サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【ネットストア】雑誌全品ポイント2倍!! (~6/30)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

揺籃の星 下(創元SF文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 8件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2004.7
  • 出版社: 東京創元社
  • レーベル: 創元SF文庫
  • サイズ:15cm/382p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-488-66324-9

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

揺籃の星 下 (創元SF文庫)

著者 ジェイムズ・P.ホーガン (著),内田 昌之 (訳)

揺籃の星 下 (創元SF文庫)

907(税込)

揺籃の星 下

880 (税込)

揺籃の星 下

ポイント :8pt / 紙の本より27おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全商品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年6月22日(木)~2017年6月28日(水)23:59

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー8件

みんなの評価3.7

評価内訳

2005/10/09 11:27

投稿元:ブクログ

彗星の接近で潰滅的打撃を受ける地球。脱出するために死にものぐるいになる科学者。パニック物みたいでスピーディ! こういうのも好き。

2008/06/13 12:41

投稿元:ブクログ

救出、脱出の冒険活劇
まぁ、これはこれでいいんじゃない?
SF好きの方々も堅いこということなしで
漫画、ハリウッドディザスタームービー風と思えば。
続編ではどーなる?

2014/02/24 09:45

投稿元:ブクログ

ホーガンは何だか最初に読んだのがダメで敬遠してきたが、元ネタがヴェリコフスキーの「衝突する宇宙」だというのを知ってこれだけ読んでみる気になる(笑)楽しい!!ハードSFというよりパニックものだとは思うけれど、キワモノを一蹴せずにきちんと見据えろよ!という恨み節がさく裂しているようでもあり、、、三部作とのことで、最後まで読まなければ意図はわからないのだろうと思う。ネタがネタだけにすごいやってくれるのではないかと期待は高まるが。

2009/08/25 15:18

投稿元:ブクログ

上下巻あります。
こっちは下巻。
おもったより早く。
地球滅亡が訪れてしまい、それでもどうにかしようと
頑張る人と諦めちゃう人が見事に描かれています。
実際におこってもこうなりそうな、非常にリアルな
作品です。

2014/11/08 22:00

投稿元:ブクログ

[ 内容 ]
<上>
地球はかつて土星の衛星であった!?
土星の衛星に住むクロニア人科学者たちは、地球の科学者にとって到底受け入れがたい惑星理論を展開する。
太陽系は何十億年も同じ状態を保ってきたのではない。
現に今、木星から生まれた小惑星のアテナは突如彗星と化し、地球を襲おうとしているのだと。
物議を醸したヴェリコフスキー理論を大胆に応用、宇宙の謎に迫るハードSF新三部作開幕。

<下>
通信障害の増加、いちじるしく明るいオーロラの発生。
彗星アテナの息吹は確実に地球に届きつつあった。
大変動の日を迎えたとき、地球の未来に貢献できる人物とはクロニアにたどり着ける者であり、クロニアに行く唯一の手段とは軌道上にあるシャトルに乗り込むこと。
そこで有能な原子力エンジニアでクロニア人の信頼を充分に得ているキーンが招集されるが…彼の下した決断は。

[ 目次 ]
<上>


<下>


[ 問題提起 ]


[ 結論 ]


[ コメント ]


[ 読了した日 ]

2011/02/05 18:05

投稿元:ブクログ

「星を継ぐもの」に続く3部作…の、第1部です。
文句なしに面白い!です。

ハードSF、というのでしょうか?この方の話は、理屈っぽいというか、主に主人公が科学者(あるいは技術者)という設定もあって、やたら研究についての記述が細かいという部分があるのですが。(理系がまるでだめな私には何を言っているのかまるっきりわからないです;)
今回の話は、わりとそういう部分がなく、読みやすかったです。
どちらかというと、SFというより、パニックものの色合いが強いかもしれませんね。
もっとも、今後の展開はそっちに流れやすそうですが。(笑)

「星を継ぐもの」でも、月で発見された5万年前の人類のミイラ、から、太陽系の(そして地球の進化の)意外な歴史がつまびらかにされたわけですが。
今回はまるで違う道具立てで、宇宙の常識が覆されていきます。
それがまた、作り事だとわかってはいるのですが、ついうっかり本当なのかも、と思ってしまう説得力にあふれています。
何とか(名前忘れました~)、という説を下敷きに展開されているようなのですが、この説自体も読み物としては非常にとっぴで魅力的です。
それをさらに発展させた形になるので、面白くないはずがない!(笑)
ああ本が好きでよかったなあ、と心底思いました。
第2部はまだ本国でも出版されていないようなので、どうやらだいぶ待つことになりそうですが。こんな面白い話だったら待つ甲斐があるというものです。

2012/02/19 21:13

投稿元:ブクログ

アリキタリのストーリー、SFだから何でもアリでヒーローバンザイ‼
『星を継ぐもの』など秀作が多いホーガン氏、何でこんな内容…と言いたくなる⁉

2008/11/18 00:00

投稿元:ブクログ

http://shinshu.fm/MHz/67.61/archives/0000312442.html

創元SF文庫 ランキング

創元SF文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む