サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

【おうち時間応援キャンペーン】今日のお買い物『全額分』hontoポイントバック&店舗限定ポイント5倍デー  ~7/15

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

審判の日
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 11件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2004.8
  • 出版社: 角川書店
  • サイズ:20cm/265p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-04-873543-8

紙の本

審判の日

著者 山本 弘 (著)

多数の人々、そして、動植物が突如周囲から消滅した。生き残った高校生の亜矢子は、少年・悟と共に奇妙な共同生活をはじめる…。表題作「審判の日」ほか4篇を収録。異形の現実が立ち...

もっと見る

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

多数の人々、そして、動植物が突如周囲から消滅した。生き残った高校生の亜矢子は、少年・悟と共に奇妙な共同生活をはじめる…。表題作「審判の日」ほか4篇を収録。異形の現実が立ち上がる、5つの物語。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

闇が落ちる前に、もう一度 5-28
屋上にいるもの 29-82
時分割の地獄 83-126

著者紹介

山本 弘

略歴
〈山本弘〉1956年京都生まれ。SF作家。トンデモ本を研究する「と学会」会長。著書に「ゴーストハンター」シリーズ、「神は沈黙せず」など多数。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー11件

みんなの評価3.5

評価内訳

紙の本

独創性って言う点じゃあ、今一歩なんだけれど、それでもぐいぐい読ませる。とくに「時分割の地獄」、いいです。敬意を表して甘めの五つ★

2004/12/04 20:00

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みーちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

うわっ、空に街が逆さまに浮かんでる!って冷静に見ればわかるけれど、そうでないと???という感じのカバー装画は、私の大好きな影山徹、色使いが相変わらず素敵。でDirection&Design=岩郷重力+WONDER WORKZ。ご活躍です。

でだ、山本弘である。読むのは、これが二冊目。最初が2003年出版の『神は沈黙せず』、そこに詰め込まれた情報量にひたすら圧倒された。無論、量をこれ見よがしにひけらかすのならば、その時点で投げ出すのが私の常だけれど、山本はそういう愚を犯さない。その奥ゆかしさは、さすが1956年、京都生まれ。トンデモないものをウォッチングする団体「と学会」の会長である。

そして一読、むむ、これは凄い長篇にぶつかったぞと思うのだ。で、一気に最初の章を読み終わった!と思ったときに???となる。あれ、これってもしかして…。そう、短篇集だったのだねえ、明智くん。なに、これ、と思わせないところが立派なのだ。どれを読んでも、例えば独創的であるか、といえば決してそうではない。どこかで読んだような、そんな思いを抱かせる。紹介しよう。

モンゴルに恐竜発掘の調査に行ってしまった恋人萌衣、気持ちよく送り出したはずの僕が思いついたハッブル定数問題の矛盾を解決する理論「闇が落ちる前に、もう一度」。たん、すたたん、すたたたた、たん、たたん、たんたん……。誰もいないはずのマンションの屋上から聞こえるかすかな響き。会社の同僚が航空写真で見つけた僕が住むマンションの「屋上にいるもの」。

私があなたを殺そうと決意したのは、私が生きていくうえでどうしても必要なことだと判断したから。テレビの深夜トークショーで口広げられる悪意のインタビュー「時分割の地獄」。結婚を目前にして顔を見せなくなった恋人。彼の部屋に押しかけた女性が打ち明けられたのは「夜の顔」。夢の中でイエスかノーの選択を迫られた私。ラジオから聞こえたプシューという音が世界を変えて「審判の日」。

例えば表題作にもなっている「審判の日」。何だか懐かしくなる設定ではないか。でも、これが実にいい。相手のことを考えるということの出来ない、それでいて決して狂信的だとか、おかしいとかいうのではなく、もしかしてそれって自分?て思わせる女性を主人公に据えることで、ありそうにも無い話がこんなにも身近になる。

それは「時分割の地獄」にしても同じだろう。先入観で人を断じる人間、例えば政治家たちの、或は右翼と呼ばれる他人の言うことなど全く聞こうともしない連中の姿を見るにつけ、ここで殺意を固める存在の心に見事にシンクロできるのである。それは他の作品にも言えるだろう。SFというよりはホラー、あるいは単なるエンタテイメントと割り切ったほうがいい。

にもかかわらず、例えばどれ一つとして虚構ではない、などと感じさせはしない。絵空事、と読者に納得させたうえで、読み手を切歯扼腕させ、苛つかせ、絶望させる。いや、甘いよと言わせながら、安心させる。重松清や角田光代といった現実感のなかで読者を自然に物語りに引き込むタイプとは全く違う、ある意味フィクションの王道を歩む作家、といったら褒めすぎだろうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2005/07/05 19:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/09/07 12:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/12/29 22:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/11/05 01:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/02/19 00:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/11/07 09:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/08/23 21:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/03/24 23:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/07/18 11:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/10/22 16:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

日本の小説 ランキング

日本の小説のランキングをご紹介します日本の小説 ランキング一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。