サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイント最大100倍キャンペーン(~3/31)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー「ブックツリーで読む最近の文学賞」ポイント5倍キャンペーン(~3/27)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

センセイの鞄(文春文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.1 639件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2004/09/02
  • 出版社: 文芸春秋
  • レーベル: 文春文庫
  • サイズ:16cm/278p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-16-763103-2
文庫

紙の本

センセイの鞄 (文春文庫)

著者 川上 弘美 (著)

【谷崎潤一郎賞(第37回)】【「TRC MARC」の商品解説】

もっと見る

センセイの鞄 (文春文庫)

税込 670 6pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

掲載中の特集

恋愛小説をテーマに10作品以上をラインナップしています。ほかにもhontoでは無料の本を集めた無料漫画特集無料男性コミックを展開しています。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー639件

みんなの評価4.1

評価内訳

紙の本

淡々と・・・じわじわと

2006/12/25 01:54

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:かさ - この投稿者のレビュー一覧を見る

淡々と真面目な会話がじわじわと染みてきました。
ツキコさんとセンセイの話。
センセイって結局何歳なんだろうか??
なんて考えつつ何歳でも恋愛はするよなぁとも思えました。
センセイが頭を撫でるシーンが好きです。
素直にいいな〜って思ってしまいました。
ツキコさんは表面上は冷静な人だと思うんです。
でもセンセイの前だと子供なところがあって。
好きな相手にだけ見せる表情とか可愛いらしくて。
話が淡々と進んでいくので,恋愛に発展していくのが分かりにくい気もするのですが。
それでも恋愛って,好きな人がいる生活っていいなと思えます。
短編が集まってて,まとまった時間が無くても読みやすいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

何回読み返しても心に響く名作である。

2004/09/07 23:09

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:トラキチ - この投稿者のレビュー一覧を見る

誰にでも思い入れの強い作品というものがあるであろうが、私にとってはこの作品はとっても思い入れの強い一冊である。
読書好きのあいだでは読まれた方の方が多いと思えるが、敢えて文庫化に伴い再読してみた…

何回読み返しても心に響く名作である。

ツキコさんとセンセイ。
まさに理想のカップルである。
二人がお互いをいたわっている姿に胸を打たれない読者はいないはずだ。
きっと私たち読者が純粋に本を愛するような感覚で二人は愛し合っているのであろう。

愛という言葉を使ったが、本作においては恋という言葉の方がふさわしいかな。
私たちが忘れかけつつあるあの頃の人に恋する気持ち(胸が締め付けられたりあるいは胸がキューンとなったり)を体感出来ることが出来る作品である。

文庫本で約270ページの作品であるが、いろんなシーンが脳裡に焼き付いて離れない。


『よくわからないや。
わたしはつぶやいて、センセイの家を後にした。
もう、どうでもいいや。恋情とかなんとか。どっちでもいいや。
ほんとうに、どちらでもよかった。センセイが元気でいてくれれば、よかった。
もう、いい。もう、センセイに、何かを望むのはやめる。そう思いながら、わたしは川沿いの道を歩いた。』

ツキコという名前は“月並み”という言葉から名づけたのかなと私なりに解釈している。
それだけ月並みな事柄が多い。
きっと大勢の読者の方がいろんな過去の想い出があるはずだ。

本作の読み方も十人十色である。
過去の自分の恋愛と比べる人もいるだろう。
現在の自分の周りの人に対する接し方を考え直すのも良い。
私は、本作に出てくるような居酒屋で女性と一緒にきんぴら蓮根をつまみにして一杯飲みながら本作について語り合いたいなと思った。
それが私の理想の恋愛像なのかな。
でも私はビールをついでもらいますが(苦笑)


『遠いようなできごとだ。センセイと過ごした日々は、あわあわと、そして色濃く、流れた。
センセイと再会してから、二年。センセイ言うところの「正式なおつきあい」を始めてからは、三年。それだけの時間を、共に過ごした。
あのころから、まだ少ししかたっていないのに。』


淡々と語られる川上さんの独特な文章。
しかしながら読者にもたらす感動はとっても深遠である。
未読の方は必ずツキコさんやセンセイの魅力に酔いしれるはずである。

本作を読んでツキコさんやセンセイとともに過ごせた時間を強く感謝しなければならない気持ちで一杯である。
そういう読み方がこの作品の本来の趣旨であろうと信じたい。

トラキチのブックレビュー

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

愛おしい作品です

2019/01/26 23:16

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ふみちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

