サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

※0時~ 本の通販ストア OP 3%OFFクーポン(0704-05)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

ブラウザで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 3 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

文庫

紙の本

賢者の国の魔法戦士 (富士見ファンタジア文庫 魔法戦士リウイファーラムの剣)

著者 水野 良 (著)

賢者の国の魔法戦士 (富士見ファンタジア文庫 魔法戦士リウイファーラムの剣)

税込 528 4pt

魔法戦士リウイ ファーラムの剣1 賢者の国の魔法戦士

税込 528 4pt

魔法戦士リウイ ファーラムの剣1 賢者の国の魔法戦士

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

このシリーズの最新巻を自動購入できます

続刊予約とは

今後、発売されるシリーズの本を自動的に購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • ①お気に入りのシリーズは買い忘れしたくない
  • ②不定期の発売情報を得るのが面倒だ
  • シリーズ購読一覧から、いつでも簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
iOS EPUB 15.3MB
Android EPUB 15.3MB
Win EPUB 15.3MB
Mac EPUB 15.3MB

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

紙の本
セット商品

魔法戦士リウイ3 ファーラムの剣 (富士見ファンタジア文庫) 全8巻完結セット

  • 税込価格:4,90644pt
  • 発送可能日:購入できません

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

剣の国の魔法戦士以来の手紙は無事に届けたものの…

2004/08/26 09:48

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ポンポコタヌキ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 執筆スケジュールが合わなかったのか、186ページにいろいろ詰め込みすぎてるようで、話の内容もうすっぺらに感じてしまいます。
 新キャラ5人も登場させるのであれば、厚みはせめて倍欲しかったかも。
女騎士のこころの変化がどうもページ数のわりを食ったようで、ちゃっちゃとかたずけられてしまったように思われます。
あれで納得してるのならば、とっても、男っぽい人なのかも^^;
リウイパーティにまたまた1人?同行者?増えます^^
 剣の国ので、魔法のマントの重ね着とゆうパソコンゲームなどでは、まず、お目にかかれない、荒業を披露していただいてからの、ファンなので、今回も、話のテンポはいつものように軽快でとても楽しめました。
 戦闘シーンなども、あれこれと、創意工夫がなされています。
読み応えは十分にあるのですが、やはり、せめて、300ページぐらいは欲しかった^^

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

若さゆえの過ち?そして、ライバル出現!

2004/09/20 01:14

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:エルナーク - この投稿者のレビュー一覧を見る

 こんな冒険者、目立ってしょうがない!

 男1人に、女が4人。(他にも、少々)
 口では負けるが、お気楽で 勝ち気な主人公。
 それが、魔法戦士リウイ シリーズです!


●今までのあらすじ
 「西遊記」みたいに、崇高な任務をたずさえて、異国の地へ旅してます。
 過去に、いろいろ騒動もありましたが、なんとか目的地に到着。

●見所
 着いて早々、ケンカに巻き込まれます。
 しかも、実力と自信がある者どうし。 意地の張り合いが、とどまりません…。
 そして、コトあるごとに衝突する、2チーム。 結末は、どうなるのか?

 また、連載では省かれた、物語の核心と 激しい戦いが、新規収録されてます。
 こちらは、ストレートなアクションなので、必見です!


●感想
 雑誌の連載から文庫になり、ライバル描写は増えました。
 しかし、それは リウイ達から見たモノ。

 意地を張ってるから、相手の内面まで見えない?
 作者の中で、キャラクターが育ってない?

 どちらにせよ、ライバル達それぞれの 回想シーンが欲しいかな。(短くても)
 (外伝として発表されると、嬉しいですね)
 リウイを読んでいるファンとしては、
 彼らと比較するコトで、誇らしくもあり、歯がゆくもなる ワケですから。

 世界を マタにかけた、大冒険!
 今後の活躍と、新たなライバル達に 期待します。


 ※ 些細なコト ですが、ソードワールド(SW) ファンならば、
   村の紹介に 違和感を覚えるでしょう。
  (多忙な作者ならではの、誤字や勘違いがあります)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

懐かしき黎明期

2004/10/11 22:35

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:エリック@ - この投稿者のレビュー一覧を見る

「魔法戦士リウイ」長編シリーズ4作目。
短編シリーズ終了後の長編であるため、ドタバタが多かった短編シリーズになれた読者には、少々違和感が残るであろう長編シリーズ。しかし、同時に長年「ソードワールド」作品の持つ、ある種ストイックな雰囲気に慣れ親しんでいる読者層からはさらに忌諱されかねない内容であり、両者のバランスを取ることが難しくなってきているのを感じる。

本作はシリーズの最終章に至るまでの序章的扱いであり、特にストーリー的な見所は見当たらない。本作の総ページ数の少なさは、装丁をみれば一目瞭然であるが、内容もそれに比して薄いものであるといわざるを得ない。
新たな登場人物も現れ、今後の伏線として幾つかパーツが散りばめられて入るものの、全般的に中途半端な出来で終わっているのが残念なところ。
シリーズを通して、冒険者としての明白なまでの成長を遂げた主人公や、同じく、政変・陰謀など一介の冒険者では遭遇することのない事件の数々に直面し、それを乗り越えてきた仲間たちの描写など、描くべき部分が全て置いてきぼりにされた内容であるため、作品としてはおざなりな感を否めず、相当期間を経て刊行されたことを考えると拍子抜けしてしまう。
相変わらず豪華な挿絵に支えられて、登場人物の魅力が良い意味で増幅されているものの、内容よりもビジュアル先行という近年の富士見ファンタジア文庫の弊害をまざまざと見せ付けられているようで、個人的には悲哀すら感じる。

唯一、本作で際立っているのは、ソードワールドシリーズ最大の事件のひとつである魔精霊アトン復活が物語の主軸として明確化したことであろう。ソードワールド黎明期1980年代にドラゴンマガジン誌上を飾ったこの大事件が、20数年を経て再び表舞台に戻ってきたことには、郷愁の念を禁じえないところである。

魔法戦士リウイシリーズのラストのみならず、ソードワールドシリーズの1つの幕引きとしての期待は、今後のシリーズ作品に寄せていくこととしたい。
(しかし、次回は呪われた島が舞台となるようであるが、もう1つの呪われた島は一体どこへいったのだろうか。)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/05/19 18:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。