サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~3/31

読書一生分プレゼントキャンペーン ~5/31

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.4 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2004.8
  • 出版社: 東京創元社
  • サイズ:19cm/251p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-488-01323-6

紙の本

ゴールデン・サマー

著者 ダニエル・ネイサン (著),谷口 年史 (訳)

ダニーは小柄で胸板は薄く、腕も細い。しかし、頭の中にはとてつもないアイデアを生み出す、小さな灰色の脳細胞が…。エラリー・クイーンの半身ダネイが描く、ミステリの手法が効果的...

もっと見る

ゴールデン・サマー

税込 1,650 15pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ダニーは小柄で胸板は薄く、腕も細い。しかし、頭の中にはとてつもないアイデアを生み出す、小さな灰色の脳細胞が…。エラリー・クイーンの半身ダネイが描く、ミステリの手法が効果的に配された少年小説。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

ダニエル・ネイサン

略歴
〈ネイサン〉1905〜82年。ニューヨーク・ブルックリン生まれ。後にフレデリック・ダネイと改名。マンフレッド・B.リーと共にエラリー・クイーンの名でミステリーを執筆。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価3.4

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

エラリー・クイーンのひとり、ダネイの自伝的小説

2004/08/31 06:19

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:風(kaze) - この投稿者のレビュー一覧を見る

海外の推理小説作家エラリー・クイーンが、フレデリック・ダネイとマンフレッド・リーの合作名ということは、ご存知の方が多いでしょう。本書は、ダネイがダニエル・ネイサン名義で1953年に発表した、ミステリーではない小説。ダニーという10歳の少年の、近所の友だちと過ごしたひと夏の体験を描いた、自伝風の作品です。

未来の巨匠を思わせるエピソードとしては、友だちと暗号を解読したり、何としてでもシャーロック・ホームズものの新作を読みたいとダニーが願う件りが印象に残ります。また、苦境に立たされたダニーが、計略と機転をめぐらせてその場を切り抜けようとする辺り、探偵エラリーの活躍に通じるものを感じました。
へえっと意外な気がしたのは、ダニーがお金儲けにとても熱心なところ。もしダネイが、いとこのリーとコンビを組んで作家になっていなかったら、実業家として成功していたかもしれません。そう言えば、いとこのリー少年もテルフォードという名前で本書に出てきます。

本書は、作家クイーンの自伝的小説として読み、味わう作品なんだろうと思います。正直、一個の小説として見ると、さほど面白い作品とは言い難い。でも、偉大なミステリー作家エラリー・クイーンの少年時代の物語として読むと、飯城勇三さんの解説に列記されているように、他のクイーン作品との関わりも見えてきたりして興味を引かれるのですね。

また、私は本書を読んで、『クイーン談話室』の一冊もぜひ読んでみたくなりました。先日、明けの明星さんが、思わず手にとって読みたくなるような書評を書いていらっしゃいましたし、早く本が届かないかなと楽しみです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/09/13 17:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/08/08 15:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/05/23 10:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。