サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

インプレス カレンダー・手帳・年賀状素材集 ポイント最大10倍キャンペーン(~12/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

プリンシプルのない日本
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 12件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2001.5
  • 出版社: メディア総合研究所
  • サイズ:20cm/265p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-944124-13-9

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

プリンシプルのない日本

著者 白洲 次郎 (著)

プリンシプルのない日本

1,728(税込)

プリンシプルのない日本 電子増補版 デジタルならではの28篇を増補収載

972 (税込)

プリンシプルのない日本 電子増補版 デジタルならではの28篇を増補収載

ポイント :9pt / 紙の本より756おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー12件

みんなの評価3.8

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

評伝を読んで、本人の書いたもの物が読みたいと思った人に。

2005/10/31 17:30

6人中、6人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:銀の皿 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 日本国憲法の作成に深く関わり、ひとりGHQと対等に渡り合ったと言われる白洲次郎の、雑誌に書いた文章などを集めた本である。彼の評伝などをいくつか読むと、「芦屋の傲慢な少年」「オイリー・ボーイ」「カントリー・ジェントルマン」「従順ならざる唯一の日本人」「純粋にして過激」「野人」と、いくつもの言葉が並んでいる。この本に寄せられている辻井喬の文の通り、「評伝を読んだ人は当の白洲次郎という人物に興味を持ち、本人が書いたり語ったりしているものがあれば、それがどんなものかを知りたいと思うに違いない。」そして、「そうした希望を満たすものとして編まれたのが、この「プリンシプルのない日本」という本である。」おそらく、彼の書いたものがまとまって読めるのはこの本ぐらいではないだろうか。
 ここには1951年から1969年ごろまでに書かれた文章が集められており、「カントリー・ジェントルマンの戦後史・白洲次郎直言集」とされている。この間におこった出来事、吉田茂内閣の誕生や解散総選挙についてなどが書かれているが、憲法成立過程の思い出話もある。
 本のタイトルにもなった「プリンシプルのない日本」では、こんな風である:「何でもかんでも一つのことに固執しろというのではない。妥協もいいだろうし、また必要なことも往々ある。しかしプリンシプルのない妥協は妥協でなくて、一時しのぎのごまかしに過ぎないのだと考える。」
 憲法については:「しかし、そのプリンシプルは実に立派である。マックアーサーが考えたのか幣原総理が発明したのかは別として、戦争放棄の条項などその圧巻である。押しつけられようが、そうでなかろうが、いいものはいいと率直に受け入れるべきではないだろうか。」
 どれを読んでもこの人の性格が良く現われた、自分の意見をハッキリと書きすぎるぐらい書いた、という文章である。こういうところが、受け手の印象を左右し、「カッコいい」と「傲慢、気障」の両極端にわけてしまうような気がする。
 友人であった今日出海の寄せた言葉を最後引用しておく。「大事なことは、次郎のそんなものの言い方や態度ではなく、彼が何を言おうとしているのかを先ず知ることだ。そしてその言っている内容について批判するがいい。」確かに、彼はプリンシプルのはっきりとした人であったことには間違いないだろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

