サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

honto7周年&会員500万人突破記念!hontoポイント最大7倍キャンペーン(~6/30)

honto7周年&会員500万人突破記念!hontoポイント最大7倍キャンペーン(~6/30)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

コード・ブルー 外科研修医救急コール
  • みんなの評価 5つ星のうち 5 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2004.7
  • 出版社: 医学評論社
  • サイズ:19cm/295p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-87211-643-7
専門書

紙の本

コード・ブルー 外科研修医救急コール

著者 アトゥール・ガワンデ (著),小田嶋 由美子 (訳),石黒 達昌 (医学監修)

科学の明快さが人の生命の複雑さに直面した時に、何が起こるのか−。外科研修医、そして『ニューヨーカー』のスタッフ・ライターの著者が、日々の研修・治療の現場で遭遇する不確定や...

もっと見る

コード・ブルー 外科研修医救急コール

税込 1,944 18pt

紙の本をカートに入れる

ほしい本に追加

  • 発送可能日: 7~21日

    ご注文後に出版社・製造元から取り寄せます。在庫切れなどにより取り寄せできない場合があります。

  • 納期/配送の目安について

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

科学の明快さが人の生命の複雑さに直面した時に、何が起こるのか−。外科研修医、そして『ニューヨーカー』のスタッフ・ライターの著者が、日々の研修・治療の現場で遭遇する不確定やジレンマを、ありのままに示す。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

アトゥール・ガワンデ

略歴
〈アトゥール・ガワンデ〉ハーバード大学公衆衛生大学院卒業。ボストンの病院の外科研修医で、『ニューヨーカー』誌のメディシン&サイエンスセクションのスタッフライター。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

出版社からのオススメ

2004/08/12 03:15

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:オリーブ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 『コード・ブルー』とは患者の容態の急変を告げる救急コールのことである。
 ボストンの病院の外科研修医で,『ニューヨーカー』のスタッフライターの著者が,日々の治療のなかで,実際に遭遇し,体験してきたことをありのままに著した。研修医は医療の現場のすべてを目撃し,あらゆる局面に参加しながら,新鮮な目で見ることができる。医療現場での混乱,不安,驚きがそのまま読者に伝わってくる。
 本書は三部構成になっている。
 第一部では医者がどうしてミスから逃れられないかを検証する。いかにミスが起こるか,初心者がどうやってメスの使い方を学ぶか,良い医者とはどういう医者か,人はどうやって悪い医者になるのかを見ていく。
 第二部では,医学の神秘と未知の領域と治療の努力に焦点を当てる。身体的な欠陥は見つからないのに激しい腰痛に苦しむ建築家,手の施しようのない吐き気に悩む若い女性,赤面症のせいで仕事が続けられなくなったニュースキャスターなどが登場する。
 第三部では,不確定について考える。医療において医者の知らないことがいかに多いかということ,そしてその無知にどうすればうまく対処できるのかということに焦点が絞られている。
 本書の原書タイトル『Complications』は治療によって思いがけないことが起きるという意味だが,ここでは治療に伴う大いなる不確定とジレンマを意味している。これは教科書には書かれていない医学の世界である。
 以上のように,本書は研修医の目から見た医療現場の現状が赤裸々に描かれている好著である。研修医をはじめ,今日の医療に無関心でいられない人,医師,看護師,その他コメディカルの方たちにも広く読まれることを期待している。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/06/14 20:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/01/29 10:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

病気の知識 ランキング

病気の知識のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。