherisplumplikeMr.Hitchcock.(私の兄はヒッチコックの様に小太りだ)。

2004/09/10 10:29

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:人鳥 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 ヒッチコックという名前を見るだけで、頭の中には『あやつり人形の葬送行進曲』(ヒッチコック劇場のテーマとしての方が有名だろうが)が流れ、だるまの様なヒッチコックのシルエットが写り、「みなさん、こんばんは」の声が聞こえる手合いは多いだろう。

 私もその一人である。ああいう音楽は頭に残って仕方がない。

 さて、本書は、「ヒッチコックのお気に入り」の副題の通り、TVシリーズヒッチコック劇場で使われたエピソードをまとめた短編集である。
これにハリウッドB級映画的な、いろいろ飛んだり、出ちゃったり、襲ってきたりする怖さや(情けないことに私はこれらを観ることは不可能)、はやりのJ−ホラーのように忍び寄る怨念、といった類は期待しないでほしい。

 そうは言っても、「ヒッチコックの妙味は、その斬新で緻密な画面にあるんじゃないか? ネタ本だけでは面白くないよ。」と言われそうだが、意外にこれが面白かったのだ。TVで言えば1つの番組が終わって、次の番組が始まる間に何気なくみたCMが妙に気になる…。そんな読後感なのである。なにしろ、本書の直接の作者はCMディレクターが本業らしい。寸鉄人を刺すような「ニヤリ」の極上さは約束されているといって差し支えないと思う。

 例えば中の一編である「金は天下の回りもの」では、トランプ賭博で今月の給料全部をすってしまった主人公。家に帰る道すがら、嫁さんに対する言い訳を考えている、という、新橋のお父さんたちと何ら変わらないであろうエピソードである。主人公は超小心者。嫁さんの手前警察に被害届を出したあげく、なぜか「犯人」が登場…、っと。

 短編はこれ以上説明するとオチまですぐに行ってしまうから恐ろしい。でも、同じ小心者としては、一緒に追い詰められること請け合いです。その上、追い詰められすぎない「あーでもなく、こーでもなく、で、最後に、え?」となる小気味よい序破急の流れが丁度良い。なんと言えば良いのか。強い相撲ではなく上手い相撲を見た感じ、そう、そんな感じ。唸るよ、きっと。ああ、大喜利を聞いた後の様な気持ちになる。

 で、はたと思う。映画『エイリアン』みたいな状況に追い込まれることはそうはないと思うが、この短編に書いてる状況って、実は容易に我が身に起こりうる…とすると、実はこっちの方が怖いのかも。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2013/03/09 17:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/11/26 01:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/05/16 19:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/03/03 23:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/08/28 23:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/08/20 09:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/07/10 11:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/03/15 08:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/09/07 01:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/03/02 10:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

ハヤカワ・ミステリ文庫 ランキング

ハヤカワ・ミステリ文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む