サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~12/31

hontoポイント&図書カードNEXTが当たる!ぬくぬく読書キャンペーン ~1/10

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2004.8
  • 出版社: バジリコ
  • サイズ:21cm/330p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-901784-27-7

紙の本

蛋白質ガール

著者 王 文華 (著),納村 公子 (訳)

健康的で純粋、栄養タップリで性格もよし。蛋白質ガールは最高のパートナー!? 様々なタイプの女性に出会いながら理想の彼女を追い求める「ぼく」。台北を舞台に若者達の生態を活き...

もっと見る

蛋白質ガール

税込 1,650 15pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

健康的で純粋、栄養タップリで性格もよし。蛋白質ガールは最高のパートナー!? 様々なタイプの女性に出会いながら理想の彼女を追い求める「ぼく」。台北を舞台に若者達の生態を活き活きと描写したベストセラー恋愛風俗小説。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

王 文華

略歴
〈王〉1967年台湾生まれ。作家。台湾迪士尼公司の販促部長。台湾大学研修部で教鞭をとるほか、ラジオNews98のキャスターも務める。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

バカでエネルギッシュで不器用で面白い

2004/10/21 01:32

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:せどり三等兵 - この投稿者のレビュー一覧を見る

舞台は台湾。スノッブな男の恋愛模様を、主に男友達との会話をもって展開していく。
各章が短編としても受け取れる構成で、各章冒頭で前章の出来事を少しだけ説明してくれる。だから、どこからでも読めるし、一部を読み飛ばすこともできる。
親切な脚注と相乗し、ストレス無く読めるので長編が苦手な人でも大丈夫だろう。

原著は台湾、上海、北京でベストセラー、テレビドラマ化され、あの王家衛(ウォン・カーウァイ)が映画化権を所得したらしい。
訳者あとがきによると「トレンディな小物を作品中に散りばめ、洗練された雰囲気を醸し出し、韻を踏み、小気味よい文章であった」から、中国語圏で人気を博したと分析している。
これは的確であろう。この作品は台湾や中国では流行の最先端を憑する小説であろうことが容易に想像できる。

訳者はまた、翻訳するにあたり、韻を踏む文章をある程度犠牲にしたと言っている。それでも韻は完全には消えておらず、台詞を使うことと共にテンポの良さに一役買っている。


冒頭で主人公を「スノッブな男」と表記したが、これは日本人からの視点である。
台湾ではそのようには取らないだろうし、アッパーミドルのちょっとお洒落な人物像なのかもしれない。
また、訳者曰くの「トレンディな小物」も日本人から見るとまた違って見える。ダサい。けっこうダサい。妙ちくりんな思想も台詞も行動もカッコよくは無い。
そう、実は日本人が読んだら、訳者の言う「売れた理由」のほとんどが当てはまらなくなってしまうのだ。

自分を投影できない、感情移入できない主人公が、日本にはいないであろう相手に奮闘したり悩んだりする小説。
そういう側面ではアメリカ産のドラマに似ている。
舞台も小物も台詞も行動もなんだか現実感が無く、ファンタジーでも読んでいるのかと思ってしまう。
だけど、そういう小説も皆は好きなはず。

現地ではハイソで先端の小説として、日本では台湾というスパイスを使った“ある意味”新鮮な小説として。それぞれ要因は異なるけど、どちらでも価値ある面白い小説、それが蛋白質ガール。

原作者は女性の視点から恋愛模様を描いた続編を書いているらしい。「台湾舞台の恋する惑星」と共に、興味をひかれる。ぜひとも、翻訳していただきたいものだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。