サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

honto7周年&会員500万人突破記念!hontoポイント最大7倍キャンペーン(~6/30)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー「身近なことから科学する」ポイント5倍キャンペーン(~5/22)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

地下室の幽霊(エンタティーン倶楽部)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:小学生
  • 発行年月:2004.8
  • 出版社: 学研
  • レーベル: エンタティーン倶楽部
  • サイズ:19cm/207p
  • 利用対象:小学生
  • ISBN:4-05-201705-6

紙の本

地下室の幽霊 (エンタティーン倶楽部)

著者 森 奈津子 (作),矢島 たすく (画)

クラスがえで友達と別れてしまった衣緒は、一子という変わった女の子と出会う。二人は新しいクラスで話題になった「幽霊屋敷」を訪ねることになるが…。荒れ果てた屋敷には、本当に幽...

もっと見る

地下室の幽霊 (エンタティーン倶楽部)

税込 864 8pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

クラスがえで友達と別れてしまった衣緒は、一子という変わった女の子と出会う。二人は新しいクラスで話題になった「幽霊屋敷」を訪ねることになるが…。荒れ果てた屋敷には、本当に幽霊がいるのだろうか?【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

森 奈津子

略歴
〈森〉1966年東京都生まれ。91年「お嬢様とお呼び!」でデビュー。著書に「ノンセクシュアル」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

衣緒と一子が活躍する「続編」希望!

2005/01/23 20:00

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:山村まひろ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 エンタティーン倶楽部シリーズの1冊。

 6年生になってクラス替えがあったために、なかよしの恵美と別れ別れになってしまった衣緒。
 他に友だちがいなかった衣緒ですが、新しいクラスで、変わり者としてみんなから避けられているらしい一子と出会います。

 衣緒は、変人の一子にあきれつつも、嫌われても堂々としていて、自分の意見をはっきりと口にする一子に興味をおぼえ、どんどん惹かれて行きます。
 やがて、一子のほうも、じょじょに衣緒に打ちとけて……。

 そんなある日、男子生徒数人が桜ヶ丘の幽霊屋敷の話題で盛り上がっているのを耳にした衣緒と一子は、思わぬなりゆきで、幽霊屋敷に幽霊がいるかどうかを確かめに行くことになります。
 荒れ果てた幽霊屋敷に住む魔法使いのようなおばあさん。

 そして、衣緒のおばあちゃんが子どものころに、この屋敷で遭遇したという奇妙な体験は、何を意味しているのでしょうか?

 衣緒と一子は、50年前の謎を調べ始めることに……。


  *****************************

 一子、変人です。ええ、変人。

 いじっぱりで、へんくつというのは、まあよくある設定ですが、喋り方が全然小学生らしくないので、最初はかなり違和感がありました。
 えええ〜、こんな小学生おらやろう!? と、思わず関西弁でツッコミました。
 変人さがきわだっていて、なかなか面白いキャラクターです。
 ある意味、カッコイイです。

 50年前の事件も、なかなか奥が深い。
 2人が少しずつ真相に迫っていくところは、ちょっとドキドキ。
 
 読み終わると、一子と離れがたい気持ちになりますねー。
 衣緒と一子が活躍する「続編」希望!


  うたたね通信社

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

「地下室の幽霊」刊行に寄せて

2004/08/26 19:09

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:作家 瀬名秀明 - この投稿者のレビュー一覧を見る

むかし夢中になって読んでいた「マガーク探偵団」や「カリフォルニア少年探偵団」を思い出しつつ一気読み。自分が女子小学生だったら絶対にハマるよ、これは!

森さんの文章はどれも芯の通った清潔感がありますね。女の子ふたりが探偵役となるこのジュヴナイル、事件を通して主人公の衣緒がクラスの変わり者だった一子と少しずつ、でも確実に友達としてつながりを深めていくあたり、本当に丁寧に描かれています。
衣緒も一子もいい子だなあ。

しかし、うーむ、「小さな姪っ子がいたら読ませたい」と思ってしまう時点で、すでに森さんの「萌え」戦術に落ちているのだろうか?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2013/02/06 14:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

日本の作品 ランキング

日本の作品のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。