飲み屋でたまたま再会した高校時代の国語の先生と40手前の女性とのお話。といっても、先生はその女性とは30歳近く歳が離れている。はじめのうちは、ただの飲み友達だったんだけど・・・・という展開になっていくのだけれど、二人の関係については、読み始めのうちは、ちょっとなんだかなと感じてしまっていたのだが、だんだんとセンセイの温かさが読み手にもどんどんと迫ってくる。主人公・ツキコさんには年齢相応の彼氏もいたんだけど、センセイを選んでしまう。センセイもツキコさんについにプロポーズする。センセイとツキコさんには「よかったね」と声をかけたくなった。ゆったりとした流れの中で楽しく読むことができた

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

よかった

2018/08/29 15:41

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:deka - この投稿者のレビュー一覧を見る

センセイと過ごしていく時間がすごく身近で自分のことのような感じで読みすすめていけた。新聞のお勧めが目にたまたま入り購入したが普段の自分だったら手に取らない本だったと思うので読んでよかった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

境界線上に長く滞在したふたり

2008/11/08 10:49

7人中、7人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:kumataro - この投稿者のレビュー一覧を見る

センセイの鞄 川上弘美 文春文庫

 肩の力が抜けた、ゆったりとした上手な文章です。リラックスできます。ツキコさん37才と30才ぐらい年上の元高校国語教師(ツキコさんが教わった。)居酒屋で偶然出会って飲み友達になりました。恋愛関係があるようなないような感じで物語は始まりました。
 センセイの人生は淋しい。食べ物の話が物語を引っ張っていきます。ツキコさんはいったい何の仕事をしているのだろう。(最後まで記述はありません。)
 ツキコさんの人生は、結婚をあきらめている人生です。彼女のこれから過ごす人生には何も予定がありません。そんな生活にちょっぴりほしいのが「愛情」です。彼女の女性としての魅力は何だろう。年寄り向けの魅力あり? 彼女はセンセイがらみで悩みます。彼女の気持ちはよくわかるけれど、わたしにはセンセイの気持ちはわかりません。センセイの心は「無」です。
 この本は、30代女性にとっての絵本です。夢の中です。センセイと生徒の関係を引きずっている部分があります。60代と30代をひきずっている部分もあります。制限された範囲内での恋人同士です。妻を亡くした男性と未婚の女性です。ひとことで言うと「境界線」です。超えてはいけない線上にふたりは長い間滞在し続けます。ふたりからかもし出されてくる柔らかな雰囲気が本の中いっぱいに満ちています。こういう生き方もあるのだなあと思わせてくれます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

淡い男と女の物語

2018/03/01 14:11

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:papanpa - この投稿者のレビュー一覧を見る

元国語教師の初老の男と元教え子のアラフォーOL
誘いあうわけでもなく、何となく居酒屋で隣り合って酒を飲む
男と女の淡い恋心
オススメです

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

恋愛小説だったのね…がっかり。

2005/01/12 22:39

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:うさしー - この投稿者のレビュー一覧を見る

37歳、独身のツキコさんは一人で飲み屋に行ってしまうような人だ。
そこで高校の恩師と再会する。

特に約束するわけでもなく、飲み屋で会えば会話を交わし、好きな物
を食べ、酒を飲む。酌なんかしなくていいし、勘定も別だ。
親子以上に年の離れた二人だが、この関係がいいなあと思った。
センセイの唐突に始まる話も良いし、「はあ」とか相槌を打つツキコ
さんもいいよなあと思った。

予備知識ゼロで読んでしまったのがいけなかったのかも知れないが、
二人には「恋愛」して欲しくなかった。
二人の年齢を考えると、ツキコさんのセンセイへの気持ちは「憧れ」
程度にして欲しかったと思う。そしてセンセイはどうしてツキコさん
と「おつきあい」する事にしたのか、それがどうしても理解できない。

残念ながら私には二人の恋愛については納得できなかったが、多くの
人から好評を得ている作品である。
また短編をつないで一遍になっているようなこの小説の雰囲気自体は
とても良かったので他の作品も読んでみたいと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2005/04/17 23:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/03/05 12:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2004/10/12 10:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/03/27 11:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/07/26 11:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2004/10/15 20:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/12/11 21:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/05/14 15:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。