評伝を読んで、本人の書いたもの物が読みたいと思った人に。

2005/11/04 00:03

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:銀の皿 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 日本国憲法の作成に深く関わり、ひとりGHQと対等に渡り合ったと言われる白洲次郎の、雑誌に書いた文章などを集めた本である。彼の評伝などをいくつか読むと、「芦屋の傲慢な少年」「オイリー・ボーイ」「カントリー・ジェントルマン」「従順ならざる唯一の日本人」「純粋にして過激」「野人」と、いくつもの言葉が並んでいる。この本に寄せられている辻井喬の文の通り、「評伝を読んだ人は当の白洲次郎という人物に興味を持ち、本人が書いたり語ったりしているものがあれば、それがどんなものかを知りたいと思うに違いない。」そして、「そうした希望を満たすものとして編まれたのが、この「プリンシプルのない日本」という本である。」おそらく、彼の書いたものがまとまって読めるのはこの本ぐらいではないだろうか。
 ここには1951年から1969年ごろまでに書かれた文章が集められており、「カントリー・ジェントルマンの戦後史・白洲次郎直言集」とされている。この間におこった出来事、吉田茂内閣の誕生や解散総選挙についてなどが書かれているが、憲法成立過程の思い出話もある。
 本のタイトルにもなった「プリンシプルのない日本」では、こんな風である:「何でもかんでも一つのことに固執しろというのではない。妥協もいいだろうし、また必要なことも往々ある。しかしプリンシプルのない妥協は妥協でなくて、一時しのぎのごまかしに過ぎないのだと考える。」
 憲法については:「しかし、そのプリンシプルは実に立派である。マックアーサーが考えたのか幣原総理が発明したのかは別として、戦争放棄の条項などその圧巻である。押しつけられようが、そうでなかろうが、いいものはいいと率直に受け入れるべきではないだろうか。」
 どれを読んでもこの人の性格が良く現われた、自分の意見をハッキリと書きすぎるぐらい書いた、という文章である。こういうところが、受け手の印象を左右し、「カッコいい」と「傲慢、気障」の両極端にわけてしまうような気がする。
 友人であった今日出海の寄せた言葉を最後引用しておく。「大事なことは、次郎のそんなものの言い方や態度ではなく、彼が何を言おうとしているのかを先ず知ることだ。そしてその言っている内容について批判するがいい。」確かに、彼はプリンシプルのはっきりとした人であったことには間違いないだろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

評伝を読んで、本人の書いたもの物が読みたいと思った人に。

2005/12/20 17:15

8人中、8人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:銀の皿 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 日本国憲法の作成に深く関わり、ひとりGHQと対等に渡り合ったと言われる白洲次郎の、雑誌に書いた文章などを集めた本である。彼の評伝などをいくつか読むと、「芦屋の傲慢な少年」「オイリー・ボーイ」「カントリー・ジェントルマン」「従順ならざる唯一の日本人」「純粋にして過激」「野人」と、いくつもの言葉が並んでいる。この本に寄せられている辻井喬の文の通り、「評伝を読んだ人は当の白洲次郎という人物に興味を持ち、本人が書いたり語ったりしているものがあれば、それがどんなものかを知りたいと思うに違いない。」そして、「そうした希望を満たすものとして編まれたのが、この「プリンシプルのない日本」という本である。」おそらく、彼の書いたものがまとまって読めるのはこの本ぐらいではないだろうか。
 ここには1951年から1969年ごろまでに書かれた文章が集められており、「カントリー・ジェントルマンの戦後史・白洲次郎直言集」とされている。この間におこった出来事、吉田茂内閣の誕生や解散総選挙についてなどが書かれているが、憲法成立過程の思い出話もある。
 本のタイトルにもなった「プリンシプルのない日本」では、こんな風である:「何でもかんでも一つのことに固執しろというのではない。妥協もいいだろうし、また必要なことも往々ある。しかしプリンシプルのない妥協は妥協でなくて、一時しのぎのごまかしに過ぎないのだと考える。」
 憲法については:「しかし、そのプリンシプルは実に立派である。マックアーサーが考えたのか幣原総理が発明したのかは別として、戦争放棄の条項などその圧巻である。押しつけられようが、そうでなかろうが、いいものはいいと率直に受け入れるべきではないだろうか。」
 どれを読んでもこの人の性格が良く現われた、自分の意見をハッキリと書きすぎるぐらい書いた、という文章である。こういうところが、受け手の印象を左右し、「カッコいい」と「傲慢、気障」の両極端にわけてしまうような気がする。
 友人であった今日出海の寄せた言葉を最後引用しておく。「大事なことは、次郎のそんなものの言い方や態度ではなく、彼が何を言おうとしているのかを先ず知ることだ。そしてその言っている内容について批判するがいい。」確かに、彼はプリンシプルのはっきりとした人であったことには間違いないだろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/11/12 12:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/06/05 14:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/03/25 19:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/03/28 13:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/11/24 10:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/09/11 09:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/04/17 22:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/11/15 00:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/03/31 21:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

時事評論 ランキング

時事評論のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む