サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【修正依頼】7/1 【店舗】honto会員400万人突破記念!全額ポイントバックキャンペーン(~7/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

東京ファイティングキッズ
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2004.10
  • 出版社: 柏書房
  • サイズ:19cm/277p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-7601-2625-2
  • 国内送料無料

紙の本

東京ファイティングキッズ

著者 内田 樹 (著),平川 克美 (著)

商売の奥義、大学改革の是非、女権論の諸問題、武道の応用…。皆が気にする話題を「エーッ!」という角度から説きまくる。昭和25年生まれの団塊&元全共闘が生んだ、正解なき乱世を...

もっと見る

東京ファイティングキッズ

1,728(税込)

ポイント :16pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

商売の奥義、大学改革の是非、女権論の諸問題、武道の応用…。皆が気にする話題を「エーッ!」という角度から説きまくる。昭和25年生まれの団塊&元全共闘が生んだ、正解なき乱世を生きぬくための酸素ボンベ的ダイアローグ。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

内田 樹

略歴
〈内田〉1950年東京生まれ。現在、神戸女学院大学教授。著書に「他者と死者」など。
〈平川〉1950年東京生まれ。現在、ビジネスカフェジャパン社長。リナックスカフェ社長。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

TFK・オン・ライブ

2004/11/14 21:08

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:GG - この投稿者のレビュー一覧を見る

ご存知ウチダ先生の新刊がまた出た。今回は、小学校以来の親友とのメール書簡をもとにした対話篇で、その縁起は内田筆による「はじめに」に詳しい。印象的な一節を引用する。

《間違いないのは、私たちがある「対話のマナー」を無言のうちに共有してきたということである(中略)。どういうマナーかというと、相手が何か意見を言ったときに、まず「その通り!」と断言することである。話がよくわからなくても、まず「その通り!」と断言してしまうのである。
私たちの場合、「対話を通じて合意が形成される」というよりは、むしろ「合意から出発して、対話が始まる」ことが多かったように思う。》

どうしてこんな常識はずれのマナーを採用するのかというと…、と話はまことに興味深く続いていく。それは、「わかる」ということが、他者のなかに自分と同じ考えがあることを再認することにあるのではなく、「わかる」ということは、むしろ「わからないもの」を自分の中に無理やりにねじ込んでいく知的咀嚼力の増強にあるとウチダ先生は考えているからである。この見解そのものもさることながら、私の拙い要約とは違って、以上の見解を述べるときに用いられる説得的かつ平易なレトリックが素晴らしい。

本文で論じられている案件は、大学改革の是非・フェミニズムの諸問題・アメリカの反知性主義・最先端のビジネスロジックの落とし穴、等々の先生方お得意のお題である。

本書では、まずそのライブ感覚を楽しみたい。座談の名手の会合に同席させてもらっている感じである。もし、呑み会の席でこんな会話をしている二人がいたなら、タイミングをはかって少し話にかませてもらいたくなる。

一気読みするよりも書簡ごとに少しインターバルを入れて、自分自身の思考の活性化に用いるのがよいようです。あのレヴィ・ストロースが、マルクスをそのように拾い読みしたという『悲しき熱帯』所収の有名エピソードが174頁に紹介されています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/12/06 09:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2004/10/25 22:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

時事評論 ランキング

時事評論のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む